スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

質疑応答163

【質問】


随分以前に、投稿として、「高森先生は還相廻向の正しい信心の方である」

との仮説を送らせていただいた者です。

あの時から、私も自分なりに仏法、真宗を勉強しまして、

最近は、高森先生は信心決定していないのではないか、と思うようになりました。

清森様はその点どのようにお考えでしょうか?

よろしくおねがいします。



【回答】


 最近、高森先生が信心決定されているかどうか、問題にする意味がないような気がしてきました。

 親鸞会では、「あの人は獲信している」と言ってはならない、と徹底しているわけですから、「高森先生は獲信されている」と言うことも禁止のはずです。

 親鸞会の人でさえ言わないことを、私たちが問題にする必要は無いように思います。

スポンサーサイト

COMMENTS

No title

針と糸のたとえをもちだして、
「知識が18願の世界に出ていなければ、同行を導く事はできない」と教えていたやん。
「18願の世界に出ている知識」は顕徹君で、「未信の知識」は本願寺のボーさんだ!と言いたいんじゃないのか?

No title

清森様

なぜ、一般人として親鸞聖人の教えを求める私が、カルト集団のインチキ教義に従わなければならないのですか?
大変失礼ですが、この清森様のご回答には、満足できません。

「親鸞会でさえ言わないのだから・・・」というのは、
「邪教のものでさえ・・・」という論法を使っている高森先生と同じです。

No title

私は親鸞会自体がどうでもいいというか、自分の生活のなかで関わりがないのであまり気にならなくなりました。今の自分にとって一つのプロセスと考えると、そういう意味では必要だったのかなと思います。
以前は親鸞会は仏法ではないとか、懲らしめてやりたいと思いましたが、因果の道理が正しいのでそんなことをする必要が無いことが分かりました。むしろそんなエネルギーが
あるのだったら、自分のためや家族や友人にとって有益なことをやったほうがいいとおもうようになりました。

No title

質問者さま


>なぜ、一般人として親鸞聖人の教えを求める私が、カルト集団のインチキ教義に従わなければならないのですか?

私は清森さんがどういう意味で書かれたか知りませんが、問題にする意味がないという点は同感です。

貴方は、何を根拠に「高森先生は信心決定している」と言われるのですか?
それこそ、カルト集団のインチキ教義ではありませんか?

一般人として親鸞聖人の教えを求める人は、高森氏の信心をあれこれ問題にしません。そんなことを問題にしているのは、まだカルト教義に染まっている証拠だと思います。

No title

いえ、質問で書いたように私の意見は、

>最近は、高森先生は信心決定していないのではないか、と思うようになりました。

というとおり、(親鸞会の会員のように)高森先生は信心決定していると別に信じてませんし、
そう信じられる根拠もありません。
むしろ高森先生が救われているという根拠があるなら教えてほしいです。
だからこそ、信心決定していないのではないかと思うようになったのです。

No title

>以前は親鸞会は仏法ではないとか、懲らしめてやりたいと思いましたが、因果の道理が正しいのでそんなことをする必要が無いことが分かりました。むしろそんなエネルギーがあるのだったら、自分のためや家族や友人にとって有益なことをやったほうがいいとおもうようになりました。

「退会者」さんの上記コメントに同感です。
自分の、心をくだくことや行動が何につながるか、私も大切にしていきたいと思っています。

仏教は仏となる教え。
いろんなことに迷ったら、「自分は仏となることに近づいているのだろうか?」
と自分の心・行動を見つめることが大切ではないでしょうか?

仏の徳は数限りなく教えられますが、凡夫からまず見えてくるのは、『とらわれがない』(執着が廃る)ことと『自覚』(自分が何者なのか、なにを考えているのか、その考えがどこへ連れて行っているのか などが分かること)と思います。

自分が仏に近づいているのなら、その教えは「その時」、自分に大切なモノなのでしょう。そうでない教えならば、その教えを選び取ることはしないのでしょう。
相手の教えに疑問が出てきて、「指導力・説法内容に対して責めたい気持ち」が出てくるのなら、自分の不安・考えを相手に押し付ける気持ちですから、自分の心は仏から遠ざかっているので、教えの「正・邪」以前に、自分の心を軌道修正するための何かが必要なときなのでしょう。

