スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

投稿

清森義行様


投稿です。よろしくお願いします。



●「こんなことが知りたい・4」に以下のような文章がありました。


28 天理教とはどんなものか


 私の近所に天理教の信者があって、よく誘われますが天理教とはどんな宗教なのでしょうか。お尋ね致します。(その三)


 さて次に、この因縁を断ち切る方法はとなる。それには、おつくし(献金)をするより外に助かる道がないと言って、金や物や、労働力の提供を強要するのです。
 金がある間は金、金、金、金がなくなれば物を出せといいます。
 そして遂には家屋敷、田畑の不動産までしぼりあげるのです。
 ところが、これだけしぼってもなおあきたらず、
「金も物もなければ身体でつくせ」
といって、有名な
「ひのきしん」
の名で老婆までも労働に引っぱり出すという残酷さです。
 だから信者は、陽気ぐらしどころか段々と深刻な暗黒ぐらしになり、貧乏のドン底におちてゆく人が多いのは、世間周知の事実です。
 昔から
「悪しきを払って、助けたまえ天理王ノ命」
という彼らの祈りの言葉をもじって、
「屋敷を払うて田うりたまえ、天秤棒のみこと」
と世間からひやかされているのは、大衆はこの邪教の正体をみぬいているからです。
 それでも悩みや苦しみが解決しないと
「心づかいが悪い」
と、信者の心に責任を負わせるのです。
 即ち、八つの心のチリを払わねば幸福にならぬといい出す。
八つの心のホコリとは、
「ほしい」
「おしい」
「かわいい」
「にくい」
「うらみ」
「腹立ち」
「こうまん」
「よく」
をいいます。
 これはつまりは、仏教の貪欲、瞋恚、キョウ慢の煩悩の教えを盗んだものですが、このような煩悩が断ち切られる筈が毛頭ないから、やがてニッチもサッチもいかぬ泥沼に突きおとされた信者は、最後に
「たんのうの理」
ということを教えられる。
 これは、
「どんなに苦しくとも親神さまの御心だから、文句を言わずにガマンしろ」
というのですから、まさにアリ地獄ではありませんか。
 このような邪教共通のやり方には、我々は深い憤りを感ぜずにはおれません。
 よく世間には、宗教は何でも同じだ位に考えている人が多いのですが、とんでもないことです。
 全く宗教に対する無知ほどおそろしいものはありません。
 ところが彼ら幹部は、これらの悲惨な現状をごまかす為に、社会的には種々な手段を講じています。
 それがあの有名な
「おやさとやかた」
なんかという、豪壮な建築物をやたらにつくって、
「さすがは天理教だ、たいしたものだ」
と、人々の目を奪ったり、大学を造って水泳や野球、柔道の選手を養成して、
「悪い宗教ではないわい」
と、思わせようとしてヤッキになっていますが、やり口は極めて悪質といわねばなりません。
 いずれをみても邪教たることは明らかですから、釈尊が経典に
「一たびも神を拝んだものは五百生の蛇身を受け、現世に福報は更に来たらずして、後生は必ず三悪道に堕す」
と、説かれ、わが親鸞聖人また
「九十五種(邪教)世をけがす」
と教えられ、蓮如上人は
「これあさましき外道(邪教)の法なり、これを信ずるもの永く無間地獄に堕在すべし」
と、徹底的に破邪なさったように、これら邪教に迷える気の毒な人々に、一日も早く真実の仏法を伝えねばならぬ重大な使命をもつものが、われら親鸞会会員なのです。
 大いに破邪顕正、如来聖人のみあとを進ませて頂きましょう。




●親鸞会に当てはめれば、こうなると思います。


 私の近所に親鸞会の信者があって、よく誘われますが親鸞会とはどんな宗教なのでしょうか。お尋ね致します。(その三)



