スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

質疑応答165

【質問】


「さよなら親鸞会」というサイトのコメント欄に「ユーチューブで親鸞会をやめる者には一千万円の違約金を課す」という情報が書き込んでありました。
この話は事実でしょうか?携帯しかないのでユーチューブで確認する事ができません。事実ならば誰が誰に対して、このような発言をされたのでしょうか?
コメント欄にも書き込んで質問したのですが、清森さんなら詳しい事情をご存じではないかと思いメールさせて頂きました。
お忙しいとは思いますが、事実であれば余りにも理不尽な発言だと思い質問させて頂きました。
ちなみに私は今年いろいろ親鸞会に不審があり辞めさせて頂いた元会員です。突然のメールで恐縮ですが、お答え頂ければ幸いです。
もし、この話が事実であるならば、問題発言だと思うので清森問答でも取り上げて頂きたいと思います。年末でお忙しいとは思いますがよろしくお願いします。



【回答】


 ユーチューブで、直接、聞いてみましたが、講師部の会合を誰かが録音したもののようでした。

 その中で、以下の内容が発表されています。これは講師部に対するものであって、会員に対するものではありません。

_________________________________________________________________

私は生涯講師部の道を貫きます。

私は講師部員として知り得た情報は一切漏洩いたしません。

私はやむを得ない理由で退く時は必ず2ヶ月前に御承認を得てからにいたします。

私は退部する時は違約金1000万円を納入します。

私は如何なる場合でも親鸞会の和合を乱す言動はいたしません。

上記誓約は自主的なものであって強要されたものではありません。
違約した場合はいかなる処罰も受けます。
_________________________________________________________________


 この内容は、まだ案の段階のようですが、講師部員が、親鸞会に対して、講師部を退部する際には、一千万円の違約金を払うという誓約のようです。

 おそらく、この誓約書は高森先生の指示で作成されたものだと思われます。講師部時代、私も過去に多くの誓約書を書いてきましたが、高森先生の知らないところで作られた誓約書は一つもありませんでした。

 会合の中では、吉村総長が、誓約書を作成された高森先生の御心を説明し、渡部さん、児玉さんが意見を述べられているようです。

 3人とも、よく知っていますが、御本人の声と考えて間違いないと思います。

 
スポンサーサイト

COMMENTS

電話で親鸞会館に問い合わせるのも、講師の方を守る一つの手段かもしれませんよ。危険なので非通知・匿名でお願いします。

No title

ネット上の動画が、浄土真宗親鸞会により、著作権侵害で削除されましたので、この動画は親鸞会の著作物ということです。

親鸞会の著作物という事は、一千万円の違約金の話は捏造ではなく「事実」だと言う事ですね。

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。