スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

投稿

最近退会された方から、以下の投稿を頂きました。

        *         *         *

ご報謝に対する不信感が、退会を決めた理由の一つです。
親鸞会に、退会したら納骨壇の納金分の返金を要求しましたが、かないませんでした。予測していた通りでした。
10年程前から建て前と裏では、まったく違う事をしていると、忠告されていましたが、信じられませんでした。

ご本人の判断で入会される方だけを富山にご案内していました。
入会を勧めず何人にもご案内をさせて頂きましたが、会場で会員さんがお連れした方々が、いくらご報謝したと言っていたけど、そんなにお金がかかるのと質問されて、いくらその方々のお気持ちですとお話をさせて頂いても、一度耳にした事は消えませからね。

納骨壇に関しては、娘が会にいるため 名義変更は可能との事でした。
10数年前にも働いたお金を分割で納金した際にも、ご報謝として納金させられました。
50万円完納金しても領収証を要求しましたが頂けず、値上がりとの連絡も文章でほしいと要求しても、証拠の残らぬよう口頭で連絡され、講師にも不信感を伝えても、これ以上支払えないと伝えても、宇宙貯金と思い、いつまでかかっても支払うように言われました。

幹部の方から赤のボールペンで書かれ192000円としるされたメモ書きを渡されました。
何と非常識な会なのかと、せっかく善の実践をするために努力してきましたが、一度は怒りで富山にも行けず苦しみました。
介護をしながら、命を削る思いで必死に支払いましたが、やはり完納しても納付書が領収書代わりといわれました。ご報謝と書かされ、おかしいとの不信感は、つのるばかり。いくら真実の教えと言われても、親鸞会の代表者は高森顕徹先生です。

先生がこの様なことを許されるのでしょうかの不信感は広がり、退会を決意するまで悩み苦しみましたが、かえって今は気持ちは、晴れ晴れと介護させて頂いています。
今はご報謝の苦しみから解放されました。人にはつくろえても、我が心には嘘はつけません。
嘘は嘘の上塗りになり、体まで蝕み、原因不明の腰痛や奇病の原因になります。 気づいていない方のおられること悲しく思います。

親鸞会で教えて頂いた事には感謝しておりますが、間違いも色々知らされ真宗聖典に基づき知らされると、親鸞聖人の仰せと違っている事も教えて頂きました。
視野を広げる事の大切さを学びました。 とかく片方だけを見て批判しがちですが、両方を見て、どちらが、より光に向かうには、求めやすいかを考えて決めましたので、例え、娘と違う求め方でも、後生は一人ですので、今は納骨壇にも執着心無く楽に成りました。色々の、み心をかけて頂き感謝いたします。
スポンサーサイト

COMMENTS

No title

これが本当ならば、親鸞会は反社会的な組織であり、横領や脱税の疑いを掛けられても仕方がありませんね。証言が真実ならば、告発すべきです。証言者がいらしゃるならば黒白がハッキリと報道され、新しい被害を未然に防止できます。

No title

>納骨壇に関しては、娘が会にいるため 名義変更は可能との事でした。
>10数年前にも働いたお金を分割で納金した際にも、ご報謝として納金させられました。
>50万円完納金しても領収証を要求しましたが頂けず、値上がりとの連絡も文章でほしいと要求しても、証拠の残らぬよう口頭で連絡され、講師にも不信感を伝えても、これ以上支払えないと伝えても、宇宙貯金と思い、いつまでかかっても支払うように言われました。
>
>幹部の方から赤のボールペンで書かれ192000円としるされたメモ書きを渡されました。

納骨壇は、親鸞会では無料です。
無料で頂いたものに、返金があるはずがありません。
無料ですが、50万円の御報謝した人限定に、無料で差し上げるということです。
この方の場合、50万円と言われたので、完納されたそうですが、阿弥陀様の御心が、70万円に変わられたようです。
これ以上払えないならば、無料で頂けないだけのことです。
御報謝は、あくまで納骨壇とは関係なく、お礼として納めたものですから、領収証など出るはずもありません。
違法行為でも何でもありません。

親鸞会の阿弥陀様は商売人ですか?


>この方の場合、50万円と言われたので、完納されたそうですが、阿弥陀様の御心が、70万円に変わられたようです。


親鸞会の阿弥陀様は商売人ですか?

