スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

親鸞会教義の相対化・34

清森義行様

以下の質問者の方のメールがヒントになり、『般舟三昧経』におけ
る「善知識」の用例がわかりました!

> Subject: ありがとうございました。

> ご多忙のところ、多大なお手間と貴重なお時間を費やしていただ
> きすみませんでした。
>
> 私の質問に対して連続してご回答くださり、深く感謝申し上げま
> す。謝意は貴ブログ「清森問答」でのコメント欄においても述べ
> させていただきました。
>
> お知り合いの浄土宗の僧侶先生にもなにとぞよろしくお伝えいた
> だければ幸いです。
>
> なお、浄土宗の僧侶先生のコメントから、ネット上で「般舟三昧
> 経」の検索ができることを教えていただき、「 身肉 供養 般
> 舟」で検索しましたら、下記がひっかかってきました。
>
> T13n0417_p0902b18(06):佛告比丘比丘尼。優婆塞優婆夷。我故
> 語汝等。
> T13n0417_p0902b19(05):疾取是三昧無得忘失。善承事其師持是三昧。
> T13n0417_p0902b20(04):至一劫若百劫若百千劫。莫得有懈倦。守
> 善師不離。
> T13n0417_p0902b21(01):若飮食資用。衣被床臥珍寶以上勿有愛惜。
> T13n0417_p0902b22(01):設無者當行乞食給師。趣當得是三昧莫厭。
> T13n0417_p0902b23(01):常當自割身肉供養於善師。
> T13n0417_p0902b24(07):何況寶物此不足言耳。承事善師當如奴事
> 大家。
> T13n0417_p0902b25(05):求是三昧者當如是。得三昧已。當堅持常
> 念師恩。
> T13n0417_p0902b26(03):是三昧難得値。正使求是三昧至百千劫。
> T13n0417_p0902b27(04):但欲得聞其名不可得。何況學而不精進。
> T13n0417_p0902b28(05):得是三昧精進學轉教人者。
> T13n0417_p0902b29(11):正使如恒河沙佛刹滿中珍寶。用布施甚
> 多。不如學是三昧者。
> T13n0417_p0902c01(04):佛告[颱-台+(?C9A5-乂
> +又)]陀和。若有人欲學者。當助歡喜。欲學而得。
> T13n0417_p0902c02(01):學者持佛威神使學。當好書是三昧著素上。
> T13n0417_p0902c03(01):當得佛印印之。當善供養。何謂佛印。
>
> http://209.85.175.104/search?q=cache:NRiw3J2qHngJ:chohoji.dip.jp/TAIWAN-T1-T32/Cbeta%E5%8F%B0%E6%B9%BEjis/%E5%A4%A7%E9%9B%86%E9%83%A8/T13n0417.txt+%E3%80%80%E8%BA%AB%E8%82%89%E3%80%80%E4%BE%9B%E9%A4%8A%E3%80%80%E8%88%AC%E8%88%9F&hl=ja&ct=clnk&cd=1
>
> 善知識=善師という扱いのようです。
>
> 「常當自割身肉供養於善師。」や、「若飮食資用。衣被床臥珍寶
> 以上勿有愛惜。」の部分がひょっとして、「善知識があったら十
> 里二十里はおろか海山越えても馳せ参じ、その善知識を仏の如く
> 敬って、身肉手足をも供養すべきである」に相当するのかもしれ
> ませんが私にはよくわかりません。


 バドラパーラよ、菩薩・大士は四種の事柄を備えるならば、この
現在諸佛の面前に立つ三昧を得ることができる。四つとは何かとい
うと、すなわち、(1)奪うことのできない信仰、(2)退転しな
い努力、(3)他人によって導かれることのない智恵、(4)善友
(kalyAn,a-mitra=善知識)に使えることとである。バドラ
パーラよ、これらの四亊を備えるならば、菩薩・大士はこの現在諸
仏の面前に立つ菩薩の三昧を得るのである。
(中略)
 バドラパーラよ、さらに、この三昧を欲する菩薩・大士は教えを
説く比丘(法師比丘)に対して尊敬と崇敬の念をもたなければなら
ない。その過失を見つける意図なしに、経師であるとの思いを生じ
て、この三昧に力を注がねばならない。バドラパーラよ、もしかの
菩薩がその教えを説く比丘にたいして悪意を出したり、無情な心を
抱いたり、不信の心を抱くならば、バドラパーラよ、その菩薩はこ
の三昧を得る可能性もなく、機会もないのである。もしその教えを
説く比丘に対して教師としての思いを起こさないならば、その可能
性はないのである。バドラパーラよ、それは何故かというと、尊敬
がなければ、妙法は消滅するであろうから。

チベット文『般舟三昧経』「四亊品第三」和訳(『浄土仏教の思想』2
pp.280-289)

 ※サンスクリット『般舟三昧経』は、現在一部の断片した見つ
かっておりませんので、本来の意味を確定するのに、チベット文が
有効です。


高森先生が教えられていたのは、「現在諸佛の面前に立つ三昧」
(=般舟三昧)に至るために不可欠なプロセスだったのです。
「現在諸佛の面前に立つ三昧」(=般舟三昧)に至りたいならば、
高森先生の教えられるようにしなければなりません。

ただし、阿弥陀仏の本願力にすがり極楽浄土に往生するためには、
高森先生の教えられるようにする必要はありません。
法然上人が所依の経典とする浄土三部経に基づき、阿弥陀仏の本願
を信じお念仏を申してください。

私はそうさせていただきます。清森問答をご覧になっている皆様に
も、それをお勧めいたします。

 南無阿弥陀仏
スポンサーサイト

COMMENTS

自称福徳会員さんへ自称福徳会員自称福徳会員自称福徳会員自称福徳会員さんへ

>ご親切にもResponseいただいたので最後までお付き合いいただけますでしょうか?ご回答は連休明けでかまいません。私が会員を続けるかどうかはちび丸さんのご回答にかかっているつもりでご対応をお願いします。もっとも貴殿には関係ないことかもしれませんが…。



そうですね。
私には関係ないというか、あなたの質問を読むと
長くアンチ側で書き込みしてるひとのようなので
退会されてからお話したほうがよろしいようにも思います。
私は会員さんの指導するような者でもありませんので。


