スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

質疑応答20

【質問】

 親鸞会で「支部長制度」になったのは、講師部員の自発的な希望でそのようになったと、当時、私は講師の方からお聞き致しました。
「高森先生と同じ道を歩みたい!」との思いで、講師部員の方からそのような提案があったと聞いておりますが、いかがでしょうか。



【回答】

 支部長制度が発足した時、私は講師部員でしたが、知らない間に決定され、突然発表されました。制度について、講師部員の意見を聞くという機会は、一度もありませんでした。
 対外的には、「講師部員の自発的な希望により」と言うことになっていましたが、実際にそんな講師がいたとは、聞いたこともありませんし、有り得ないことだと思います。

 それまでは、本部長制度の下、ピラミッド型の組織が確立され、高森先生のお名前の下に、これを徹底されていました。その組織を解体して、独立した布教使として活動したい、などど言おうものなら、講師部の会合で、大変な目に遭うことは間違いありません。

スポンサーサイト

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。