阿弥陀さまは大慈悲の方のはず。

阿弥陀様の御心が50万円から70万円に値上げ?


こういうのは阿弥陀様とは言いません。

「阿弥陀様を利用した商売」と言います。

このような行為は、阿弥陀様から見ると、当然ですが法謗罪となります。

そのような者のために、阿弥陀様は泣いておられます。


No title

>納骨壇は、親鸞会では無料です。
>無料で頂いたものに、返金があるはずがありません。
>無料ですが、50万円の御報謝した人限定に、無料で差し上げるということです。

 50万円出さないと貰えないのなら、無料といっても実質は販売行為。
 名目上はお布施だから、税金は1円もかからない。
 そりゃ領収書なんで出せないわな。税務署に踏み込まれたら困るもんね。

No title

   お前ら信者は
   信者というのは信じる者、
      信じる者は救われるはずだが…

      信   ( ゚д゚)  者
       \/| y |\/

     信者が繋がると儲かる

        ( ゚д゚)  儲
        (\/\/


  つまりお前らはヤツが儲かるためだけに存在しているということだ

        (゚д゚ )    儲儲儲儲儲儲儲儲
        (| y |)     儲儲儲儲儲儲儲儲

財施の主旨

私の知っている人で、アニメを売って財施しようとして、結局アニメが売れず、餓死した人がいます。
アニメ頒布活動中、交通事故で死亡して、その人の建立財施予約分を、皆で払えと言われた事もあります。
何を犠牲にしても、財施せよという事でしょうか?

今回、同朋の里の大浴場や食堂等に総額八億円財施せよと言われています。
歎異抄の財施の時は、財施の主旨に合わない、という事で、予約用紙を書きませんでしたが、今回の財施はどうなるのでしょうか?
また、予約用紙を書くのなら、財施の主旨に合わないのでは?

No title

おうさん、

アドバイスありがとうございます。そのような形で書き直して、出しなおしました。
よくよく考えてみると前の理由で受理すると親鸞会が誤りを認めたことになりかねないので、意地でも受理しないかもしれませんね。

>同朋の里の大浴場や食堂等に総額八億円財施せよと
財施できなくなったので会員をやめるという口実として使えるかもしれませんね。
こんな財施?は絶対拒否ですね。仏法の布教に関係ないことで、仏縁になるか疑問ですし、会計報告がなく、それ以上にまったく関係ないものに流用されるかもしれませんからね。

現役会員B様

現役会員B様

決して勧める訳ではありませんが、確実に退会できる理由があります。

歎異抄のご報謝の時、予約用紙を書きませんでした。
建て前上の理由は、無常の身の私達が、計画建てて、いついつ、いくら財施する、という事は、主旨に合わない、という理由でした。
3月末に、これは何々に使うから残さないといけない、という考えは捨てて、精一杯財施せよ(要するに有り金全部出せ)、という事でした。
しかし本音で予約用紙を書いて欲しくても、予約用紙を発行出来ない理由があったのです。

ところが、今回の同朋の里の大浴場等のご報謝(第一期工事)は、おおっぴらに予約用紙を発行出来るので
従って、今回の第一期工事ご報謝は、必ず予約用紙を書いてくれ、と言ってきます。
8月に財施が募られるそうです。
その時に、「財施の主旨に合わないのでは?何故、今回は予約用紙を書くのですか?何故、歎異抄の時は書かなかったのですか?」と尋ねて下さい。
答えられる筈がありません。
「本会の方針変更だ」と言われたら、「来年の春、一万年堂から新しい本が出ても、予約用紙を発行するのですね。」と言って下さい。
「金額が違う」と言われたら、「財施の主旨に金額の大小は関係ないのでは?」と言って下さい。
相手は答えられません。

退会はいつでも出来ます。
8月まで待って、もう一度熟慮する事も良いでしょう。

財施予約用紙

>歎異抄の財施の時は、財施の主旨に合わない、という事で、予約用紙を書きま>せんでしたが、今回の財施はどうなるのでしょうか?
>また、予約用紙を書くのなら、財施の主旨に合わないのでは?

