スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

親鸞会教義の相対化・76(投稿)

親鸞会教義の相対化・76(投稿)



 先日の質疑応答164の内容は、清森さんが親鸞会教義を相対化
した上で述べられた、非常に納得のいく優れたものであると思いました。

 これに関連して、所謂「信行両座の法論」について考察したこと
がありましたで紹介させて頂きます。

 ▽ ▽ ▽

 所謂「信行両座の法論」について論じる上でとても大切なの
は、 法然上人はもちろんですが、親鸞聖人に関しても、

★信心と念仏を切り離して考えるということはありえない。

ということが、とても重要なポイントになると思います。

 名号を聞くといえども、これを信ぜずば、これを聞かざるがごとし。
 これを信ずといえども、これを唱えずば、これを信ぜざるがごとし。
 ただつねに念仏すべし。
(「四巻伝」三、「九巻伝」二)

 一念十念に往生をすといへばとて、念佛を疎相に申すは、
 信が行をさまたぐるなり。
 信をば一念にむまると信じ、行をば一形にはげむべし。
 又一念を不定におもふは、行が信をさまたぐるなり。
 信をば一念にむまると信じ、行をば一形にはげむべし。
 又一念を不定に思ふは、念々の念佛ごとに不信の念佛になるなり。
 其故は、阿彌陀佛は、一念に一度の往生をあておき給へる願なれば、
 念ごとに往生の業となるなり。
(「勅伝」21、「つねに仰せられける御詞」)

これらは法然上人の言葉ですが、「念仏だけ」とか「信心だけ」と
いう発想はなくて、必ず「本願を信じて念仏を申す」というのが
セットになっています。

そして、上記の法然上人の教えを受けている親鸞聖人ですからお手
紙の中で、

 弥陀の本願と申すは、名号をとなへんものをば極楽へ迎へんと誓
はせたまひたるを、
 ふかく信じてとなふるがめでたきことにて候ふなり。
 信心ありとも、名号をとなへざらんは詮なく候ふ。
 また一向名号をとなふとも、信心あさくは往生しがたく候ふ。
 されば、念仏往生とふかく信じて、しかも名号をとなへんずるは、
 疑なき報土の往生にてあるべく候ふなり。
 詮ずるところ、名号をとなふといふとも、他力本願を信ぜざらん
は辺地に生るべし。
 本願他力をふかく信ぜんともがらは、なにごとにかは辺地の往生
にて候ふべき。
 このやうをよくよく御こころえ候うて御念仏候ふべし。
『親鸞聖人御消息』

とお答えになられていて、「本願を信じて念仏申す」がきちんと
セットになっています。

これは親鸞聖人の主著『教行信証』においても同様で、

 まことに知んぬ、至心・信楽・欲生、その言異なりといへども、
 その意これ一つなり。なにをもつてのゆえに、
 三心すでに疑蓋雑はることなし、ゆゑに真実の一心なり。
 これを金剛の真心と名づく。金剛の真心、これを真実の信心と名づく。
(『教行信証』信巻)

というように、疑う心のまったく混ざらないのが、 「真実の
一心」=「金剛の信心」=「真実の信心」であるとした上で、

 真実の信心はかならず名号を具す。
 名号はかならずしも願力の信心を具せざるなり。

と述べて、必ずその「真実の信心」に 「名号(=念仏)」が
伴っていることが明らかになっています。


 だから、この「信行両座の法論」を「信心 vs 念仏」と捉え
て、 あたかも「信心だけが大切」で、「念仏が不要」である
かのように、 位置づけてしまうような「解釈」が問題なわけで、
上記の法然上人や親鸞聖人の教えに抵触しない範囲の解釈を、
覚如上人の言葉にも行うことが必要なのではないかと私は思います。


 そして、この法論を「信心 vs 念仏」としない解釈として
考えられるのは、 「どのタイミングで阿弥陀仏の救いを得る
か?」という解釈であり、

 例えば『歎異抄』の第一条の、

 弥陀の誓願不思議にたすけられまゐらせて、往生をばとぐるなり
と信じて念仏申さんとおもひたつこころのおこるとき、すなはち摂
取不捨の利益にあづけしめたまふなり。

を見ると、「往生をばとぐるなりと信じて念仏申さんとおもひたつ
こころのおこるとき」に、 阿弥陀仏の「摂取不捨の利益」を
受けるとあるわけですが、

これはつまり、

「往生をばとぐるなりと信じて念仏申さんとおもひたつこころの
おこるとき」

の時点で阿弥陀仏の本願を信じて念仏申す人になったわけで、
この瞬間に信心決定した人となり、間違いなく極楽浄土に往生する
人になるということです。

 もちろん「念仏申さんとおもひたつこころのおこる」わけですから、
この後にこの人は、まもなくお念仏を申すわけですが、 その
最初の一声が出る前に、地球が滅びるとか何かアクシデントがあっ
たとしても、この人は阿弥陀仏の本願を信じて念仏申す人になって
いて、間違いなく極楽浄土に往生できるわけです。