>連休が明けますのでご回答お願いします。貴殿は都合の悪い質問は無視をされるというもっぱらのうわさですので、ルールを決めたいと思います。

ルールを自分で決めて自分で破ってれば話にならないでしょ。
私の質問には答えなくていいっていう勝手なルールなんでしょうか。
以下の質問は3日過ぎてますから
私は講師でないということで決定したということですね。

「講師だと思うなら、親鸞会の講師で私ぐらいに親鸞会とは関係ない本を
読んでいる方をあげてみてください。」

>貴殿は都合の悪い質問は無視をされるというもっぱらのうわさですので

個人情報が明かされる内容は以前からお断りしております。
教学的な質問にお答えしなかったことはないと思いますよ。
「根拠を全部口語訳しろ」とかいうバカな質問以外は。
あなたは都合の悪い質問でもお答えいただけるようなので

「あなたの氏名住所電話番号」を書いていただけますか?
それから退会されたら
「退会した日と連絡した支部長名」を書いてください。

私の白道の教学的なあやまりに関しては
あなたの解答と関係なくアップするつもりです。

ご回答、ありがとうございました

わざわざ、質問したのと別の記事に回答されるとはよほど堪えた質問だったのでしょうね。第三者ができるだけ質問を見ないように別の記事に回答されたものと推察します。その苦労を水泡に帰してすみませんがコメントしにくいので再掲させていただきます。

1.以下についでどのようにお考えでしょうか?
せっかく財施させていただいたお金が直接布教や聞法に関係ない布教局長の高級車や美術品、お弁当や宿泊施設に流用されるのはどうかと疑問に思っていました。末端の会員さんや支部長が豊かな状況でしたらそれでもいいでしょう。しかしながら、現実は会員さんは生活を切り詰め財施させていただいているし、生活に窮している支部長もおられると聞いています。

2.「私の白道」の中で教義的におかしな点を具体的にあげて説明していただけますでしょうか?
「いわゆるアンチのデタラメな教学が嫌いなだけです」ということですから。100%間違い、ということであればその旨でご回答願います。なお、「100%間違い」とご回答いただいた場合は筆者の方が「高森先生からこのように聞かせていただいた」と書かれているところも間違いということになりますのでご注意ください。というのも筆者の方が「聞き間違い」をしていないかどうかもちび丸さんにご検証いただきたいからです。

3.筆者の方は何十年も講師部に在籍されておられたそうですが、そのような方より貴殿の方が教学力があると自負されておられますか?この方は非常にまじめの求めておられたように感じました。一方(失礼ではありますが、…)、貴殿は「家庭の事情で親鸞会をやめられた」というのが事実であれば「仕事をやめて聞け」とまでいわれた蓮如上人のお言葉に反すると思いませんか?祖師聖人・蓮如上人は泣いておられると思われませんか?教学のための教学になっていませんか?真剣に求めてこられましたか?

4.何十年もまじめに求めてこられた専任講師の方は何人もおられるのに信心決定されておられる方が現れない理由をどのようにお考えですか?

実を申しますと退会しようかどうしようかと迷っていた私にとって1番と4番について明確にお答えいただきたかったと思います。1番は財施したお金が正しく使われているか確認したかったですし、4番はこのまま親鸞会にとどまって信心決定できるのだろうか?という疑問です。退会するかどうか心は決まりました。
2番は退会した場合、に華光のお話をきくべきか?という気持ちからの質問でした。
3番ははっきりいってどうでもいい質問です。「講師ではない」と強く主張されておられましたのでその矛盾点をついてちょっと意地悪してやろうといういたずら心です。ごめんなさい。

本文は以上ですがせっかくなのでご回答いただいたことについてコメントさせていただきます。

「あなたの質問を読むと長くアンチ側で書き込みしてるひとのようなので」とありますが、私はアンチではありません。他の方に退会を勧めていません。私の立場は以下に表明しているとおりです。ただし、布教局長に対しては書き込みをしているとおり明確にアンチです。それにしてもさすがに不倫については憚れて今まで言及していません。また2チャンネルは見ていますが書き込みはしていません。
http://kiyomorimondo.blog70.fc2.com/blog-entry-115.html

「講師だと思うなら、親鸞会の講師で私ぐらいに親鸞会とは関係ない本を読んでいる方をあげてみてください。」
これが本気で質問されているとは思いませんでした。この質問はあなたでさえ答えることはできないと思いますよ。堂々と読んでいる方はおられないでしょうが隠れてあなた以上に読んでいる方がおられるかもしれませんよ。
「親鸞会の講師で私ぐらいの年収をもらっている方をあげてみてください。」 といわれても答えられないでしょう。私の年収も分からなければすべての講師の方の年収を把握されておられないでしょうから。
それとも貴殿は親鸞会の講師の方がどのような本を読まれているか把握できる立場におられるのですかね~?(と最後にちょっと意地悪)

自称福徳会員さんへ

>これが本気で質問されているとは思いませんでした。

これいいですね。
私もつかわせてもらいます。
あなたが本気で質問されているとは思いませんでした。


以下の質問は本気で質問してますので
「都合の悪い質問は答えない」と私を批判される方なら
答えるべきではないでしょうか。
私は答えられないけどね、あなたは違うわけだから。

>貴殿は都合の悪い質問は無視をされるというもっぱらのうわさですので

個人情報が明かされる内容は以前からお断りしております。
教学的な質問にお答えしなかったことはないと思いますよ。
「根拠を全部口語訳しろ」とかいうバカな質問以外は。
あなたは都合の悪い質問でもお答えいただけるようなので

「あなたの氏名住所電話番号」を書いていただけますか?
それから退会されたら
「退会した日と連絡した支部長名」を書いてください。

自称福徳会員さんへ

>第三者ができるだけ質問を見ないように

あなたとの論議がなるべく他のひとに見やすいように
新しいページにあげたつもりです。

>実を申しますと退会しようかどうしようかと迷っていた私にとって1番と4番について明確にお答えいただきたかったと思います。1番は財施したお金が正しく使われているか確認したかったですし、4番はこのまま親鸞会にとどまって信心決定できるのだろうか?という疑問です。退会するかどうか心は決まりました。
2番は退会した場合、に華光のお話をきくべきか?という気持ちからの質問でした。
3番ははっきりいってどうでもいい質問です。「講師ではない」と強く主張されておられましたのでその矛盾点をついてちょっと意地悪してやろうといういたずら心です。ごめんなさい。


担当の支部長さんにでもきかれたらどうですか?
どうでもいい質問に答えさせられるのも疲れますね。

>何十年もまじめに求めてこられた

ほんとにまじめでしたか?
自分の心に聞いてみられればよろしい。
へどが出そうな気分です。

講師の方に言われているのですか?