 さて次に、この一大事を断ち切る方法はとなる。それには、御報謝(献金)をするより外に助かる道がないと言って、金や物や、労働力の提供を強要するのです。
 金がある間は金、金、金、金がなくなれば友人を誘えといいます。
 そして遂には家屋敷、田畑の不動産までしぼりあげるのです。
 ところが、これだけしぼってもなおあきたらず、
「金も物もなければ身体でつくせ」
といって、有名な
「ひかりせん」
の名で老婆までも労働に引っぱり出すという残酷さです。
 だから信者は、絶対の幸福どころか段々と深刻な暗黒ぐらしになり、貧乏のドン底におちてゆく人が多いのは、世間周知の事実です。
 昔から
「われら親鸞学徒は、信心獲得を本と致します」
という彼らの祈りの言葉をもじって、
「われら親鸞学徒は、信者獲得を本と致します」
と世間からひやかされているのは、大衆はこの邪教の正体をみぬいているからです。
 それでも悩みや苦しみが解決しないと
「求道姿勢が悪い」
と、信者の心に責任を負わせるのです。
 即ち、八つの雑縁を離さねば求道にならぬといい出す。
 八つの雑縁とは、
「家族」
「友人」
「恋人」
「趣味」
「コンパ」
「他サークル」
「うわさ」
「インターネット」
をいいます。
 これはつまりは、大学生活に欠かせない楽しみを言いますが、このような煩悩が断ち切られる筈が毛頭ないから、やがてニッチもサッチもいかぬ泥沼に突きおとされた信者は、最後に
「無条件服従」
ということを教えられる。
 これは、
「どんなに苦しくとも高森先生の御心だから、文句を言わずにガマンしろ」
というのですから、まさにアリ地獄ではありませんか。
 このような邪教共通のやり方には、我々は深い憤りを感ぜずにはおれません。
 よく世間には、宗教は何でも同じだ位に考えている人が多いのですが、とんでもないことです。
 全く宗教に対する無知ほどおそろしいものはありません。
 ところが彼ら幹部は、これらの悲惨な現状をごまかす為に、社会的には種々な手段を講じています。
 それがあの有名な
「聞法ドメイン」
なんかという、豪壮な建築物をやたらにつくって、
「さすがは親鸞会だ、たいしたものだ」
と、人々の目を奪ったり、一流大学で勧誘し医師や弁護士、会計士などを養成して、
「悪い宗教ではないわい」
と、思わせようとしてヤッキになっていますが、やり口は極めて悪質といわねばなりません。
 いずれをみても邪教たることは明らかですから、釈尊が経典に
「一たびも神を拝んだものは五百生の蛇身を受け、現世に福報は更に来たらずして、後生は必ず三悪道に堕す」
と、説かれ、わが親鸞聖人また
「九十五種(邪教)世をけがす」
と教えられ、蓮如上人は
「これあさましき外道(邪教)の法なり、これを信ずるもの永く無間地獄に堕在すべし」
と、徹底的に破邪なさったように、これら邪教に迷える気の毒な人々に、一日も早く世間の常識を伝えねばならぬ重大な使命をもつものが、われら一般人なのです。
 大いに破邪顕正、如来聖人のみあとを進ませて頂きましょう。


※親鸞会の方が読まれたら腹を立てられるかも知れませんが、天理教の方が読んだら同じように感じられるでしょう。


スポンサーサイト

COMMENTS

No title

天理教も親鸞会も全く同じですね。
自分達のこととは思わないのかな~

No title

 私の知人に天理教の信者がいますが、親鸞会よりはるかにましな団体です。
 高森さんの文章は、かなり誇張があるように思います。
 親鸞会のことを書いた文章なら、当たっていると思いますが、天理教も同じだというのは失礼ではないでしょうか?

No title

悲願の法城(親鸞会の集金ビデオ)再掲
http://sayonara1929.txt-nifty.com/blog/2008/05/post_2ae0.html


それねぇ、人にこう、あの、お金でもモノでもあげると、
人のもんになる風に思うでしょ?
これ全然違うんです。
あげた者のモノになるんですよ。
だから絶対損にならないんです。
ドンッ、ドン、あげたらいいんですよ。
ゼッッタイに、あの、損しないから。
だから喜んで捨てなさい、喜んであげなさいちゅうことで
喜捨と言われるんですよ。
喜ばにゃならんのですよ?人に物をあげる。特に仏法に
布施をする。
これはもう、イッチバンの善ですから、だからその、もう
喜ばにゃならんことなんですよ。

