スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

投稿

清森義行様


インターネット上で録音音声が公開されている、
「親鸞会が夜中に脱会者の家に押しかける」動画
(いわゆる「かー○ーたーさーん動画」)
について、最近思うことがありましたので、
投稿させていただきます。

先日、仕事の関係で、金融会社に勤める方と知り合いになりました。
彼女は、主に顧客の借金の返済の支払いを催促したり、集金したりすることを、
仕事にしているそうです。いわゆる取立てです。

その話で盛り上がっていると、実は取り立てにも
ルール、常識があるのだということがわかりました。

たとえば、取立てに訪問する際は、午後9時以降は行ってはなりません。
訪問が法律で禁止されています(※1)

また、大声を上げたり、多人数で訪問することも禁止されています(※1)

そして、訪問者は、「帰ってください」と言われた場合、
退去しなければ刑法130条不退去罪になります(※2)

このようなルールは、あくまで集金の話ですが、
訪問の常識ルールだと思います。

この程度の常識は、
「つねに親鸞学徒の誇りと自覚を持ち、
阿弥陀如来の大慈悲を、胸から胸へ、お伝えする」という方ならば、
最低限持っていてもらいたいと思います。

蛇足:例の動画では、
深夜2時、3時の訪問です。大声を上げて大人数で訪問しています。
か○たさんが帰ってくれと言っても本尊を返すと言うまで帰りません。
この動画が捏造であることを念じてなりません。

(注)
※1「貸金業規制法及び金融庁事務ガイドライン」
(1) 貸金業者又は債権の取立てについて委託を受けた者等が、債務者、保証人等を「威迫」に該当するおそれのある次のような言動を行ってはならない。
① 暴力的な態度をとること
② 大声をあげたり、乱暴な言葉を使ったりすること
③ 多人数で債務者、保証人等の居宅等に押し掛けること
(2) 貸金業者又は債権の取立てについて委託を受けた者等が、債務者、保証人等に対して次のような言動を行ってはならない。
① 正当な理由なく、午後9時から午前8時までの時間帯に、電話をかけ若しくはファックスを送信し又は債務者等の居宅を訪問すること
② 正当な理由なく、勤務先などに電話をかけ若しくは電報を送達し、若しくはファックスを送信し又は訪問すること
(3) 「人の私生活又は業務の平穏を害するような言動」に該当するおそれが大きい次のような言動を行ってはならない。
① 反復継続して、電話をかけ、電報を送達し、電子メールを送信し、若しくはファクシミリ装置を用いて送信し、又は債務者、保証人等の居宅を訪問すること
② 債務者、保証人等の居宅を訪問し、債務者、保証人等から退去を求められたにも関わらず、長時間居座ること

※2「刑法第130条 住居侵入等」
正当な理由がないのに、人の住居若しくは人の看守する邸宅、建造物若しくは艦船に侵入し、又は要求を受けたにもかかわらずこれらの場所から退去しなかった者は、3年以下の懲役又は10万円以下の罰金に処する。
(M講師は3年以下の懲役ですか?)
スポンサーサイト

COMMENTS

清森義行様

私は親鸞会を養護する立場ではありませんが、「貸金業規制法及び金融庁事務ガイドライン」とありますとおり、この投稿がこの度の「かまたさん事件」の批判に適切ではないことは少し考えればわかることです。
正しい浄土真宗の教義を伝えようとされるあなた様の真摯な姿勢を大変尊く思います。
しかし厳選せずに的を射ない批判を紹介することが誰のプラスになりましょうか。
教団批判を行っているサイトは他にもあります。
それらのサイトが担っている役割が不要だとは思いません。
しかし、あなた様がブログを設置された意義や、更新される内容がもし同様の観点だとすれば、親鸞聖人の御教えと素直に受け取ることは出来かねます。
あくまで私個人の思いであります故、清森様が正しいとお考えになって為されているのであればどうぞ聞き流して戴ければ幸いです。

No title

まあ、親鸞会の方にはもうちょっと常識を弁えていただきたいものですね。
このガイドラインは宗教法人には適用されないでしょうけど、
仏法者の基本的な姿勢としては、相手に迷惑をかけない、
恐怖感を抱かせないように行動するのが当たり前です。
それが利他というものです。
なのに自分達の都合を優先して夜中に突然訪問するのは
我利我利の行動以外の何物でもなく、仏教では一番嫌われます。

そもそも退会したからといってご本尊を取り返すこと自体が
親鸞聖人のご教導に反しているんです。
アニメの第6部にも描かれていたじゃないですか。
親鸞聖人がそうおっしゃっているのだから、
その通りにさせていただいたらいいじゃないですか。

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。