スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

質疑応答151

【質問】


 親鸞会教義の相対化72・73で紹介いただいた蓮如上人の言葉は、親鸞会ではあまり聞く機会のない言葉が多く、正直非常に驚きました。また、親鸞会で出している「百ヶ条」に含まれていないものも多かったと思います。

 私は「百ヶ条」を選ぶに際して、非常に恣意的な操作があったのではないかと思ってしまいます。恣意的な操作を行った文献で構築 された「蓮如上人の教え」は、もはや「蓮如上人の教え」ではなく、恣意的な操作を行った人物個人のドグマ以外の何物でもないと思います。

 これに関して、清森先生がどのように思っておられるかお聞かせください。



【回答】

 私は、「百ヶ条」に限らず、高森先生の教えの全てに、同様の問題が含まれているのではないかと思います。

 高森先生の教えには、「全人類は死んだら無間地獄だぞ。堕ちたくなければ、全てを犠牲にして富山に聞きに来なさい、人を誘いなさい、お金を出しなさい」という方向性があり、それを信じさせるに都合の良い言葉だけをピックアップして教えられているように感じます。

 しかし、仏教は、このような方向性で教えられていません。

 龍樹菩薩は十住論の調伏心品に、『説法の中で、地獄の諸苦を説く時、このような苦しみを早くすべて尽くして、浄土に往生することが、わが身の利益であると説く人がいるが、これは、魔が説教者に化けているのであって、魔事である』と書かれています。

 現に、経典のどこを探しても「一切衆生 必堕無間」とは教えられていませんし、親鸞聖人も仰っていません。仏教では、地獄に堕ちる恐怖を原動力として、仏法を求めるような説き方はされないのです。

 また、法施、財施の功徳は説かれていますが、地獄に堕ちたくないからするものではありません。方向性が全く違います。

 それが、私が最も疑問に思うことです。

スポンサーサイト

COMMENTS

No title

お忙しい中、ご回答頂きありがとうございました。
私見ですが、「親鸞会が絶対」という枠組みの解体はほぼ完了しましたので、
今後は、具体的にどのように阿弥陀仏の本願を説いていくか?
実際にどのような実践を勧めていくべきか?
そういう問題に関して、親鸞会で説かれているものを一切前提にしないで、
清森先生や、パネラーの元親鸞会講師部員さんや浄土宗僧侶の方、
コメント覧に投稿されている、おうさんや元自称福徳会員さんなどで、
一から煮詰めていくような流れがいいのではないかと勝手に考えております。

もう、親鸞会教義のおかしい部分が出てきても誰も驚きませんしねw

今後ともよろしくお願いします。

No title

歎異抄の本も10条の解説で終わりなのはどうしてなんでしょう。

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。