スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

質疑応答200

【質問】


元会員の者です。
こちらの記事を拝見し、手元にあった改邪鈔をひもといてみましたが

「今の新義の如くならば、最も聖人の御名を載せらるべきか。
然るにその義なき上は、是れまた非義たるべし」

という一節があり、ん?となってしまいました。
(親鸞聖人のお名前を載せるべきだ、と私にはみえてしまったので)

清森さんはこの部分について、どのように解釈されていらっしゃるのか、
お教え頂ければ幸いです。



【回答】


 以前からお願いしておりますが、質問はコメント欄ではなく、メールにてお願い致します。


「今の新義の如くならば、最も聖人の御名を載せらるべきか。然るにその義なき上は、是れまた非義たるべし」

 この部分について説明します。


「今の新義」とは、ここまでに書かれている新しい教え、つまり、善知識が本尊に名前を書くという教えのことです。


「今の新義の如くならば、」→「善知識が本尊に名前を書くという教えの如くするのが正しいのであれば、」

「最も聖人の御名を載せらるべきか。」→「親鸞聖人も御名前を書かれたはずだ。」

「然るにその義なき上は」→「しかし、親鸞聖人がそのようにされなかったのであるから」

「是れまた非義たるべし」→「これは、非義(教えに反している)ということである」


 分かりやすく書きますと、

 本尊に善知識の名前を書くのが正しいのであれば、親鸞聖人も書かれたはずだ。しかし親鸞聖人が書かれていないのだから、これは間違いなのである。


 という意味になります。


※読者の方からご指摘があり「非義なるべし」→「非義たるべし」と修正しました。失礼いたしました。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。