スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

投稿

投稿を紹介いたします。

         *         *         *

○龍樹菩薩の十住毘婆沙論に以下のように書かれています。

「善根を増長する四つのことがあり、菩薩はこれを修行するがよい。

(中略)

善根を増長するのは、

第一にいまだ聞いたことのない教えを求め聞こうとする心。
二、衆生に対し、慢心を離れ謙虚な態度で接する。
三、正しい道で財を得て足るを知り、生活のために手段を選ばないというような生き方をしない。
四には他の人が罪を犯したときそれをあげつらってその間違いをあばかない。

またもし教法の中でよく心にわかりかねるところがあったときは、それに反発したり捨てたりしないで仏の心が領解できるまで考える」

親鸞聖人が御和讃に、本師龍樹菩薩、とたたえられる龍樹菩薩の教えです。

親鸞会では、これにしたがってこのように教えられているでしょうか。

スポンサーサイト

COMMENTS

No title

第一にいまだ聞いたことのない教えを求め聞こうとする心。
→同じ話を聞かなければならない、会長の話さないことは聞いてはならないと高森会では指導される

二、衆生に対し、慢心を離れ謙虚な態度で接する。
→仏縁のない人を見下すのが高森会の特徴

三、正しい道で財を得て足るを知り、生活のために手段を選ばないというような生き方をしない。
→不法なご報謝で病院経営のために手段を選ばないのが高森会

四には他の人が罪を犯したときそれをあげつらってその間違いをあばかない。
→ちくり、指摘が善と教えられるのが高森会

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。