スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

質疑応答148

【質問】


 蓮如上人に「火の中を、わけても法は聞くべきに、雨風雪はもののかずかは」という歌があると、親鸞会に関係する方に教えて頂いたことがあるのですが、浄土真宗聖典検索システムで蓮如上人の言葉を検索しても見つからず、ネットで検索をかけても親鸞会関係のHPにしかこの言葉はありませんでした。

http://www.shinrankai.or.jp/b/shinsyu/infoshinsyu/qa0403.htm
http://www.shinrankai.or.jp/b/shinsyu/infoshinsyu/qa0404.htm
http://shinranshonin.hp.infoseek.co.jp/naze06.html

etc.

 もしも清森さんがこの言葉の典拠をご存じでしたら、教えていただきたいと思います。というか、本当にこの言葉は蓮如上人の言葉なのでしょうか?



【回答】


 私も、このお歌については、以前から探しているのですが、どの本を読んでも載っていないようです。

『真宗聖教全書』という本には、伝説と言われるようなものも総て掲載されており、蓮如上人のお歌も多数収録されているのですが、それにも見当たりませんでした。(割と有名な本です)

 本願寺司教の方にも確認しましたが、ご存知ないようでした。お聖教には無いようです。

 現時点では、まったく分からないとしか、言いようがありません。

スポンサーサイト

COMMENTS

No title

何げなく検索してみましたら、こんなところがありました。

http://shofukuji.net/3-25dajo4.htm

http://www.rinnou.net/cont_04/myoshin/2003-11b.html

こちらに「花園法皇御製」とありますが、この人が作ったということでしょうか。よく分かりません。
とりあえずお知らせします。臨済宗のようですが…

No title

>こちらに「花園法皇御製」とありますが、

これをパクって高森会長が捏造したのでわ?

親鸞学徒の使命

昨日の教学講義にて高森会長先生はおっしゃいました。

「使える物は何でも使う」と親鸞学徒は心掛けなければならない。
大宇宙の全ての物は、真実を伝える為に存在する。
と。
ですから、何ら問題ありません。

ありがとうございました!

>清森さん
お忙しい所ありがとうございました!
清森さんが取り上げてくださったおかげで、hさんの書き込みがいただけて、結論が出ました。
「言った」ことは「言った」、「言ってない」ことは「言ってない」、
当たり前のことを当たり前に伝えていくことが、まずは大切だなと思う今日この頃です。


>hさん
ありがとうございます!
おかげで、結論が出たようです。


>かんさん

>>こちらに「花園法皇御製」とありますが、
>これをパクって高森会長が捏造したのでわ?

同感です。


>ある人曰わくさん
ありがとうございます!
捏造でもパクリでも平気でおこない、さらにはそれを正当化して居直る「高森会長先生」の基本的姿勢が、おかげでよくわかりました。

「高森会長先生」がそういう方と知った上で従う方は、そうすればいいと思います。
逆にそのような方には従えない方は、従わなければいいと思います。

ただ、そういうことです。

法を説く者の姿勢は?

確かに、仏法は 大切な 教えだが、説いていれば いいのか。

一般の人々は、どうしても その人と なりをみるのではないだろうか。 


事実 教えは よく わからないが、 説く人の 徳にひかれて 求道し始めた者も多い。


真実を説くためなら、なにをしても良い!  のか?

しかし、あまりに、ずさんな いいかげんな 実態は、一般の常識人には 

とても 受け入れられる状況では ないのは 明らか。

いろんな意見を 反面教師と するのか? それとも 悪魔の声と するのか?

親鸞会。高森先生の器量や度量が 試されているときでしょう。

恥の上塗りとは 逆な 反省と覚悟、責任ある態度を 明らかにされるチャンスでも

あると思いますよ







COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。