あの人は、あんだけしか出されんのに、私あの人よりも
何で余計出さにゃならんやろ、って
トンデモない話ですよ!そりゃ
喜んで・・・・出さなければならない。
みんな自分の物になるんですよ?
絶対、人のモンにならないんですよ。
で、それが自因自果ということですから、その、やはり
自因自果という因果の道理がワカランところから
食堂なんか行ったらね、千円でも二千円でも、安いね
ここの店は、って出しても、仏法のためになら
千円出すときに、あの人、五百しか出してらんのに、
私、ナンデ千円出さんな・・・
まるで損するように思うでしょ?
これ、ゼンッゼン因果の道理がワカッテナイ
っちゅうことですよ、仏法ワカッテナイっていうことですよ。
その人の信仰はその程度や、っちゅうことですよ。
絶・・・対、損にならないですよ。
その喜捨した、何ジュウ倍戻ってくるからっ。
私なんか、何百倍戻ってくるとりますよ。
そんなちょっとやそっとじゃないですよ。だから、
ヨロコンデ・・・あげればいいんですよ。
ヨロコンデあげなきゃならんことですよ。
ヨロコンデ捨てる・・・仏法のために
これが中々ワカランのやね。因果の道理が、
あの、ワカラナイ、ワカッテないから。
絶・・・対に損しないんですよ。布施をして。

もちろん、その布施をする相手ぇ間違ったらダメですよ。
これ、いつも、皆さん、あの、お聞きのとおり。
ちゃんとお釈迦様は、どーゆう相手に布施を、せよ
と教えておられるから。
こりゃいつも聞いておられるとおりですから。

だから・・・そのうえでですよ、布施をして施して
損ということは、絶対ないですよ。

家も田んぼも畑もゼンブ売って、仏法に布施してでも、
絶対に損はないです。
明日からどこで住めば、
そりゃアパートへ入りゃいいんです。
絶対に損はないです。

だから喜んでさせてもらわなければならないこと
なんですから、喜捨と言われるんですが
まるでね、税金かなんかとられるようなこと思っとったらね、
ゼンゼンそりゃ布施と違うんですよ。
これは、あの、喜捨でないんですよ。
税金ちゅうのは国家権力が、ね、無理やりに・・・・
奪い取っていくんですから、もし税金払わんものあったら
こりゃもう、酷い目に会わんにゃならんのやから、
それが嫌ややで、仕方っ無しに出しとんのが税金なんだで。
布施というのは喜捨というのはそんなもんでないんですよ
・・・・・・・・・なっ、国家権力っというもの、そういうものに
恐れて出すんのと違うんだから。わが身のために出すんですから
自分が、けっ、自分がよい結果を得るために
種を蒔くんですから・・・・種蒔くところが無かったらね、
大根もニンジンもできてこないんやからね、
畑へ感謝しなきゃならないですよ?
いくら大根の種持っとったってね
蒔く畑が無かったらね、大根とれねぇんだから・・・・・
私たちは最高の仏法という宝も、タカッ、
仏法というハタケ持っとるんでしょ?
その仏法というハタケに種を蒔くんですよ。
・・・・そしてそのハタケからできてきたものゼンンンブ、
自分のもんになるでしょ
ハタケのもんにならないんですよ
・・・・・・・・・・ここがまるでね、ハタケへ種蒔くと、
その、種も、その種からできてくる大根もニンジンも
みんなハタケのもんになるように思っ、思うからね。
・・・こりゃ、全く間違いで、因果の道理、いわゆる自因自果
・・・これがゼンゼンわかってない、信じられてない、ということですよ。
・・・絶対損はないですから
・・・・ドンドン、ドンドン、仏法のために財施、喜捨すれば
するっ、ほどいいんです。大変に幸せなことなんです。
得するヒトは、ね、幸せになるヒトは、そうするヒトなんです。
これが善因善果自因自果。
その逆が悪因悪果自因自果ですよ。
欲ばっかりして、ね、出すのは、仏法のために・・・
舌出すのもイヤやと。そんんなことしとるから
ダンダン、ダンダンお金も来ないし、物にも恵まれないし、
全部詰まってくるんですよ。
お金にも物にも恵まれたかったならば・・・ドンッドンッ、
喜捨をすることです。布施をすることです。
そうすれば全てに恵まれるから。
それをね、もう、出来るっだけ仏法のために
出さんように、出さんように、ね
それで、なにもかも恵まれないんですよ。・・・・・・・・・・・・・
その考え方を、ね、ヒックリ返さなかったらっ。
・・・・・・・・・それがそのね、仏法の根幹である
因果の道理をどれだけ、あの、わかっているか、
信じているか、ということなんですよ。
だから信仰が進めば、必ず、進めば進むほどそうなるんですよ。


