スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

質疑応答158

【質問】


 先日、他の支部ですが、学生部のときの同じ大学の同期で、まだ会員さんの人とメールで連絡がとれまして、状況を聞いてみたところ、うつ病になって、休職しているそうです。

 その担当の講師から、誘いや訪問、アポなしの訪問もたまにあるそうで居留守を使っているそうです。

 そこで、少しお聞きしたいのですが、うつ病の人に仏法を聞いてもらうと調子が良くなるものなのでしょうか。



【回答】


 結論から言えば、そう考えて良いと思います。

 仏法を聞くということは、光明に照らされるということであり、阿弥陀仏の本願に誓われている33願の、触光柔軟の願によって、心も体も癒されます。

 ですから、仏法には、心の病に良い効果があると考えてよいと思います。

 ところが、親鸞会に入会して、精神的に病んでしまったという話を、多く聞いています。

 なぜ、こんなに精神が病んでしまう人が多いのだろうか、と驚いております。

 もし、親鸞会が本当に真実の仏法を説いているならば、このような実情にはならないはずです。

 そういう点から考えても、親鸞会は、真実の仏教を説いている集まり、と言って良いのかどうか、疑問です。

スポンサーサイト

COMMENTS

うつ病になりやすい人=人生を考える人=内向的な人=仏教を聞きやすい、というのもあるかも。
一概には言えませんが。

No title

 うつ病になりやすい人が、仏教を聞きやすいという面はあるかも知れません。

 しかし、親鸞会仏教は、うつ病になりやすい人が、ならずに済んだという効果は少なく、親鸞会の活動が悪影響して、うつ病を誘発してしまった効果の方が大きいように思います。

 私の知りあいも、親鸞会でうつ病を発生しましたが、私から見ると、講師の接し方に大きな問題があったように思います。

No title

ところでうつ病や精神病の人に、清森問答を見せたりしたら調子よくなるのかな。調子よくよならなかったら、仏法ではないんだろうね。
うつの人が清森さんの話聞くと調子よくなるのかね。ならなかったら、
真実の仏法ではないんだろうな。

「33願の、触光柔軟の願によって、心も体も癒されます。
ですから、仏法には、心の病に良い効果があると考えてよいと思います。」

そんな解釈は始めて聞くけどね。まあ、清森教か。

それにしても、清森さんとか、嶋ちゃんの文章読んでると、心が穏やかになっているように思えないんだけど。親鸞会に激しい執着があるようにしかみえないけど。そういう執着はやわらがないのだろうかと思う。
その執着している自分をもう少し知識から聞かせて頂いた方がいいよ。

No title

印象操作はどうでもいいんだけど、教義が清森問答で論破されちゃったのは
親鸞会としては致命的だね。
人格攻撃に作戦移行して、会員減少に歯止めをかけたいらしいけど、
それは問題の枝葉末節にすぎないよね。
親鸞会の人はパラノイアの人が多そう。生活や保身のためにあらゆる
手段を正当化して、異常なことでも平気でやる。
側で見ていて気持ち悪いんだよね。
親鸞会の人といると仏法が汚く見える。
何が”とおとい”だよ。ばかみたい。

No title

>「33願の、触光柔軟の願によって、心も体も癒されます。
ですから、仏法には、心の病に良い効果があると考えてよいと思います。」

そんな解釈は始めて聞くけどね。まあ、清森教か。


「18願にある、『若不生者不取正覚』の『生』の意味は、
この世、信楽(絶対の幸せ)に生まれさせる、という意味です。」

そんな解釈は始めて聞くけどね。まあ、高森教か。

No title

>親鸞会の人はパラノイアの人が多そう。生活や保身のためにあらゆる
>手段を正当化して、異常なことでも平気でやる。
>側で見ていて気持ち悪いんだよね。
>親鸞会の人といると仏法が汚く見える。
>何が”とおとい”だよ。ばかみたい。

清森シンパの方はなんで、自分の印象操作と人格攻撃には、
気がつかないのかね。
なにが印象操作、人格攻撃だよ。ばかみたい。

>「18願にある、『若不生者不取正覚』の『生』の意味は、
>この世、信楽(絶対の幸せ)に生まれさせる、という意味です。」
>そんな解釈は始めて聞くけどね。まあ、高森教か。

