スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

投稿(親鸞会の不誠実な対応)その3

昨日の続き(最後)です。
団体名などを、一部、伏字に修正させて頂きました。

========================================
(BさんからM支部長へのメール)


M様


メールの返信を出させて頂いてから、2週間ほど経過しました。
残念ながら、未だ返信が届いておりません。
もう、お返事は頂けないのだと思います。
前回、頂いたメールにて、このように書いておられましたね。


>  Bさん、あなたは今、大変な迷いの中におられます。
>
>  地獄と極楽の分かれ道です。


本当に、そう思っておられるならば、私の質問にお答え頂けないのは「何故なのでしょうか?
もし、私が会員さんを担当していて、その人が地獄へ堕ちようとしていると思ったならば
何とかして疑問に答えて、分かってもらおうとします。
M支部長には、そういう気持ちも無いということなのでしょうか?
私は、支部長なら必ず答えてくれるはずだと思っておりました。
そのくらい信じておりました。
たとえ、講師部がどのような組織であっても、「Mさんだけはきっと返事をくれる、あの人は会員が質問している事を無視する人ではない」と心からそう思っていました。
悲しいです。
このメールに書いておられたことも、嘘だったとするならば、本当にショックです。

今回、M支部長とメールを交換することによって、図らずも親鸞会の本当の姿を知ってしまった思いがします。
私はこういう事実は、会員の皆さん全員が知るべきだと思います。
その上で、個々に判断すればいいと思います。
いろんなことを隠蔽し、捏造して親鸞会が得られるものは何なんでしょうか?

M支部長も、親鸞会がおかしいことは、十分に分かっておられると思います。
だけど、1000万円の誓約書で束縛されていますから、上司の指示に従うしかないのですよね。
いつの日か、M支部長が本心を語って下さる日を、お待ちしています。


========================================
(M支部長からBさんへのメール)


B様

 手紙やメールを読んで、ただただ、残念で、言葉もありません。

 頑なに、会いたくないのは、なぜ?



========================================
(BさんからM支部長へのメール)


M様

>  頑なに、会いたくないのは、なぜ?

大勢で来られるからです。
Cさんの家にも複数の人で行かれたそうですね。
Cさんのご主人が対応されたそうですが、
なぜ支部長お一人で行かれなかったのでしょうか?

私と二人だけならお会いしたいと思います。


========================================
(M支部長からBさんへのメール)

B様


>私と二人だけならお会いしたいと思います。

 いいですよ。


========================================
(BさんからM支部長へのメール)


M様

お会いしましたら、私の質問に必ずお答え頂けますね?
約束下さい。

>  手紙やメールを読んで、ただただ、残念で、言葉もありません。
>
>  頑なに、会いたくないのは、なぜ?

私もお聞きしたいです。
頑なに返答を拒むのはなぜ?


========================================
(M支部長からBさんへのメール)

B  様


 高森先生は、親鸞聖人の正しい教えを説いていらっしゃいます。

 今、大事なことは、本当の親鸞聖人の教えは何かということ。

 阿弥陀如来の願心、それを、明らかにされているのは、

 どなたなのか、ということですよ。


 土俵が違えば、かみ合わないと思いますが、後生の一大事の解決は

 阿弥陀仏の本願以外に無いからです。


========================================
(BさんからM支部長へのメール)


M様

私は、絶望してます。
私は支部長の質問には、きちんと答えました。
しかし、支部長は私の質問には、何ひとつ答えようとしない。
これだけ人を愚弄した話があるでしょうか。
今まで生きてきて初めてです。

答えないという事は、あの4つの質問は事実なのですね。
だから、答えないのです。
結論はこうですね。
反社会的な事を平気で行う親鸞会であっても
親鸞聖人の御教えを、正しく説いておられるのは、高森先生だけなのだから
そんなことは目をつむり、先生のご教導に従いなさいという事ですね。

はっきり申し上げますが、そんな事は出来ません。
正しい教えには、必ず正しい行動があるです。

4つの質問に対し、M支部長が毅然と「そんなことは嘘です、その証拠はこれです」

と言ってくれるの切望しておりました。
そうしたら、退会することなど考えませんでした。


>  土俵が違えば、かみ合わないと思いますが


土俵が違うというよりも、土俵から逃げているのが支部長です。


>  Bさん、あなたを救うのは、人でも組織でもありませんよ。
>
>  本師本仏の阿弥陀如来、ただ一仏です。


そのとおりです。
高森先生や親鸞会が救うのでありません。

もう、私からお話する事はございません。
お会いする意味もないと思いますが、支部長が話があるのでしたら
いつでもお会い致しますので、自宅にお越し下さい。
ただし、多人数で御本尊を取り返しに来るような事は、断じてなさらないで下さい。


========================================
(BさんからM支部長への手紙)


M様

合掌

長い間、お返事をお待ちしておりましたが、やはりご回答は頂けないのですね。
私は、M支部長なら答えて頂けると信じておりました。
退会させて頂きます。
お体にはくれぐれも気をつけてお過ごし下さいませ。

かしこ

========================================
(M支部長からBさんへのメール)


B様

 受信が出来なかったので、今、帰宅し、受信しました。

 やっと会えると思っていましたが、こんな風に、思われるとは・・・


 8ヶ月間、聴聞をしておられなかったこと、親鸞学徒の皆さんから

 離れていたこと、その間、とられた行動が、Bさんの心の向きを

 変えたのだと思います。


 手紙やメールに添付された内容は、浅ましい、おぞましいものばかり

 よく書けたものだと、「馬鹿じゃないの?」と言いたいですが

 暴言だと言われますので、言葉も無いのが現状。

 ↓ こんなことを、言うはずがないです。

>
>答えないという事は、あの4つの質問は事実なのですね。
>だから、答えないのです。
>結論はこうですね。
>反社会的な事を平気で行う親鸞会であっても
>親鸞聖人の御教えを、正しく説いておられるのは、高森先生だけなのだから
>そんなことは目をつむり、先生のご教導に従いなさいという事ですね。


スポンサーサイト

COMMENTS

No title

「こんなことを、言うはずがないです。

>
>答えないという事は、あの4つの質問は事実なのですね。
>だから、答えないのです。
>結論はこうですね。
>反社会的な事を平気で行う親鸞会であっても
>親鸞聖人の御教えを、正しく説いておられるのは、高森先生だけなのだから
>そんなことは目をつむり、先生のご教導に従いなさいという事ですね。」

なら、ちゃんと 返事しないと。

きちんと返答した者と 返答を無視する者、どちらが、正しい仏法者でしょうね。「手紙やメールに添付された内容は、浅ましい、おぞましいものばかり

 よく書けたものだと、「馬鹿じゃないの?」と言いたいですが」

支部長さんの 本心でないと 推察しますが、
誰が見ても「盗人たけだけしい!」
「それが、責任ある?支部長の態度」

と 思います。 タイトルにある 不誠実な対応 そのものですね。

とても 人を導けるような 団体でないことは 明らかですよ。

ただただ、情けないです。



講師部員は、毎日朝と夜2回必ずパソコン通信をするのが義務で、出来なければ大変な問題になるはずなのに・・・。

受信出来てなかったって、おかしいですね。

No title

>手紙やメールに添付された内容は、浅ましい、おぞましいものばかり
>よく書けたものだと、「馬鹿じゃないの?」と言いたいですが
>暴言だと言われますので、言葉も無いのが現状。

M支部長には大切な学徒を導けなかったという反省も無いようです。
そもそも自己を反省する心の余裕すら無いのでしょう。
とても可哀想な方ですね。

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。