私は「何十年もまじめに求めてこられた専任講師の方は…」と書いています。

あなたは講師の方がまじめに求めてこられたとは思われませんか?私は講師の方はまじめに求めてこられたと思います。それの見解に対し「へどが出そうな気分です。」ということでしょうか?
他のサイトで法論を読んでみると渡部弘宣部長や福田支部長に「吐き気がする」というような発言がありますよね。下品ですよね。私はアンチではありません(是々非々の立場です)がだんだん親鸞会に対し否定的になってきますね。

表現がまずかったかもしれません

「都合の悪い質問は答えない」というのは「情勢が不利になると答えない」という意味です。個人情報は都合の悪い質問とかの類ではないと思いますよ。
私のした質問は1つも個人情報に関する内容はなかったと思いますよ。念のため再掲載。

1.以下についでどのようにお考えでしょうか?
せっかく財施させていただいたお金が直接布教や聞法に関係ない布教局長の高級車や美術品、お弁当や宿泊施設に流用されるのはどうかと疑問に思っていました。末端の会員さんや支部長が豊かな状況でしたらそれでもいいでしょう。しかしながら、現実は会員さんは生活を切り詰め財施させていただいているし、生活に窮している支部長もおられると聞いています。

2.「私の白道」の中で教義的におかしな点を具体的にあげて説明していただけますでしょうか?
「いわゆるアンチのデタラメな教学が嫌いなだけです」ということですから。100%間違い、ということであればその旨でご回答願います。なお、「100%間違い」とご回答いただいた場合は筆者の方が「高森先生からこのように聞かせていただいた」と書かれているところも間違いということになりますのでご注意ください。というのも筆者の方が「聞き間違い」をしていないかどうかもちび丸さんにご検証いただきたいからです。

3.筆者の方は何十年も講師部に在籍されておられたそうですが、そのような方より貴殿の方が教学力があると自負されておられますか?この方は非常にまじめの求めておられたように感じました。一方(失礼ではありますが、…)、貴殿は「家庭の事情で親鸞会をやめられた」というのが事実であれば「仕事をやめて聞け」とまでいわれた蓮如上人のお言葉に反すると思いませんか?祖師聖人・蓮如上人は泣いておられると思われませんか?教学のための教学になっていませんか?真剣に求めてこられましたか?

4.何十年もまじめに求めてこられた専任講師の方は何人もおられるのに信心決定されておられる方が現れない理由をどのようにお考えですか?

すみませんがこれから出かけますのでこれ以上、相手できません。

反吐が出る

「朝、6時30分に起きてから、夜、12時近くに寝るまでこれだけ活動、自力の善をしていても、善の出来ない自己、助からない自己が見えてくるのか、私には見えなかった。」

こういうのが「反吐が出る」
これだけやっているのに、これだけやったにの。
「高森先生は自分でやってないのに」「お前はやったのか」

全然自分の後生が問題になってないだろ?
「後生が問題になったから一生懸命善をやった」つもり。

問題にしてるところが全然ちがうんだよ。
「力及ばず」でしょうね。

昔からのアンチみたいですよ

>せっかく財施させていただいたお金が直接布教や聞法に関係ない布教局長の高級車や美術品、お弁当や宿泊施設に流用されるのはどうかと疑問

高級車というのは知りません。どの程度なんでしょう。
耐久性を考えて、外車のほうが結局、採算がよいからと
購入しているひともまわりにはいます。
度が過ぎてるんなら問題かもね。スポーツカー10台も持ってるとか。
美術品というのは二千畳の美術品ですか?
いいんじゃないですか、あの程度は。
禅寺みたいにしないといけない理由はありません。
弁当屋さんや宿泊施設は会員さんが喜んでるんならOKでしょ。

前に他でかきましたが
二千畳や地下道も「いらんもんたてて」とアンチ諸君は言っていましたが
会員さんは喜んでるんじゃないですか?
雪道は地下道ないと困るでしょ。
二千畳ないと聴聞できないし。

あなたが財施嫌だから退会するっていうのは
それはそれでいいんじゃないですか?
各人の自由ですよ。

>だんだん親鸞会に対し否定的になってきますね。

だんだんじゃなくて、すでにここに書き込んだ質問自体が
私が「長年アンチやってるひと」と思うほど否定的です。
ここまで来てると、元には戻らないでしょうね。

ちび丸さんへ

>全然自分の後生が問題になってないだろ?
>「後生が問題になったから一生懸命善をやった」つもり。

ちび丸さんは、自分の後生が問題になっているのですか?
聴聞にも行かずに日曜日に仕事をしている神経が信じられないのですが…

ちび丸さん、えらい突っ込み入れられましたね。

>ちび丸さんは、自分の後生が問題になっているのですか?
>聴聞にも行かずに日曜日に仕事をしている神経が信じられないのですが…


まったくそのとおりだ。

ちび丸さんは他人にアレコレ言う資格ゼロですな。ハッキリいって見苦しい。

重要な点を抜かさないでください。

1.以下についでどのようにお考えでしょうか?
せっかく財施させていただいたお金が直接布教や聞法に関係ない布教局長の高級車や美術品、お弁当や宿泊施設に流用されるのはどうかと疑問に思っていました。末端の会員さんや支部長が豊かな状況でしたらそれでもいいでしょう。しかしながら、現実は会員さんは生活を切り詰め財施させていただいているし、生活に窮している支部長もおられると聞いています。

「現実は会員さんは生活を切り詰め財施させていただいているし、生活に窮している支部長もおられる」状況ではいかがでしょうか?

また不要局長の不倫に使われるのはいかが思いますか?

RE:耐久性を考えて、外車のほうが結局、採算がよいから。→採算を重視するならトヨタ社にかなうものはありません。

RE:度が過ぎてるんなら問題かもね。スポーツカー10台も持ってるとか。→幹部の方の感覚だとスポーツカー9台まではOKだと。

RE:禅寺みたいにしないといけない理由はありません。→禅寺みたいにしないといけないわけはありませんが聴聞に美術品は不要です。

RE:弁当屋さんや宿泊施設は会員さんが喜んでるんならOKでしょ。→建設費用とか取得費用を料金に含めて提供したならならば喜ばれますかね?

