スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

質疑応答147

【質問】


『こんなことが知りたい④』に以下のような文章があります。

----------引用

 三田村鳶魚の『横から見た赤穂浪士』という本には、大石内蔵助は腹を開き短刀は握ったが、手がふるえて腹につき刺すことができなかった。
 介錯人が見るに見かねて、彼の輝かしい名声を傷つけまいと、大石の切腹の前に首を刎ねた、とあります。

----------

『横から見た赤穂浪士』には、このような文章は存在しないと聞いたのですが、本当でしょうか?

 もし何か御存知でしたら、よろしくお願い致します。



【回答】


 古本でありましたので、『横から見た赤穂浪士』を購入して確認しました。

 結論から言いますと、上記のような内容はありませんでした。


●この方の伝えによると、内倉助は、自分が声をかけてから首を打ってくれ、と頼んだといいます。内蔵助以下二三人、吉田忠左衛門とか、原惣右衛門とかいうあたりまでは、腹へ突き立てさせてから首を打った。けれども、四五人目からは、脇差を取るのを合図に、首を打ったといいます。
(中公文庫『横から見た赤穂浪士』三田村鳶魚p214)


 この文章を読む限りでは、大石内蔵助は、脇差を腹へ突き立ててから首を打たれたと書いてあります。
 赤穂浪士の多くは、腹へ突き立てることなく首を打たれたようですが、大石内蔵助に関しては違うようです。

 なぜ、高森先生が、そのように書かれたか分かりませんが、正しく引用しなければ、著者に失礼だと思います。


スポンサーサイト

COMMENTS

No title

高森氏は、大沼法龍氏の書籍は正確にパクっているのに、
なぜ引用元を書いたものは捏造するんだろ。
不思議な人だ。

No title

単に国語力が無いだけでしょ。
探せばいくらでも有るのではないか?

No title

高森先生・親鸞会が出て来ない話題ってなかなかないね・・。
いいんだけど、それ以外ももうちょっとあればなおいいな。

「弥陀の使い」様

当該スレッドが荒れているので、あえてこちらに投稿させていただきます。

>それに騙される者など、よそ見をしている虚けか、鼻のイカれた病持ちだけだ。

特に「鼻のイカれた病持ち」については、嗅覚障碍者に対する配慮がゼロの発言ですね。
こういう無神経な人は、おそらく「つんぼ」「びっこ」「めくら」とかのいわゆる放送禁止用語を、普段から普通に使っていて、指摘されたとしても「何が悪い」と開き直るタイプに違いないように思われます。

「弥陀の使い」なるたいそうなHNを名乗る人物は、もしも嗅覚障碍者がこの記事を読んでどうおもうだろうか、という視点が欠落された方のように見受けられます。
おそらくは、普段狭い特殊な世界に住んでいるために想像力がないのかもしれません。

こういう無神経な人物が平気で「弥陀の使い」などと名乗っていられる神経は、笑止を通り越して唖然としてしまいます。

某氏にはこういう風聞もありますが、いかにも、という感想です。

>しょうまのことばを「お」言葉といったK玉に対して、 彼は字の縦横もわからんかったもんやから「お」はいらんといい、君(K玉)の方が偉いといっています。

PS
>一番の間違い者は私だったーーー、の懺悔もなければ、
>怨みと呪いに苛まれ、欲の虜を恥ともせぬ。
>憐れな姿をさらしても、立派な知識のつもり節。

まったく、あまりに某会の会長に該当することばかりです。
そのお粗末に、聞いてる方が恥ずかしいですな。

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。