オウム返しする人いると思ったよ。
そうだね。

清森シンパのみなさま。
うつ病の人に、どんどん清森問答を読ませて調子よくなってもらうといい。
調子悪くなったら、仏法ではないんだろうな。
仏法のはずだから、みんな調子良くなるだろう。
尊い問答だ。

まあ、多分、最悪の調子になるだろうけど。

No title

一概には言えませんが、親鸞会にいる時よりは調子よくなれそうな気がします。

No title

うつ病経験者です。うつ病は、悩み、といった精神的なものを通り越して、体、つまり脳が異常になって心身に変調をきたすものです。悩みのひどいもの、というレベルではありません。ですから、まず、薬物と休養による適切な治療で、心身の回復を図ることが第一です。状態の悪い時には仏法も入っていきません。
正しい治療により、必ず治る病気ですが、時間がかかる場合が多いです。
私の場合は回復して上向きになってきたところで仏法とご縁があり、大変良かったです。
それでも、体力も精神力も格段に落ちているので、聴聞などは大変疲れ、無理はできませんでした。
うつ病の人に話をされる場合は、まず、適切な治療を勧めて回復を待ち、相手の状態をよく見て話していただきたいと思います。

No title

仏教を聞くのがうつ病に良いというのは、A橋さんが会内のある講座で言ったこと。
清森氏は、それを受け売りしたのだろう。
33願というのは、おそらく後付け。

しかしA橋さんは、何でこんなこと言ったのかね。
親鸞会でうつ病が続出していると思えるが…

No title

触光柔軟の願

http://www2.big.or.jp/~yba/teach/hongan33.html

信後の人のことじゃないの?

ヘンテコな解釈。

No title

「十方無量不可思議の諸仏世界の衆生の類」だから、信後限定では無いでしょう。

No title

>>ところでうつ病や精神病の人に、清森問答を見せたりしたら調子よくなる
>>のかな。調子よくよならなかったら、仏法ではないんだろうね。
>>うつの人が清森さんの話聞くと調子よくなるのかね。ならなかったら、
>>真実の仏法ではないんだろうな。

調子がよくなるかどうかはうつ病の程度によるでしょうが、
悪くなることはないでしょうな。

No title

>>ところでうつ病や精神病の人に、清森問答を見せたりしたら調子よくなる
>>のかな。調子よくよならなかったら、仏法ではないんだろうね。
>>うつの人が清森さんの話聞くと調子よくなるのかね。ならなかったら、
>>真実の仏法ではないんだろうな。

こんな書き方してるやつがまともに話そうとしているとは到底思えない。
相手するだけ無駄だよ。

うつ病の人に精進をすすめた仏典をとりだしてきて
もっと働け、もっと金出せ(布施しろ)って脅迫じみた説教しては
いくらすばらしい教えでも病状は悪くなるに決まっているだろ。
こういう具体的な話題に踏み込まず、抽象的に仏法は鬱病にもきくと
楽観的に書いてる清森氏もどうかと思うが、
きちんとつっこみいれずに、清森氏のブログを見れば元気になるんですか?
ならなかったら仏法ではないんですね、なんて
くだくだくだらねえ揚げ足取りして喜んでいるやつは頭がおかしいとしか思えん。
バカじゃねえの?
普通の感覚なら誰もがこう思うよ。
(人格攻撃とかではなく、これは適切な指摘です。ほんと)

で、こいつはこのブログにつきまとって荒しをつづけてるかっていうと
あきらかに 清森氏にうらみがあるから、としか思えねえわな。
ということは普通に考えて親鸞会関係者って誰もが思うわな
悪名高い親鸞会のネット対策員で誰もが思うわ

No title

怒っちゃった。
仏法聞いて心を癒した方がいいよ。

No title

いつも仏法を聞いているはずの親鸞会講師方が非常に怒りっぽいことから、
仏法を聞いても心は癒されないんですよね。

あっ、間違えた。
親鸞会講師方が普段聞いているお話は仏法ではなくて高森教でしたよね。
私は親鸞会を辞めてから、心が穏やかになったように思います。

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。