RE:雪道は地下道ないと困るでしょ。→今年の冬は行事日と雪の日が重なったのは2、3回だったでしょうか?通行料を仮に50円取ったらどれくらいの人が利用されますかね?とても建設費をまかなうことはできないと思いますよ。とはいうものの私的には地下道はOKかなと思います。

RE:二千畳ないと聴聞できないし。→はい、二千畳は必要ですよ。

RE:あなたが財施嫌だから退会する→私は一言もそんなことは行っていません。単に財施が嫌なのであれば額を減らせば済むわけですから…。本当に正しく且つ有効に使われているのか疑問に思っているのです。

一番の理由は親鸞会で求めていて自分は救われるのか?という疑問です。以下の質問にもお答えください。

4.何十年もまじめに求めてこられた専任講師の方は何人もおられるのに信心決定されておられる方が現れない理由をどのようにお考えですか?

RE:だんだんじゃなくて、すでにここに書き込んだ質問自体が
私が「長年アンチやってるひと」と思うほど否定的です。

私は是々非々だと思っています。
http://kiyomorimondo.blog70.fc2.com/blog-entry-115.html

横レス失礼します

自称福徳会員さんへ

横レス失礼申し上げます。
なぜか途中でHNが福徳会員さんから自称福徳会員さんへ変わっています。
流れから考えて、両者が同一人物と判断して話を進めます。
もし、別の人物ならば、以降のコメントは意味が無いので、ご容赦下さい。

まず、何故HNを変えたのですか?
「自称」という事は、本当は「福徳会員」では無い、という事ですか?
もしそうなら、ちび丸氏の事をとやかく言う資格はありませんね。

本当の福徳会員(教賞ではない)なのでしょうか?
私も、福徳会員(教賞ですが)なので、貴殿とは近くの席で聴聞させて頂いている事になります。
福徳会員を名乗られたのは、福徳会員は偉い、一般会員と名乗った方がインパクトが有ると思われたのでしょうか?
行賞以上の福徳会員が退会する、と言えば、親鸞会にとって確かに大きな事だと思います。
会費だけでも、平均の何十人分になる訳ですから。
しかし、一般会員よりも福徳会員の方が偉いと思われているのであれば、大きな勘違いです。
一般会員さんも、無いお金をやりくりして、頑張っておられるのです。
福徳会員は、一般会員さんよりも少し余裕が有るから、その分頑張らせて頂いているだけです。
蚤は蚤の糞をし、象は象の糞をする。といわれる様に、簡単な事ではありませんが、高森先生に少しでも近くで聴聞させて頂けるだけでも、有り難い事です。

自称福徳会員さんは、以前から退会を考えておられた、との事ですが、聴聞中にも、高森先生のすぐ前で、その様な事を考えておられたのでしょうか?
それとも、最近はご縁が無いのでしょうか?

ちび丸氏の書き込みは、確かに誉められたものではありません。
会員でないならば、何故親鸞会の擁護発言をするのか、わかりません。
ちび丸氏など相手にしないで、支部長あたりに相談されてはいかがでしょうか?

私も横入りすいません

権兵衛さんの仰るとおり、自称福徳会員さんの今後がちび丸さんの回答に左右されるというのは不適切だと思います。数十年間求道された講師の方を「反吐が出る」だの「全然自分の後生が問題になってないだろ?」だのと言うような人に・・・。

ただ、権兵衛さんは支部長に相談せよと仰いますが、私が親鸞会にいたときはできませんでした。「後ろ向き発言禁止」「組織批判禁止」だからです。だから、ぎりぎり限界まで我慢して我慢してわき上がってくる疑問を抑えて抑えて、そんな日々に疲れ果ててしまい、ある日突然サヨナラ宣言をしてしまいました。
私が知っている人たちでもそういう人多かったです。元気一杯活動していて、先週までいつもと変わらず御法話に参詣していた人が、ある日突如として来なくなり、逆に親鸞会の誹謗をはじめる人まで出る始末でした。メールを送っても無視されたり、「もう送ってくるな!」と返信されたときは本当にショックでした。
なんでこうなるんだろうと疑問だったのですが、自分がそういう立場になって分かりました。誰かに相談したらそれが上に伝わっていきます。問題人物だと見られますので、居づらくなります。だから我慢します。限界まで我慢します。我慢しきれなくなって爆発します。私も爆発しました。爆発といいますか、疲れてしまいました。
親鸞会の中でそういう相談ができる人、いたらいいですね。私はいませんでした。自称福徳会員さんにそういうお知り合いがいらっしゃったら、その方の回答に委ねられてはいかがでしょうか。
自称福徳会員さんの疑問に十分答えられる人が親鸞会にいるのかどうかはわかりませんが・・・。

No title

私の場合は、1990年代前半、親鸞会の組織や幹部の方々の振る舞いに対する
疑問から、徐々に親鸞会から足が遠のきました。
退会時、できる限り親鸞会を批判しないようにしようと心に決めたものです。

しかし、親鸞会を辞めた後も、結婚した家庭にまで手紙を送ってきたり、
ひどいときには家まで尋ねてこられ、帰ってくれと言っても、
しつこく、玄関前で大きな声で「もう一度、高森先生の話をききに来ないか」と
誘われたこともありました。
家内は、私が親鸞会にいたことなんて全く知りませんでしたし、ちょうどオウム真理教
が話題になっていた時期ということもあり、かなり不審な目で見られましたものです。

私の実家経由で結婚後の住所まで調べるという「勧誘詐欺会社」顔負けのやり口も
気に入りませんでしたが、結婚後の家庭にまで連絡を取ろうとするそのしつこさに
腹が立ち、親鸞会批判をネットでしたこともあります。

最近の親鸞会は知りませんが、インターネット上でここまで批判に晒されているのは、
親鸞会がコレまでに行ってきた数々の偽装や、しつこい勧誘、半強制的な財施、
会員の監視、不明瞭な会計、その他諸々の不信行為によるものでしょう。

ちび丸さんが、親鸞会講師かどうかはおいといて、人をバカにしたような態度は、
親鸞会に対する不信につながりますので、ご注意ください。

権兵衛さんへの回答

何故HNを変えたのですか? →万が一、福徳会員が集められて犯人探しをされないとも限りませんから。ということで「本当に福徳会員かどうか」は明言しません(4月28日・29日/辰口温泉:このキーワードで想像してください)。ご理解ください。また、今後、やめることになり、その後もHNを変えずに投稿することになると明らかに嘘をつくことになりますし、その時点で変えるといつやめたのかが分かってしまいますからね。

