スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

質疑応答117

【質問】


「こんなことが知りたい1」に、「死後の世界は実在します。このことは仏教が三千年前から説き続けてきたことですが、今日幽霊が撮影されるようになって、その実在性が科学によっても証明されました。」と書かれています。
仏教では、死後は幽霊になると説かれているのでしょうか?
幽霊になるということは、必堕無間ではないと理解して宜しいでしょうか?



【回答】


 仏教では幽霊という言葉は使いませんのが、死んで消えるのは前五識と意識だけで、末那識と阿頼耶識は残ると説かれています。

 それを幽霊と呼ぶのであれば、幽霊は存在すると思いますが、撮影できるようなものなのかは私には分かりません。

「こんなことが知りたい」の中には、幽霊の研究をした多数の科学者が紹介されていますが、その研究について分かりやすくまとめてあるサイトがありました。


弁護士の論じる死後の世界
http://www.asahi-net.or.jp/~QR7S-TMYM/ITC/Lawyer.htm


 高森先生は、これらの研究を踏まえられて紹介されたのだと思いますが、この内容が事実だとすれば、死後に地獄に堕ちるということは無いようです。

 仏教でも、死後は流転輪廻すると教えられていますし、中有界という世界も説かれていますので、決して矛盾するものではないと思いますが、少々信じ難い内容もありますので、何とも言えません。

スポンサーサイト

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。