スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

質疑応答113

【質問】


「他人の業」も「縁」の一つだと思っていたのですが、
他人の業も「自業」になるなら、では「縁」とは何なのか分からなくなってしまいました。
「縁」とはどういうものをいうのでしょうか?



【回答】


 他人の業に、自分が染まらなければ、自業にはなりません。お釈迦様のような方は、どんな悪業に満ちた人と縁があっても、染まることがありませんから、悪業の人を済度することができるのです。

 一般的には、悪業の人と接すると、自分も悪業に染まって苦しむことになりますので、謹んで遠ざかれ、近づくべからず、と教えられます。

「因」と「縁」の区別が曖昧になると、思われるかも知れませんが、唯識学では、六因四縁の乱れ髪、と古来、言われておりますように、「因」を縁で教えられるところ、「縁」を因で教えられるところがありますから、明確に区別して使ってはおりません。

 唯識学を学べば分かりますが、「因」と「縁」は別個のものではない、と理解して下さい。

スポンサーサイト

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。