最初に「福徳会員」を名乗ったのはちび丸氏を誘い出すためです。状況から判断すれば如何に否定しようとも彼は本会の講師(しかも不要局長の側近)だと思うからです。2チャンネルで「清森問答にコメント書き込みが『できない』のでこっちに書いときますね」と書いてあります。本会を擁護しているつもりが逆の結果になってきて私の質問に対しては本サイトで回答することに対し上司から禁止令がでたのでしょう。『できない』と本音がでてしまうところなど相当動揺しているのでしょう。
それにしてもいくら任務(と思っている)のためと言いながら2チャンネルで講師の方を救われていない理由が「まじめじゃないからですよ」と断定的に堂々と書いているのは、悲しいことです。この発言は講師の方のみならず会長先生をも馬鹿にしている発言だと思います。
不要局長の側近にはほんと困ったものです。ちび丸氏の下品で攻撃的な表現が親鸞会の評判を落としていることに気がつかないんでしょうかね。実際私もちび丸氏の態度で親鸞会に対するロイヤルティーが大きく低下しました。
ちび丸=M野講師という説が出ていますが、私が面識のあるM野講師はとても温厚な方ですのでこの説は違うと信じたいです。

「支部長あたりに相談されてはいかがでしょうか?」とご提案いただきましたが、「批判」とみなされて教学講義の参加資格を失う危険性がありますし(心情はNNNさんの書かれているとおりです)、頭から否定されるだけでしょう。
ちび丸氏にしても頭から否定されるだけとは思いましたが、何かヒントになるかもしれないと聞いてみたものです。ひょうたんから駒で回答をわざと別の項目に載せて読者が質問を見ないようにと画策したこと(しかも最初は私の質問に1つも答えない内容で)、上司から書き込み禁止令が出るほど核心にふれる質問であったことと推察できることから、どういうことか分かりました。

一般会員よりも福徳会員の方が偉いと思われているのであれば、大きな勘違いです。 →「現実は会員さんは生活を切り詰め財施させていただいているし…」と質問に書きましたが、一般会員の方を軽んじてるコメントに見えますか?尊い方々と思っています。

以前から退会を考えておられた→このようにコメントしたところはないと思います。「(活動方針等について)以前から疑問に思っていた」と書いたところはあったと思います。それでも(疑問に思っていても)最近まで自主的な退会はまったく考えていませんでした。

権兵衛 さん、貴殿は真摯に求められておられるかただと推察いたします。逆に質問です。私の質問の1及び4についてどう思われますか?

1.以下についでどのようにお考えでしょうか?
せっかく財施させていただいたお金が直接布教や聞法に関係ない布教局長の高級車や美術品、お弁当や宿泊施設に流用されるのはどうかと疑問に思っていました。末端の会員さんや支部長が豊かな状況でしたらそれでもいいでしょう。しかしながら、現実は会員さんは生活を切り詰め財施させていただいているし、生活に窮している支部長もおられると聞いています。

4.何十年もまじめに求めてこられた専任講師の方は何人もおられるのに信心決定されておられる方が現れない理由をどのようにお考えですか?

自称福徳会員様

自称福徳会員様

キーワード了解しました。
深い御心を理解できず、失礼致しました。
以前のコメントに、
会員をやめさせていただく決意ができつつあります。
と書かれていましたので、以前から退会を考えておられたと判断いました。
重ねて失礼致しました。

お尋ねの件ですが、1について
美術品、竹林の壁画、天女のレリーフ、他聞法に関係のない物は、私個人的には不必要です。
もしも、これらの美術品を見て、これからもまた本部に来たい、と思われる人がいれば、意味がある事だと思います。
お弁当と宿泊施設の件ですが、私自身は不必要ですが、必要とされておられる人がいるのも、事実です。

布教局長の車の件は、私には判りません。
先月のご法話で、光岡自動車で来ている人がいましたが、布教局長の新車かと思いました。

ただ思うところは、何にいくら使われているか、会計報告があって然るべきだと思います。

4について
講師の方々が、信心決定されておられるかどうか、私には判りません。
また、私自身の後生の一大事の問題なので、講師の方々の事は考えない様にしております。
私の白道の元講師の方を、よく存じ上げております。
気さくな人で、非常に真面目な方でした。
何故、この様な事になったのか、未だに信じられません。
講師ゆえの目標とかで、ご自身の一大事が抜けておられたのかもしれません。

ちび丸さんへ

自称福徳会員氏の質問の2と3は、お答えされていませんが、お答え頂けません ?
私も知りたいところです。
私からも、質問があります。
家庭の事情で退会されたが、今でも参詣していると、以前のコメントで見ました。
個人的な事まで聞くつもりはありませが、貴殿みたいな人が何故再入会されないのでしょうか?
再入会されると、担当支部長さんは、大変喜ばれると思います。

横レススマソ

わては福徳会員に遠く及ばん一般会員やけど、わても権兵衛はんの言う通り会計報告すべきやと思うんやけど。
わての汗水流した会費が、不倫局長の避妊具にきえたかもしれへんと思うたら、けったくそ悪いわ。
会計報告したとしても、コン〇ーム代とは書かんやろけど。

ちび丸さんへ

以下、某華光会員の獲信の告白です。正しい安心にみえますか?異安心ですか?少なくとも私には「私の白道」にくらべこちらのほうが異安心に見えます。このサイトに回答できないのなら2チャンネルにでもOKです。