まぁ、この方だけのあれに答えておられませんから。
「御喜捨の心掛けと因果の道理について、聞きたい、今一度聞きたい」
ということで、今こう話しとるんですよ。

「収入に対して計画を立てなかなか喜び喜びさせていただくことが」
これね、計算しとったらもう絶対出せないですよ、仏法に。
・・・・これだけ出したら、あとこうなってこうなって、こりゃ足らんぞ。
これだけ余ると、余っただけで大体こうかと

そんんなの、アカンですよ。

何しろね、そういう計算を捨てるの!
計算を捨てさせんの。
そして、因果の道理のみを信じるわけ。

こんな計算しとるからね、絶対ダメなんだ。
余って出るはずねぇもん。
余ったら全部銀行やっちょる。(聴衆笑い)
銀行はこれで持ってくるならもういわんからね集めたろうかね。
んなもん、どうして仏法出すカネが出てくるんや
計算しとったら。
そんなことない ドンドン、御喜捨しなさい。ドンドン、
あの、布施をしなさい。
それはだぁ~れのモノにもならないんです。
アンタのモンになるんです。結果は。

あのぉ~、みなさんが財施をせられたのは
ワタシのもんになるなんかってね、
クダラン心配しなさんな。(聴衆笑い)
私は倍にして出しとるから。
みん~な、出したアンタのモノになります。
私が布施をしたらワタシのモノになるんです。結果は。
アンタらの布施したモノを私が拾ったれっていうたら、
私がね、ヒン、貧乏になるだけです。
出す人が豊かになるんです。
出せば出すっほど豊かになっていくんです、し、
幸福になるんです。
そこ入れりゃ、入れるっほど不幸になるんです。
そういうことです因果の道理ってのは。

だから「収入に対して計画を立てる」

立てなさんなこんなモン(聴衆爆笑)

なにしろ、喜んで出しなさいっ、ねっ。アンタね、
幸せを欲しかったら出しなさいっ
ということです。

私はね、世間のヒト見とっと、ほんとにね、
なんと気の毒というか、ね、ちょっ、大根が出ん大根が出ん 
っちゅうに。おい、蒔いたか種?(聴衆笑い)
ゼンッゼン、大根の種、蒔いた、蒔かんとって、
大根が出ん、大根が出ん、言うとんねん

キチガイかい!ってオマエ

畑行ってね、まだ大根が出ん、まだ大根が出ん、
言うとんねん
何時タネ蒔いたんやオマエ、何も蒔いとらん
蒔かんモンが出るかっちゅうの!
蒔きなさい、必ず出てくるから。人に施しなさい。
人に親切しなさい、必ず恵まれるから。
逆にはならんのだから。アンタのために蒔くんだで。
アンタのため、自身のために出すんだて。
そういうことがね。あの因果の道理ということです。

いくらそういうてもね、ん~、なこと言うたって中々ちょっ、
計画を立てんとおれるかとそん~なこと言う、思っとる
もんバッカリだから、貧乏なもんバッカリなんだわ。
苦しんどるもんバッカリなんだわ。
私の言うとぉ~りにやってごらん。
因果の道理に・・・従ってやっててごらん。
みんな幸福になるんです。
それ、やるかやらんかダケです。
信ずるか信じないかのダケです
信じて実行するかしないかダケです。
私はやっただけっす。そら私のためです。ね

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。