スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

質疑応答169

【質問】


 二河白道についての質問です。
 三定死について、親鸞会の高森先生は行者が一進一退しながら白道を進んでいると、火の河と水の河の波がいよいよ荒れ狂い、これ以上前にも進めない、後退もできな い、止まることもできない、その時が三定死と解釈されています。
 これに対して本願寺では白道に一歩、足を踏み出す時は、すでに弥陀の呼び声が届いたときで、したがって三定死は此岸にいる時と教えています。

 二河白道の三定死について親鸞会と本願寺、どちらが正しい解釈なのか教えて頂きたいと思います。



【回答】


 原文を読めば分かられると思いますが、弥陀の呼び声を聞いてから、白道を進むと描かれています。ですから三定死は此岸です。


 晩年にお書きなされた愚禿鈔にも、

●「白道」とは、白の言は黒に対す、道の言は路に対す、白とは、すなはちこれ六度万行、定散なり。これすなはち自力小善の路なり。

と仰言っています。

 ここで、親鸞聖人は白道を、「白」と「道」に分けて教えておられます。

・「白」→「黒に対す」=「六度万行、定散」(修善)
・「道」→「路に対す」=「自力小善では無い」(他力)

「道」という字は、「路(自力)」に対して使われていますから、信前ということはありえません。

スポンサーサイト

COMMENTS

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

この質問とは関係ないのですが、親鸞会がクリーニング店を造るという噂は本当でしょうか?

No title

ある幹部からききましたが、多分そうなるだろうとのことでした。なぜなら、現在クリーニング店のことを会員に調査しているからです。サンキューのときも、あんしん弁当のときも会員に調査していました。
スリーピングシーツを借りる金額を宿泊費に上乗せさせて、クリーニング代を他の業者でなく、自分の所へ還流させる目的だそうです。
しかも、クリーニング屋の建設費は、財施ですので、またもや建設費以上に上乗せした財施をするのが目的のようですね。
なりふり構わぬ金集めですね。

金集めに必死になっているようです。

F館も含めて、私は無駄な財施には一切参加しません。世界恐慌で大変なので、という理由を付けて。

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。