「華光」誌第5巻5号

「学校の伝道部に入り、一意誠らしく話してみたが、真の安心はできない。或る人は信心を戴かない伝道は奇弁だと非難する。それについても私は非常に恥ずかしかった。穴があれば入りたい気もしたが、どうにも私を迷わせただけでありました。名誉獲得に常に走る我が心を哀れと思いながら、なおそれを覆い隠そうとする迷雲は、なかなか私を仏道に近づけなかった。
そこでまた私は、聞くということが我が真宗では大切であると言われるから、大いに聞こうと毎晩毎晩総会所にお参りさせていただきました。ところがいかに説教を聞いても「うまく言うない」「フフン」とあざける内心に、何だか嫌になり、或る晩もあまりに自分の立場に苦しみ、ひとつ徹底的に私の理解を促したいと、布教使さんのもとに行き、自分の疑っていたことを問いただしてみたが、これも明解を得ず、満足せずに悲しく淋しい闇夜を帰ったこともありました。
何とかして私達に、地獄の存在、極楽の有無を確実に指してくれる人はないか。求めつつ、ややもすればこの解答をなし得ざるを自身の偉きが如く考え、人をも迷わし、自分も迷いながら、実に毎日仮夢をやっていたのであります。
はからずも夏休み数日前に、増井君をはじめ数名の求道者諸兄の御指導を受け、半信半疑、なお私の心は悶えました。親切にも休暇中『仏敵』の書をお借りして読ませていただき、また家にあった書物により、さらにまた華光をも送っていただき、次第にその迷雲も晴れ、今日までの悪疑を恥づるに余念がありません。ただただ「そのままこい」「そのままでよい」とは何と有難いことでしょうか。南無阿弥陀仏々々々々々々
これも諸兄の方々のお骨折りによるものと、さらに大悲の無限の方便摂化に、ただ感泣するのみであります。毎日毎夜、念仏は楽しい時に苦しい時に、無造作に口より出づる蓄音機にさせていただいて、有難き弥陀の呼び声を聞かせていただけます・・・ただただ、うれしさで一杯なのであります。南無阿弥陀仏今や、地獄極楽の存在など疑ってみようとする心の恐ろしさに身をば悶えるのであります。ただ南無阿弥陀仏々々々
しかし日常生活は煩悩の起こりづめで、ことさらに変わったところもなく、といってそれとて一時の間で、後は悲しみも楽しみにさせていただいております。今後ともますます諸兄の御指導をお願い致す次第であります。」

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

No title

アク禁解けたんでしょうか?
>正しい安心にみえますか?異安心ですか?

獲信前に化城だったころの体験ということですが、何か?

移しときますね

ほんとに40年もいた講師なのか、疑問。

私は高森先生より聞かせて頂き、40年を過ぎました。      
      その間、高森先生の説かれることが変化していることに      
      気付きました。  

 ○    三願転入の説法始まる

   ・   しかし平成5年の「親鸞会結成35周年大会」で遂に、     
       三願転入の説法が開始されたのである。驚いた人は       
       どれだけあったでしょうか。



三願転入は昭和50年前後に詳しく話しされたことがある。

また
>臨終に観音菩薩の説法

これも昭和50年代初め座談会の質問に答えられてこのお話をされたことがある。

御縁の短かった私でも知っていることをこの「元講師」は知らないらしい。

これも

>蓮如上人はそれを「もろもろの雑行、雑修、自力の心を振り捨てて」と教えられている。

>18願真実の世界に入るには雑行、雑修を捨てねばならない。捨てるには雑行、雑修 は、
どんなものか知らねば、捨てようがない。雑行とは19願の諸善、雑修は20願の念仏、
自力の心は二願に共通した心、これで助かろうとする心を言う。18願を疑う心、
計らい心である。19願の心を知るには、本願の通りやってみないと分からない。
やらずにどうして分かるか。やらねば捨てられない、と教えられた。

>自力一杯求めたことの無い者に、自力無功と知られる筈はないと。

挙げればきりがありませんが、例示しましたように、何度も「私は自力が廃り他力に帰した」
という意味の内容でおっしゃっています。


さて

>雑行も出来ぬ、雑修も出来ぬ、自力の心だけは頑としてある

どのお言葉がこの言葉にあたるんでしょうか?

おかしな白道

>三願転入という言葉で強調して、書かれたところはありません。

「宿善」というのが三願転入だということを知らなかったようですね。
願は三願ですが、法は修善と名号の二種しかないんです。

三経の方便は、すなはちこれもろもろの善根を修するを要とするなり。(化土巻)

>しっかりやって

祖師聖人がすすめておられるんですからしっかりやろうと思うのが当たり前。

よきことことにおこなえば さいわいきたるとおもうべし
あしきことをおこなえば わざわいことにきたるなり(親鸞聖人)

それ濁世の道俗、すみやかに円修至徳の真門に入りて、難思往生を願ふべし。(親鸞聖人)

真門に入れ、だけでも「信罪福心」がないと真門になりませんから
因果の道理を信じてないと20願にならないんですよ。

おかしな白道2

> 三重廃立と三願転入
> ○   親鸞会はどこへ行くのか  

       平生業成 現生不退 一念往生のみ教えは会員さんの心に
       本当にあるのでしょうか。
       看板だけか、人に入会をすすめる文句だけになったのでしょうか。

どう読んでも「三重廃立と三願転入は違う」としか読めないが
こんなひとがほんとに40年聞いた元講師なんだろうか?

真宗の門においてはいくたびも廃立をさきとせり。(改邪鈔)

「方便より真実へ伝ひ、凡夫発起の三心より如来利他の信心に通入するぞ」と
をしへおきまします祖師聖人の御釈を拝見せざるにや。(改邪鈔)

蓮如上人仰せられ候ふ。方便をわろしといふことはあるまじきなり。
方便をもつて真実をあらはす廃立の義よくよくしるべし。弥陀・釈迦・善知識
の善巧方便によりて、真実の信をばうることなるよし仰せられ候ふと云々。(御一代記聞書)

方便から真実へは祖師からの相伝。
これが直入というのです。

「元講師」は全然御存じないようです。

高森さん20歳の文書

>獲信前に化城だったころの体験ということですが、何か?

高森さんは、18歳で獲信(?)後、20歳でこんなこと書いてますから、ここに入れときますね。
これも化城だった頃の体験談ですか?(笑)

------------------

・・・挨拶も忘れて、今あった不思議な出来事をありのまま顕徹君に語った。一同は我がことのように喜んでくださる。だが、私自身は何がなんだかさっぱり分からぬ。本当だろうか・・・。これが獲信したというものであろうか?

