スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

質疑応答27

【質問】


 華光会のホームページでは、説法の様子が視聴できるので見てみました。

 比べてみて鮮明になったのは、高森先生が、いかに真仮の水際をハッキリと説かれる方かということでした。

 華光会の話は、どうもハッキリしない、土蔵秘事に類すると言われれば、そうかもしれないと思わざるを得ない感がありました。

 ここまで分かりやすさに違いがあると、先生が華光におられた事がウソのように思えてきます。



【回答】


 誤解の無いように申し上げたいと思いますが、「真仮の水際をハッキリ説く」ことは、信心決定の条件でもありませんし、善知識の条件でもありません。

 釈尊も、七高僧方も、親鸞聖人のように、真仮の水際をハッキリ説いておられません。だから、親鸞聖人が、初めて「真仮の水際をハッキリ説かれた」と言われるのです。

 釈尊、七高僧方の教えは、念仏行を含めて廃悪修善を中心としておられ、親鸞聖人ほど、決勝点は明らかにされていません。それでも、弥陀の救いにあうことは出来ますし、救われるために必要なことは全て納まっているのです。

 しかし、それでは、仮の信心に安住してしまう人もいるでしょう。真仮の水際を知ることは、そのような所に陥らないためには、重要なことだと思います。

 一切経は、99%が方便であり、道程を教えておられます。いずれにせよ、大事なことは、信仰が進む過程であり、「真仮の水際」は、それまでの善知識が明らかにされなかった部分を、親鸞聖人が明らかにされたのであって、教えのメインではありません。

 つまり、それ以外の部分は、釈尊、七高僧方が既に明らかにされているので、解説に多くを費やす必要が無かったのです。ですから、教行信証を拝読するためには、その前提として、釈尊、七高僧の教えを知らなければなりません。

 ところが、現今の親鸞会では、一念の水際ばかりが問題にされ、肝心な、廃悪修善を、具体的に、どう実践すれば良いかについては、重視されていないように思います。

 阿弥陀仏が、19願を立てられた御心を考えても、分かりますように、仏教でいう善とは何か。どのように実践すれば良いのか、ここが一番、大切なのです。しかも、多くの親鸞学徒が間違えています。

「一念の水際」は、今までも聞いてこられたと思いますので、今後は、具体的な善の実践について学ばれることをお勧め致します。

スポンサーサイト

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。