スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

質疑応答133

【質問】


 今、私にとっての問題はただ一つ。「親鸞会で信心決定できるのか。」
 信心決定できるのなら、高森先生や布教局長がどんな人であろうといいんです。でもそうでないとしたら考えなくてはなりません。

 どうお考えになりますか。



【回答】


 私の、今の仏教の理解では、親鸞会にいるよりも、離れた方が、早く信心決定できる可能性が高いと思います。それは、親鸞会で教えられていること、勧められていることが、仏教に反しているからです。

「若不生者」の解釈も違いますし、親鸞会でいう「善」と、仏教の「善」は全然違います。無条件服従という教えは仏教にありませんし、本尊を取り返すという発想も出てきません。お釈迦様も、親鸞聖人も、必堕無間とはどこにも教えられていませんし、おかしい所を挙げればキリがありません。

 実際に、親鸞会が結成されて50年も経つのに、「私は救われた!」という人が殆どいません。特に講師部員では、まったく聞きません。仏法を求めてゆけば、心が豊かになってゆくはずなのに、親鸞会ではどんどん心が貧しくなってしまうように感じます。これは、向かっている方向が反対だからです。

 私は、上田君から仏法を聞かせて頂くようになって、本当に人生が変わりました。仏法は、生きている今から幸せになれる教えであることを、日々、実感しております。貴方にも、早く、本当の仏法を知って頂きたいと思わずにおれません。

 それが一番、信心決定の近道だと思います。

スポンサーサイト

COMMENTS

No title

S会の信用情報によると、
2002年~2007年まで、毎年、法人申告所得は、14億5000万円
となっています。
これはおそらく、公式に発表している会費・行事の収入であるとおもわれますが
2002年から2007年まで、毎年変化がない、ということは実に不思議
です。 この申告所得は、S会の会費収入がおそらく、毎月1億円弱とおも
われますため、正本堂の総額が80億とすると、つじつまがあいません。

私は会員ですが、自分がおさめた地下道などの高額の財施はどのように
使われているのか、知りたいとおもいますが、とても会の中では
聞けません。

S生会病院に毎年1億の援助をS会からおこなっていたともいわれて
います。今年から、その援助が打ち切られ、S生会病院の経営は
一層悪化している模様です

また、S生会病院の信用情報です
売上
2003年(29億)2004年(30億)2005年(29億)2006年(32億)2007年(33億)
利益
2003年(1.2億赤字)2004年(5000万赤字)2005年(1.5億赤字)
2006年(5000万赤字)2007年(7000万赤字)

この期間の赤字分は、S会から補填されていた模様です。
地下道や絵画、座布団などの高額の財施は、こういった使途にも
つかわれていたのでないか、と考えられます。
同朋の里などの財施も実際は何に使われるか不明です。

ちなみに、S生会病院の資本金は、7億9800万円
株主は、タカモリ一家が握っており、すべてタカモリ一族の
資産となっているのが実態です。

すでに、会長の娘が経営の実権を握っており、タカモリ一家の孫たち
も勤務をはじめています。

仏法のため、血のにじむおもいで出された財施を、会長は自分の一族を
末代まで繁栄させるための病院経営にまわすという事実を、それも
仏法のため、と心からおもえる会員もいれば、信じられないという方も
あるでしょう。

客観的な事実を知って、一人一人が判断してください。


No title

有限会社G園の信用情報です。

「浄土真宗S会、S生会T山病院関係企業で、給食弁当(あんしん弁当)工場、
レストラン、食事処を経営する。近時業容拡大する。」と信用調査にはあり、
営業種目は「レストラン経営,給食弁当製造,軽食,コンビニエンスストア経営」
となっています。

設立は、平成5年8月ですが、レストラン祇園の経営が失敗した後は、
実質、弁当屋ができるまでは休眠に近い状態でした。

資本金は300万円、従業員は2007年末で29人
売上
2006年(5千万円)2007年(4500万円)
利益
2006年(120万円赤字)

ということになっております。
6月決算の会社なので、2008年つまり、弁当屋、コンビ二、食事処
運営状態はまだつかめておりません。
しかし、平日の運営は閑古鳥が啼き、S会の行事日のみ職員が聴聞
できなくなるほど忙しい、という状態が続き、以前経営に失敗し
規模を縮小した、レストラン祇園の失敗を何も学んでいないのが
よくわかります。

この事業についても、施設の建設費など、会社の自己資金では
事業をおこなっておらず、S会で、布施として集めた金がどのよ
うにして経理処理がなされているのか、関心がもたれております。

なお、今後、さらに事業を拡大する、と金融機関をはじめとして
内外に発表されております。

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。