まだまだ疑いの晴れぬまま、種々ご馳走に預かる。こんな、うまく食事したことが近頃にあったろうか。やがて、顕徹君の話に薄紙を、はぐが如く、光明は輝きを増し、歓喜は胸に張り裂けるのであった。

「如来を求めて、いくら追っかけても、人間は到底追いつけるものではない。また自分でとらえられる位なら、他力信心なんか必要もない。弥陀は十万億土の彼方におられるものだと思っていられたか知らぬが、何のことは無い、アンタの腹の中にいて、しかもこの宇宙を包んでいる絶対者なんだ。その懐に入っていながら、それを追っかけ、とらえようなんて、問題ではない。追いつけないことが分かって初めて振り返ってみると、何のことは無い。総てが包まれていたことに気がつくのだ。この様に包まれていながら、何を悩みますかね。」

不思議だ!そう聞けば悩もうにも悩む種が無いではないか。そして顕徹君の語るどの話も皆、素直に肯定出来るからおかしい。弥陀が智慧や才覚で分からんでもよいのだ。このままでよいんだなあ。ああ、このままだった、このままだった。

No title

>今あった不思議な出来事をありのまま顕徹君に語った

「何度も一念の信心の体験を直訴したが
化城にとらわれた先生は聞き入れてくださらなかった。
あきらめがついて、私なりのご恩報謝をしようと決め
ケコウを離れるまでは、事を荒立てぬようにと
体験記の編集などはさしさわりのないようにしていた。
このことは後悔している。
尊敬する師に背いても真実を明らかにすべきであった」
ということです。

ちび丸さんへ

↓ ソースはどこにありますか?

「何度も一念の信心の体験を直訴したが
化城にとらわれた先生は聞き入れてくださらなかった。
あきらめがついて、私なりのご恩報謝をしようと決め
ケコウを離れるまでは、事を荒立てぬようにと
体験記の編集などはさしさわりのないようにしていた。
このことは後悔している。
尊敬する師に背いても真実を明らかにすべきであった」
高森会長の公式見解といってよいのでしょうか?

いつ、どこで語られた(あるいは記された)ことでしょうか?
どうして脱会者のちび丸さんがこのような親鸞会の根幹に関わる重大情報をご存知なのかも非常に気になりなりますが・・・。

根拠を挙げられなければ、ここの閲覧者には、ちび丸さんによる「ただの妄想」または「親鸞会幹部による事態収拾のための組織的捏造」とみなされることを危惧しております。

ちび丸さん、またやらかしちゃった・・・

「何度も一念の信心の体験を直訴したが
化城にとらわれた先生は聞き入れてくださらなかった。
あきらめがついて、私なりのご恩報謝をしようと決め
ケコウを離れるまでは、事を荒立てぬようにと
体験記の編集などはさしさわりのないようにしていた。
このことは後悔している。
尊敬する師に背いても真実を明らかにすべきであった」


こんな捏造までして・・・誰に言われた言葉なのか知らんが、ツッコミどころがまた増えたな。その分楽しみも増えたが。

ところでちび丸さんたちに質問だが、

なぜ増井氏に、「あんたには頭が上がらん」とT会長は言ったのか、知ってる?

なぜ伊藤氏が北陸の家まで来てくれたのに、顔も見せずに門前払いしたか知ってる?

なぜT会長が本願寺から僧籍破門されたか知ってる?

なぜT会長が2000畳の本堂にこだわるか知ってる?

なぜ「徹信会」を作ったのが、華光外部ではなく、華光の支部として作ったのか、知ってる?




T会長はちび丸さんにとっても、ナゾが多いだろう?まだまだあんたらの知らないことがあるよ。

言うこと聞かされてあとで恥かくのはちび丸さんだと思うが。

(まあちび丸さんは文体が変わるから、1人の人物ではないけどね。)




ただ、1つ言うと「獲信の記録」(=化城を突破して)の体験は、必ずしも教義と反するものではないよ。

もちろん個人の体験だから、「これこそ真実の体験だ!」というわけじゃない。

ただ、とくに教義からはみ出したものではない、ということだ。



いきなり「獲信の記録」なんてものが出てきたから、慌てて「あれは化城の体験だ」なんて言い出したんだろうが、別にそんなこと言う必要もない。

教義から見ても、「獲信の記録」の体験は、ハッキリ間違いとは言えない範囲の体験だからだ。



でも、獲信についてよく知らないあんたらは

「ハッキリする、ぐらつかない信心」=「個人の感覚としてハッキリして、ぐらつかないものがある」

と勘違いしてるだろう?




御文章などをよく読めば分かるが、

「個人の感覚としてハッキリして、ぐらつかないものがある」

というのは、凡夫の感覚ではなく、修行で悟りを開いた人(仏や菩薩方)の感覚になってしまう。




むしろ、

「感覚も気持ちもぐらつくが、救われることがハッキリしていることをいつでも確認できる(信の憶念ができる)」

というのがより正確な獲信者の特徴だよ。


「獲信の記録」の体験も、一応この範囲内なんだ。



だから、わざわざ


「何度も一念の信心の体験を直訴したが
化城にとらわれた先生は聞き入れてくださらなかった。
あきらめがついて、私なりのご恩報謝をしようと決め
ケコウを離れるまでは、事を荒立てぬようにと
体験記の編集などはさしさわりのないようにしていた。
このことは後悔している。
尊敬する師に背いても真実を明らかにすべきであった」


なんていうものを捏造する必要は、本当はなかったんだが・・・。



まあ、

「ハッキリする」=「個人の感覚・気持ちがぐらつかない」

という、間違った教義を何十年も教えてきたツケがまわってきたということだな。



これからもその場しのぎでこんな捏造を繰り返していくと、もっと、どんどん変な方向にいってみんなから見捨てられてしまうよ。

おれもまだかろうじて興味をもってるけど、だんだん飽きてきた・・・。



ちび丸さんたちは親鸞会の擁護をしているつもりだろうけれど、上述のように逆効果な部分がほとんどだ。

むしろ華光会の宣伝をしてるようなもんで、信者が流れてしまうよ。





いらん老婆心かもしれんが、一応忠告として書いておいたよ。


「ちび丸はんへ」様へ

「ちび丸たんへ」様は「ちび丸はんへ」様と、同一人物なのでしょうか?
もし、そうなら、以前の私の質問に答えて頂きたいのですが。
この場所で結構です。

No title

>なんていうものを捏造する必要は、本当はなかったんだが・・・。

以前2chに出てたことで、特段、目新しいことではないのですが。
あなたが知らないだけ。2chを調べてみたらよろしい。

ちび丸のソースは2ちゃんねるwwwwww



>>なんていうものを捏造する必要は、本当はなかったんだが・・・。

>以前2chに出てたことで、特段、目新しいことではないのですが。
>あなたが知らないだけ。2chを調べてみたらよろしい。






ソースは2ちゃんねるでしたw







お前の「S会退会者」っていうプロフィールよりも信憑性ナシじゃんwwwwww







せっかく頭がついてんだから、もうちっとうまく頭使えよ?wwwwww











No title

高森氏化城に迷った後、18歳で獲信。
その後、20歳で書いた文章です。

------------------

・・・挨拶も忘れて、今あった不思議な出来事をありのまま顕徹君に語った。一同は我がことのように喜んでくださる。だが、私自身は何がなんだかさっぱり分からぬ。本当だろうか・・・。これが獲信したというものであろうか?