 その阿弥陀仏の摂取を受ける瞬間が「念仏申さんとおもひたつこ
ころのおこるとき」か、その後に出される一声の念仏の後かという
問題が、 この「信行両座の法論」で問題になるべきポイント
であると、解釈すべきなのではないかと私は思います。

 そうでなければ、覚如上人が法然上人や親鸞聖人の教えから切り
離された存在になってしまいます。

 その証拠に、覚如上人の『口伝鈔』には、

一 一念にてたりぬとしりて、多念をはげむべしといふ事。
 このこと、多念も一念もともに本願の文なり。いはゆる、「上尽
一形下至一念」(礼讃・意)と等釈せらる、これその文なり。しか
れども、「下至一念」は本願をたもつ往生決定の時剋なり、「上尽
一形」は往生即得のうへの仏恩報謝のつとめなり。そのこころ、経
釈顕然なるを、一念も多念もともに往生のための正因たるやうにこ
ころえみだす条、すこぶる経釈に違せるものか。さればいくたびも
先達よりうけたまはり伝へしがごとくに、他力の信をば一念に即得
往生ととりさだめて、そのときいのちをはらざらん機は、いのちあ
らんほどは念仏すべし。これすなはち「上尽一形」の釈にかなへり。

という記述があり、信心を得た上で、生涯(一形)にわたって念仏
に励むことをお勧めになられているわけですから、 決して「信心
vs 念仏」と対立的に捉えるべきではないと思います。


 なお、法然上人門下で行の座に入った人がほとんで、法然上人門
下に正しい信心の方がいなかったというのは、 「歴史的事
実」というよりは、親鸞聖人を正統に据える「文化」内で作られた
伝承であると考えるべきであると思います。

 これを「歴史的事実」あるかのように振りかざし、親鸞聖人の流
れにない「文化」を見下すような態度は、
学問的にも全く不当なものであり、何より法然上人や親鸞聖人の姿
勢からはあまりにもかけ離れた態度であると思います。

 以上、いろんなことを書きましたので、結論を簡潔にまとめてお
きます。

1.信行両座の法論を歴史的事実として位置付けるのは、学問的には
無理がある。あくまでもそれを通して伝えようとしている「教え」
を受け取るための教材とするべきである。
2.法然上人にも親鸞聖人にも、信心と念仏を切り離して考える発想
はない。どちらも大事である。
3.覚如上人も信心の大切さを強調しているが、念仏を否定すること
はなく、生涯に渡って念仏申すことを説いている。
4.以上を踏まえて考えると、信行両座の法論を「信心vs念
仏」のように、信心と念仏を切り離して解釈するのは、その「解
釈」が問題なのであり、切り離さない「解釈」を行うべきである。
5.時間軸上に配置すると、「念仏申さんと思いたつ心」=信心が起
きた時に、阿弥陀仏の救いがあり、その後に念仏申すことになる
が、信行両座の法論は、その時間軸上のポイントを論じた法論であ
ると解釈すべきである。

 △ △ △


 親鸞会の称名不要論は、「とりあえず念仏申せばいい」という考
えを否定するために言ったことが固定化されたドグマであり、信心
正因を強調する覚如上人・蓮如上人の著書にも絶対に見られないも
のであると思います。


追記

 以前、相対化・2で取り上げた、『法戦』2巻2章で高森先生と
対決されていた方の「信行両座の法論」の解釈は、私の解釈の解釈
とほぼ同じものであると思います。

 「行一念」「信一念」のツメが甘かったため門前払いとなりまし
たが、親鸞会教義の問題点を非常に適切に指摘したものであり、再
評価されるべきものであると思います。
スポンサーサイト

COMMENTS

フライング?お年玉?http://blog.goo.ne.jp/furins/

No title

このブログを拝見していますと、
心の掛かっている文章が、極めて少ない。

「私の理解では」、「私の解釈では」と、頭を使ってばかり。

心の不審は晴れているのか?
苦しみは、解決していっているのか?
心は浄土に遊んでいるのか?

講釈や批判や問答を繰り返して、浄土に至れるのか?
そもそも、それで浄土に至れると考えているのか?

自分の心を掘り下げていかない限り、進まないし、迷うばかり。
あなたは、今、幸せなのか?

善知識から対機説法を受け、徹底的に不審を晴らすことに、
すべての人が取り組んで欲しい。
対機説法とは、直接あい対して、不審に思うことを質問して回答頂くことです。

No title

↑の方へ

貴方は華光会の方ですか?

一発逆転ホームランで信心獲得はできませんよ。

極めて異安心の方が多いと推察しています。


No title

一会員さんへ

なぜ、
「一発逆転ホームランで信心獲得はできませんよ。 」
と言われるのですか?

あなたは批判したいのですか?
自己を誇りたいのですか?

何かしら糸口をつかみたいとは思わないのですか?
批判や自己肯定で、こころ休まりますか?

何かしら、引っかかる人あれば、との思いで書いてます。

ご返信差し上げます。
一発逆転ホームランで信心獲得できるとは全く思っておりません。
人は、心を掘り下げることのみで、転回できると思ってます。

自由で自在を手にされた方であったのであれば、
大変失礼しました。
これを読んで、感じるところある方あれば、うれしいです。

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。