No title

質問者さま


>むしろ高森先生が救われているという根拠があるなら教えてほしいです。
>だからこそ、信心決定していないのではないかと思うようになったのです。

高森氏が救われているという根拠もなく、信心決定しているとも思っていないなら、なぜ高森氏の信心を問題にする必要があるのですが。

麻生首相は信心決定していると思うか、というのと同じレベルの質問ですよ。

そんなことを問題にしているから、まだカルトに染まっていると書いたのです。

No title

自らが仏法を求める為には、自分ひとりで求める事は難しいです。
そこで、善知識が必要になります。
そのときに大事なのが、「知識えらび」です。

親鸞会では、「高森先生は一念の体験(信心決定)と深い教学をそなえた無二の善知識」と教えられています。

私が知識えらびをするときに、上記のことが真実かどうか、判断材料にするため、この質問をさせていただきました。だから高森先生の信心を問題としているのです。

別に固執してるわけではありません。信心がないならないで、それでいいのです。

No title

質問者さま


>親鸞会では、「高森先生は一念の体験(信心決定)と深い教学をそなえた無二の善知識」と教えられています。


つまり、あなたは自分で高森氏の力量を見抜いた上で、善知識(かも知れない)と判断していたのではなく、
親鸞会の講師や先輩から、「高森先生は信心決定された方だ」と教えられたから、そう思ったということですね。

そうでなければ、こんな書き方はしないでしょう。

しかし、今ごろ、講師や先輩達は、「高森先生は信心決定されている、と言ったのは間違いでした。撤回します」とお詫びに回っているはずです。

そうでなければおかしい。
顕正新聞にまで、そんなことを言ってはならないと書いてあるのだから。


そういうことから考えても、「高森先生は一念の体験(信心決定)と深い教学をそなえた無二の善知識」というのは、「カルト集団のインチキ教義」に過ぎません。

あなたは「カルト集団のインチキ教義」には従わないと仰ったのではありませんか?

No title

私は、高森先生は信心決定されていると思いますが、その教えは明らかに間違っていると思います。信心決定した人でも、うそもつくし、欲に負けて違うことを教える人もいると思います。「善知識は体験と教学をそなえた人」だと思いますが、高森先生は善知識ではありません。

No title

 ようするに、このひとは、親鸞会をカルト呼ばわりしている時点で、高森会長を善知識と思ってないわけ。なんのために質問したんだろ。

No title

清森先生の意見に賛成。個人的に言わせてもらうと高森氏が信心頂いていようが、頂いていまいが、自分の信心に全くもって変わりはない。どーでもいいです。
ただ、未だに高森氏を善知識と仰ぎ、求道しておられる方はとても可哀想です。何でかって?「聞というは衆生、仏願の生起本末を聞きて疑心有ること無し」だからです。南無阿弥陀仏。

本願の解釈もまともにできない

心の中の信心は、当人と阿弥陀仏にしかわからぬこと。
どこまでいっても憶測の域を出ない議論など、時間と労力の無駄。

だいたい、本願の解釈もまともにできず、自分の言葉で信心を語れない。
厚顔無恥に己のドグマを親鸞聖人の教えと詐称する。
そんな輩の信心に関して、何を論ぜよと言うのだ?


せいぜい、伊藤・大沼両師のパクりで信心を語った部分を挙げて、晒しものにするのが関の山であろう。

No title

私も高森先生は信心決定されていると思いますが(もちろん阿弥陀仏と本人しか分からぬ事)、信心とその人の才覚とは関係ないのですから、自分の言葉で語るだけの技量をお持ちでなかったというだけだと思います。人格的に立派な人だけが信心決定できるわけでないし、信心決定したからといって、立派になるわけでない。そもそも善知識って「一心一向に弥陀に帰命したてまつるべし」と勧める人なんだから、それを勧めている人は善知識ではないですか。善知識に救われるのではなく、向かうべきは阿弥陀仏ですから。どこかの所属の代表であるとか、そういう人前で説法するような人でなくても、導いておられる方はあります。真実信心の方は、常行大悲の益で、お伝えせずにおれなくなるのですから。命がけで自分にとっての善知識を探してください。それには真実信心の方でなくてはなりませんから(秘事なんてもっての他)、よくよく真実信心とはどういうものか、勉強しないといけないと思いますけれども。

とりあえず親鸞会からは離れるべきでは?

「私も」と言うことだが、同意見の人が他に誰かいたか?

それはともかく、人(善知識も含む)の信心について語ることを禁じられた組織からは、
とりあえず脱出した方がよいということで良ろしいか?

No title

kiさんのコメント理解しました。

今後は信心ではなく、説いている教えによって知識を判断します。

丁寧にありがとうございます。

No title

>清森問答
>仏教(浄土真宗)に関する質問にお答えしています。

といいながら人の悪口だけ。

中途半端な聞き方だからそうなるんです。
これを聞き損ないといいます。

観念の遊戯でなく、もう少し自分の人生と照らし合わせて聞いてみたら
如何ですか。

あなた方は軽い気持ちで書いているでしょうが、
大変な分岐点ですよ。

No title

親鸞会も大変な分岐点です。

教えを組織の為に捻じ曲げてきた大罪を受ける時が来ます。

No title

悪口に気分を害する方にも、組織への憎悪を募らせている方にも、等しく阿弥陀仏の本願はかかっています。

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。