スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

質疑応答134

【質問】


「十方三世ノ无量慧 オナジク一如ニ乗ジテゾ

 二智円満道平等 摂化随縁不思議ナリ」(真宗聖典P.225)

 の意味を教えて頂けないでしょうか。



【回答】

 大宇宙の諸仏方も、同じ阿弥陀仏の智慧を頂いて、大宇宙を貫く真理をさとり、そして、それが、どのように形となって現れているのか、という智慧を体得し、衆生済度は思うままにできるのは、不思議なことである。



【質問】


「彌陀ノ浄土ニ帰シヌレバ スナハチ諸佛ニ帰スルナリ

 一心ヲモチテ一佛ヲ ホムルハ無碍人ヲホムルナリ」(真宗聖典P.225)

 の意味を教えて頂けないでしょうか。



【回答】


 阿弥陀仏に救われたならば、即ち諸仏方の御心にもかなうことになる。阿弥陀仏から頂いた信心をもって、阿弥陀仏のことを念じ、讃嘆すれば、諸仏方を誉めることになる。



【質問】

「信心歓喜慶所聞 乃カイ?一念至心者

 南无不可思議光佛 頭面ニ礼シタテマツレ」(真宗聖典P.225)

 の意味を教えて頂けないでしょうか。


【回答】

 阿弥陀仏に救われた世界の不思議さは、とても心も言葉も及ばれません。
 そんな身にしてして下された阿弥陀仏に、心から頭を下げずにはおれません。

スポンサーサイト

COMMENTS

弥陀の声

はじめまして。

私は「なぜ生きる」がきっかけで親鸞会の行事に参加していた者です。あれこれとネットで出てくる情報に驚いています。しかし、どうやら、事実のようですので、もう、親鸞会には行くつもりはありません。

私の白道を読んで、「まかせよ、そのまま救うぞ」との弥陀の声が届いたとありますが、幻聴ではないのですか?

信心決定という体験について、いささか、非科学的に思え、信じられないのです。

「まかせよ、そのまま救うぞ」との弥陀の声

>「まかせよ、そのまま救うぞ」との弥陀の声
の正体は「南無阿弥陀仏」の「名号」です。
ただの「なんまんだ~」にしか聞こえなかった、その中に「まかせよ、そのまま救うぞ」との弥陀さまの大慈悲心を知らされるのです。
オリンピックで、観客席から選手の名を呼ぶ。それが選手に届いたとき、その声に込められた心を選手が感じる事があると思います。
親が子の名を呼ぶとき、その声に込められた心を感じる事があるのではないでしょうか。
心を知るということを、科学的に理解するのは、難しいのでは?

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。