スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

質疑応答157

【質問】



『親鸞聖人御遺言法語』には、たとえば祖師の言葉としてこんなのがあります。
------------------------------------------------
念仏の外に信心ということのありと思召し候はん人人は、仏祖の御罰なりと知せ
玉うべし。
------------------------------------------------

親鸞聖人の思想からその表現として「仏祖の御罰」はないだろうと思われます。

ところで、『蓮如上人御一代聞書』にはこんな表現があります。
------------------------------------------------
たれの輩も、われはわろきとおもふもの、一人としてもあるべからず。こ
れしかしながら聖人(親鸞)の御罰をかうぶりたるすがたなり。
------------------------------------------------

------------------------------------------------
仏法には無我と仰せられ候ふ。われと思ふことはいささかあるまじきこと
なり。われはわろしとおもふ人なし、これ聖人(親鸞)の御罰なりと、御詞候
ふ。
------------------------------------------------

------------------------------------------------
おなじく仰せにいはく、聖人(親鸞)の御影を申すは大事のことなり。昔
は御本尊よりほかは御座なきことなり。信なくはかならず御罰を蒙るべきよし
仰せられ候ふ。
------------------------------------------------

蓮如上人の思想からは「御罰」という表現が出てきますので、こういうことからすると、蓮如上人の死後以降に作られた贋作のように思われますがいかがおもわれますか?



【回答】


 御遺言鈔は、もともと親鸞聖人の著作ではありませんので、聖人の仰らなかったことが書かれている可能性は否定できないと思います。

 個人的には、親鸞聖人の他のお聖教から推察しても、「仏祖の御罰」とは仰らなかったように思います。

 成立時期については、何とも言えませんが、この一件だけで蓮如上人以降と断定することは出来ませんので、真偽についても、分からないとしか言いようがありません。

スポンサーサイト

COMMENTS

教学講義にて

いつもありがとうございます。 新参者で元会員です。
どうかよろしくお願いします。

たしかアニメの第二部が出たあたりの教学講義で「仏罰があたる」ということを高森師が言っていました。どういう条件でその「仏罰が当たる」のかは忘れてしまいましたが、正直そのときは疑問でした。その次の御法話でもそんなお話があったと思います。

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。