スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

質疑応答125

【質問】


 今まで新入生勧誘、アニメ頒布、親への顕正、祖母をご法話へのお誘い、チラシ撒き、文化講座での話し込み等、それなりに仏法をお伝えする活動はしてきました。

 ですが、申し訳ないことですが、正直なところ誰にも言えませんでしたが、ほとんどは苦痛でした。仏法をお伝えするという人間ができる最高の善と教えられていたのに内心嫌でした。

 宗教をやっていると白い目で見られるのが嫌だという名誉欲や、断られたり、嫌な顔をされたりして、自分を否定されたりすることが苦痛の主な原因だと思います。

 そこで疑問ですが、苦しいと感じるということは悪因苦果の因果の道理からすると、悪をやっているということになるのでしょうか。
 それとも、行為自体は善であるけれど、因を業と考えますと、悪業の状態ですので、善をやったとしても苦しみという結果を受けるということでしょうか。

 苦しみという結果を受けているということは、善だと思っていても実は悪をやっているとお聞きしたことがあります。

 そうすると、いままで仏法をお伝えするという行為は悪だったということになるのでしょうか。
 それとも正しい仏法をお伝えしていなかったのが原因なのでしょうか。

 また、たとえ正しい仏法をお伝えしていても、苦しいと感じたならば、悪をやっていることになりやらなくてもいいということになるのでしょうか。

 名誉欲や非難に打ち勝ち、苦しくても仏法をお伝えすることは親鸞学徒の使命だと教えられてきましたし、そういう苦しい中、沢山の方がお伝えしてこられたからこそ自分が聞くことができたと考えると、苦しいからやらないというのは、甘い情けない自分勝手な考え方とも思います。

 親鸞会で今まで何が苦しかったかというと、肉体的・経済的というのもありましたが、よく考えてみたところ、とても誰にも言うことはできなかったですが、一番の苦しみは精神的な苦しみ、つまり仏法をお伝えすることが原因による苦痛でした。

 情けないと言ってしまえば、それで終わりですが、幸せになることが説かれているはずの仏法をお伝えすると逆に苦しむ結果になるのは、おかしいように思います。


 あらためて質問をまとめますと、

1、仏法をお伝えすることによって苦しむということは、人によっては悪をやっていることになってしまうのでしょうか。
  それとも、善であることには変わりはないが、その人の業によっては善をやっても苦しむという結果になってしまうということでしょうか。

2、もし苦しむという結果になるのならば、無理に今は仏法をお伝えしなくても良いというのが仏法の教えでしょうか。
  そうなると我利我利で仏法精神とは違うような気もします。

3、あるいは、苦しい中やっていくとやがて善果となって返ってくるということでしょうか。
  もっと言うと、苦しい中やるほど大きな善果となって返ってくるということでしょうか。


 親鸞会で活動してきて何がつらかったかと考えると、正直なところ、どうしてもこのことに行き着きます。
 お忙しいところ申し訳ありませんが、以上よろしくお願いします。



【回答】


 仏法をお伝えするとは、仏法を自ら実践し、他人も幸せにしてゆくことです。
 仏法を実践するとは、例えば以下のようなことです。

・嘘をつかない。
・相手に押し付けない。
・納得できないことはやらない。


 貴方が苦痛を感じたという活動の中で、嘘をついたり、相手に押し付けたり、納得できないことを嫌々やるようなことは無かったでしょうか?

 これらの行為は悪ですから、悪因苦果で苦痛を感じるのは当然のことです。
 もちろん、仏法の実践になりませんから、仏法をお伝えすることになりません。

 仏法を伝えるというのは、善ですから、当然、楽しいことです。

 私も、親鸞会を離れてから、嘘をつく必要もなくなり、目標もありませんから押し付ける必要もなく、自分の納得のいく活動しかしていませんから、本当に幸福です。


> 1、仏法をお伝えすることによって苦しむということは、人によっては悪をやっていることになってしまうのでしょうか。
>   それとも、善であることには変わりはないが、その人の業によっては善をやっても苦しむという結果に
>   なってしまうということでしょうか。

 仏法をお伝えするのは善です。嘘をついたり、押し付けたり、納得できないことを嫌々やるのは悪です。


> 2、もし苦しむという結果になるのならば、無理に今は仏法をお伝えしなくても良いというのが仏法の教えでしょうか。
>   そうなると我利我利で仏法精神とは違うような気もします。

 仏法をお伝えするのは善ですから、苦しむという結果にはなりません。


> 3、あるいは、苦しい中やっていくとやがて善果となって返ってくるということでしょうか。
>   もっと言うと、苦しい中やるほど大きな善果となって返ってくるということでしょうか。

 苦しい中やっていくと、やがて悪果となって返ってきます。善であれば肉体的・精神的に大変なことでも、苦痛とは感じません。

スポンサーサイト

COMMENTS

仏法を伝えるのは苦しくて当然です。
私は煩悩具足だから。私が幸せと感じるのは煩悩に都合がいい時だけです。
だから、仏教を伝える事を幸せ喜びと感じることは、なかなか出来ません。
ところが、仏教で教えられている自分が死なねばならぬ事(無常観)がわかれば、絶対嫌な死の問題の解決をする事は、この上なく私の心・煩悩にとって都合がいいから、仏教伝える事が幸せになります。

No title

ご本人が言うとおりですね。

>宗教をやっていると白い目で見られるのが嫌だという名誉欲や、断られたり、嫌な顔をされたりして、自分を否定されたりすることが苦痛の主な原因だと思います。

よくわかります。

ひっくり返ったお椀に、水をかけている状態ですから、このような結果になると思います。
相手のお椀が水を受け入れる状態になるかどうかは、お互いの人間関係や人徳によると思います。

仏法を押し売りするような商売はやめて、尋ねられたら答えるようにしたらどうでしょう。
このかたが、仏法を喜んでおられるならば、普段の会話の端々にも仏法はにじみ出ていると思います。
上の方からの命令で行う伝道は、相手からすれば、臭くて受け入れがたい物です。
仏法を伝えるのではなく、多くの知人友人を作ることに頑張って下さい。

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。