前回の歎異抄の際、予約用紙を書かなかったのは、実際はT社(I万年堂)の
脱税行為を指摘する声があがっており、それを懸念しての証拠隠滅行為と
おもわれます。
実際に、これまで財施という宗教的な非課税収入で、事業活動(アニメ販売
や本の販売)に対する公告宣伝をおこなってきたわけですが、基本的に
これらは脱税の疑いが濃いと考えられます。
一方、里については宗教施設ということになるので、同様ではないとおもわれ
ます。
船場吉兆のように誰かが内部告発をおこなえば、税務に関しては監査が
おこなわれるのではないでしょうか。特に、I万年堂の公告宣伝費用

アニメ活動

>私の知っている人で、アニメを売って財施しようとして、結局アニメが売れず、餓死した人がいます

関西のTさんですね。
親鸞会の末端の会員の切捨て方、見放し方はひどいものです。
阿弥陀仏の本願の御心やお慈悲など感じられません。
どうしてこうなってしまうのでしょうか。

ちなみに、私は元講師ですが、「私の百道」を書いた人物では
ありません。

原因と結果

>親鸞会の末端の会員の切捨て方、見放し方はひどいものです。
>阿弥陀仏の本願の御心やお慈悲など感じられません。
>どうしてこうなってしまうのでしょうか。

原因は明白ではないでしょうか。

信仰も一匹の馬がくるえば千匹の馬がくるう様に、
導く針が直しく行かねば続く同行の糸も曲る
(『魂のささやき』大沼法竜師 p.33-34)

>活動についていけずに、脱会者が続出した
>さすがに講師部員も問題意識を持ち始めて、布教講義(講師部員だけが対象で、高森会長がおこなう会合)で「婦人本部では、子育てや、家庭のことができなくなってる例もある」とか脱会者が続出しているとか訴えた。
>そしたら高森さん、日露戦争の203高地作戦のことを話し出すんだよ。
>ロシアの陣地から機関銃で弾をうってくる、日本軍は人海戦術で、人間が盾になる。前の戦友が倒れて、後ろの兵隊が戦友の屍を乗り越えて、またその兵隊が盾になって弾にあたって死ぬ。またうしろの兵隊がその屍をのりこえた。乃木大将は自分の息子も戦死させた。戦争には犠牲がつきものだ、本会の活動は戦争だ、戦死者や負傷者がでるのは当然だ。と、のたまわった。
>そんな兵隊さんにされて、犠牲になった会員さんはたまったもんじゃないよね

「本会の活動は戦争だ」「戦争には犠牲がつきものだ」「戦死者や負傷者がでるのは当然だ」
に類したご発言は私も在会時には、何度も耳にしました。

一般会員を使い捨ての兵隊程度にしか思っていないことは果たして親鸞聖人の御心にかなっているのでしょうか?
また、弥陀より賜った「信心」というもっとも重要な点について、自身が発した表白という言語によって表現することすらできず、他人の表現をそのままそっくり剽窃し、それを自己の著書として出版・発行できるという神経を持っている人間、そしてその剽窃してきた元師匠に対する恩義も感じず、礼節すらわきまえていないような人間、光晴氏の問題点を必死の思いで直訴しようとし、何十年も会長の教えを忠実に守り、会に尽くしてきた講師たちを無慈悲に切り捨て、佛法よりも家族の恩愛を重視する人間、自身は一軒家に住みながら一般会員には平然と「家を売り払ってアパート住まいしてでも絶対に損はしないから会にご喜捨しなさい」などということができる人間が、「まことに一人なりとも信をとるべきなら、身命をすてよ。それはすたらぬぞ」という発想を持ちうると思いますか?

親鸞会で獲信者が少ないといわれますが、「易往而無人」で片付けられる問題なのでしょうか?

私に関しては、若気の至りとはいえ、親鸞会以外の世界を全く知らないにもかかわらず、自分よりも明らかに洞察力において優れていると思われた先輩方が深く心服していることと、一時は『現代の教行信証』とさえいわれた高森顕徹氏の主著『会報』が剽窃まみれの著作とはつゆ知らず感銘を受け、高森会長を「無二の善知識」と妄信していました。
そして「人」を見る目のなかった自分を認めることは自身のプライドが邪魔し、非常に辛いことでした。

状況を諦観し正視することはつらいことですし、人生には失敗や挫折もつきものですが、人生には自分の失敗を素直に認め「過ちを正す」ことも必要な時があります。

「師を謗るものは法謗罪」という心理的しばりで思考停止のぬるま湯につかり続けるのも 「面々のおんはからいなり」ですが、曇鸞大師の潔さを見習いたいものです。人生は一回しかないのだから。

しつも~ん

会員数半減というのは、どこから出て来た情報でしょうか?
もし仮にそうならば、やっぱり今は富山でしか聴聞がないから?

