スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

質疑応答12

【質問】

 上田氏の説法は、高森先生に対する批判だと、嫌悪感を感じております。




【回答】

 私にとっての物差しは、親鸞聖人の御教えであり、仏教の教えです。

 もちろん、高森先生の人格に惚れ込んで、その先生が勧められるから親鸞聖人の御教えを聞いているという人もあるでしょう。つまり、高森先生が「日蓮の教えを聞け」と言われても、それに従う人です。

 もしかしたら、多くの人が、そうかも知れませんし、そういう人が悪いと言いたいのではありません。しかし、仏教で勧められている信仰とは異なる人々です。

 あくまで、親鸞聖人の御教えは、

『法に依りて人に依らざるべし、(乃至)「法に依る」とは、法に十二部あり。こ
の法に随うべし、人に随うべからず。(教行信証)』であります。

 講師部員が、よく使っている「近江の湖を…」というお言葉も、蓮如上人のお言葉ではありません。

 もし、善知識に無条件で服従せよという教えなら、教行信証や、御文章に書いてあるはずです。

 では、なぜ親鸞会では、高森先生を神格化し、無条件服従することが良いことのように教えられているのでしょうか?

 これは、察するに、親鸞会にとって、その方が都合が良かったからだと思います。

 学徒の人は、「これが高森先生の御心です」とさえ言えば、何でも言うことを聞くようになります。

 しかし、それは、本当に高森先生の御心かどうか、確かめる術はありませんし、教えに適っているかどうかも分かりません。



 信心決定している方であっても、親鸞聖人の御教えに対する解釈は、必ずしも全てに於いて一致するわけではありません。

 解釈を異とする点において、どちらに従うのか。これは、あくまで親鸞聖人のお言葉を物差しとして、慎重に判断しなければならないことだと思います。

 それを、「高森先生への批判だから悪だ」と決め付ける人があれば、それは、もはや親鸞学徒ではありません。

 そのような間違った考え方を、講師部員から教えられてしまった殆どの学徒の皆さんは「高森先生に対する批判=謗法罪」という意識を植え付けられ、個人崇拝の宗教に走っています。

 残念ながら、間違った信仰では救われません。

 誰よりも、高森先生に無条件服従しているのが講師部員だと思います。しかし、講師部員で、「救われた」という人は、一人も聞いたことがありません。

 高森先生も、人間ですから間違いはありますし、その間違いは、ぜひ正して頂きたいと願っています。
スポンサーサイト

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。