まだまだ疑いの晴れぬまま、種々ご馳走に預かる。こんな、うまく食事したことが近頃にあったろうか。やがて、顕徹君の話に薄紙を、はぐが如く、光明は輝きを増し、歓喜は胸に張り裂けるのであった。

「如来を求めて、いくら追っかけても、人間は到底追いつけるものではない。また自分でとらえられる位なら、他力信心なんか必要もない。弥陀は十万億土の彼方におられるものだと思っていられたか知らぬが、何のことは無い、アンタの腹の中にいて、しかもこの宇宙を包んでいる絶対者なんだ。その懐に入っていながら、それを追っかけ、とらえようなんて、問題ではない。追いつけないことが分かって初めて振り返ってみると、何のことは無い。総てが包まれていたことに気がつくのだ。この様に包まれていながら、何を悩みますかね。」

不思議だ!そう聞けば悩もうにも悩む種が無いではないか。そして顕徹君の語るどの話も皆、素直に肯定出来るからおかしい。弥陀が智慧や才覚で分からんでもよいのだ。このままでよいんだなあ。ああ、このままだった、このままだった。

----------
「何度も一念の信心の体験を直訴したが
化城にとらわれた先生は聞き入れてくださらなかった。
あきらめがついて、私なりのご恩報謝をしようと決め
ケコウを離れるまでは、事を荒立てぬようにと
体験記の編集などはさしさわりのないようにしていた。
このことは後悔している。
尊敬する師に背いても真実を明らかにすべきであった」

基本的に高森は嘘つきなので信用しないほうが良いですよ。
年収1600万のちびまるさん(はーと)

ちび丸氏へ質問

「何度も一念の信心の体験を直訴したが
化城にとらわれた先生は聞き入れてくださらなかった。
あきらめがついて、私なりのご恩報謝をしようと決め
ケコウを離れるまでは、事を荒立てぬようにと
体験記の編集などはさしさわりのないようにしていた。
このことは後悔している。
尊敬する師に背いても真実を明らかにすべきであった」

1.このソースは2チャンネルということですがリンク先を教えてください。
2.貴殿はこの発言が高森先生のものであると認められるのですね。
3.高森先生は華光の教導で少なくとも信心決定の直前まで進まれたという理解でよろしいですね。
4.高森先生が本当に真実の信心を獲たれたのはお幾つの時ですか?

(回答が遅くなると餌を撒かさせていただきます)

親鸞会ネット対策委員様

以下、京都に本拠地をおく浄土真宗本願寺布教使の華光会の教導により高森先生が信心決定された体験を記載されています。教学的に誤った箇所はないでしょうか?

「華光」誌第5巻5号

「学校の伝道部に入り、一意誠らしく話してみたが、真の安心はできない。或る人は信心を戴かない伝道は奇弁だと非難する。それについても私は非常に恥ずかしかった。穴があれば入りたい気もしたが、どうにも私を迷わせただけでありました。名誉獲得に常に走る我が心を哀れと思いながら、なおそれを覆い隠そうとする迷雲は、なかなか私を仏道に近づけなかった。
そこでまた私は、聞くということが我が真宗では大切であると言われるから、大いに聞こうと毎晩毎晩総会所にお参りさせていただきました。ところがいかに説教を聞いても「うまく言うない」「フフン」とあざける内心に、何だか嫌になり、或る晩もあまりに自分の立場に苦しみ、ひとつ徹底的に私の理解を促したいと、布教使さんのもとに行き、自分の疑っていたことを問いただしてみたが、これも明解を得ず、満足せずに悲しく淋しい闇夜を帰ったこともありました。
何とかして私達に、地獄の存在、極楽の有無を確実に指してくれる人はないか。求めつつ、ややもすればこの解答をなし得ざるを自身の偉きが如く考え、人をも迷わし、自分も迷いながら、実に毎日仮夢をやっていたのであります。
はからずも夏休み数日前に、増井君をはじめ数名の求道者諸兄の御指導を受け、半信半疑、なお私の心は悶えました。親切にも休暇中『仏敵』の書をお借りして読ませていただき、また家にあった書物により、さらにまた華光をも送っていただき、次第にその迷雲も晴れ、今日までの悪疑を恥づるに余念がありません。ただただ「そのままこい」「そのままでよい」とは何と有難いことでしょうか。南無阿弥陀仏々々々々々々
これも諸兄の方々のお骨折りによるものと、さらに大悲の無限の方便摂化に、ただ感泣するのみであります。毎日毎夜、念仏は楽しい時に苦しい時に、無造作に口より出づる蓄音機にさせていただいて、有難き弥陀の呼び声を聞かせていただけます・・・ただただ、うれしさで一杯なのであります。南無阿弥陀仏今や、地獄極楽の存在など疑ってみようとする心の恐ろしさに身をば悶えるのであります。ただ南無阿弥陀仏々々々
しかし日常生活は煩悩の起こりづめで、ことさらに変わったところもなく、といってそれとて一時の間で、後は悲しみも楽しみにさせていただいております。今後ともますます諸兄の御指導をお願い致す次第であります。」


一応、餌をまいておきますね。(前回はパンフレットのコピーがつれてしまいましたが…)
不倫局長の不倫の実体のソースはちび丸氏も認定している2チャンネルです。
http://love6.2ch.net/test/read.cgi/kyoto/1203665818/l50x

認定の2チャンネルではありませんがこっちのほうが詳しいです。
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/study/6979/1158394190/l50

M晴の異常な言動に、周囲の講師の不審や不満が一気に爆発し、もう会長がお願いしなければ、収集がつかなかったのだろう。結局、M晴への不審や不満を、会長の鶴の一声でもみ消してしまったのだから、これは問題解決ではなく、ごまかしに過ぎないだろう。


以前、M野講師がものすごい降格処分を受け、なぜだろうと疑問に思っていたのですが(まさか、ご本人には聞けませんし)、なぞが解けました。

埋もれてきたので頭に出しておきます。

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。