肩代わり

元講師様

私の言いたかった事を書いて下さり、有難うございます。
私は曲がりにも現役会員なので、そこまで踏み込んで書く事は出来ません。

アニメ頒布中の交通死亡事故は、平成7年8月の事でした。
盆休みを利用して、熊本にアニメ頒布に行っていた法友は、8月15日の早朝、運転手の操作ミスで死亡しました。
免許を持っていなかった彼女は、後部座席に座っていたそうです。
親鸞会に於いて、亡くなった人のご報謝を肩代わりする事は珍しい事ではありません。
しかし、彼女は親鸞会に殺されたみたいなものです。
まさか、彼女のご報謝の肩代わりを言ってくるとは思いませんでした。
金額は幹部だった割には、非常に少ない金額でした。
そこまでする必要があったのでしょうか?
結局、その年の阪神大震災の義援金を本会から頂いた法友が、金額も同じだったので、その人が肩代わりしました。
なんとも、しっくりしない気持ちだけが残りました。

No title

現役会員Aさま
>>免許を持っていなかった彼女は、後部座席に座っていたそうです。
この女性はもしかして大阪におられたKYさんでしょうか?
当時私は親鸞会に籍はありましたが活動から離れていた時期で、私と親しかった方からその方の訃報を聞き大変落胆しました。
もし私が申している方があなたさまの仰る方でしたら一度メール頂けませんか。
私は親鸞会を辞めて10年あまりになる元会員です。

メルアド

KH様

KYさんの姓がKならば、その通りです。
キーワードはピーナッツです。
メールの件ですが、少々お待ちください。
KH様を疑う訳ではありませんが、もしもの場合を考えたいと思います。
万が一ですが、監正部のトラップという事も考えられます。
信じられないかも知れませんが、あり得る事です。
私は、現役会員でありながら、布教局長や募財活動を批判しております。
私のメルアドは、PCも、携帯も、支部長に知られています。
不用意にメールを送れません。
支部長の知らない第三のメルアドもありますが、安易なメルアドな為に、すぐにバレてしまいます。
今、メルアドの変更手続きをしております。
仕事の関係上、夕方以降に送る事が出来ると思います。
もしもKH様の姓がHならば、私にも心当たりがあります。
勿論、答えて頂かなくても、結構です。
それでは後ほど。

No title

現役会員B改め元会員Bです。

おうさんのアドバイスに従い、「求める気持ちがなくなった」とメールし、1日経っても返信がなかったのでもう一度、「求める気持ちがなくなった」とメールしたらすんなり、受理されました。案外、最初に教義に対する疑問や布教局長・高森先生に対する不審を理由にし、その後、「単に求める気持ちがなくなった」としたのがよかったのかも知れません。
最初の理由だとそれを認めたととられかねないので受理しなくても、単に、「求める気持ちがなくなった」という理由にすれば、引き止めて、そのために他の会員に漏らされるリスクを負うよりも、やめさせたほうがいいと判断したのかもしれません。もっとも、支部長はいい人なので単に私の希望を聞いてくれたのかもしれません。

現役会員Aさん、
せっかくご提案いただきましたが、実は数ヶ月の予定で海外に滞在していますので、国外にいる内にやめたほうが強引な説得がないかなと思ったのと、数十万円、会費を前納していますのでそれを返してもらうため、早めにやめたかったという事情がありました。
すんなり返してもらえるかは不明ですが、最悪、裁判に持ち込むようになれば返してもらえると思います。

訂正

アドバイスしていただいたのはNNNさんでしたね。失礼しました。そしてありがとうございました。

会費、返してもらえることになりました。

前納してた分の会費は何の問題もなく、返してもらえることになりました。
この点に関しては親鸞会はきちっとしていたことをお知らせいたします。

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。