スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

質疑応答182

【質問】


 『本願寺なぜ答えぬ』ではありませんが、親鸞聖人の教えに、善の勧めは有るのでしょうか?無いのでしょうか?



【回答】


 親鸞聖人は、「念仏」という最高無上の善を勧めておられます。しかし、貴方の質問は、「念仏以外の善」を勧めておられるかという意味だと思いますので、それに対して回答いたします。

 これは、有る、とも言えますし、無い、とも言えます。

 まず親鸞会の人が思っているような意味での善は、親鸞聖人は勧められていません。だから、“信心決定するために”法話に人を誘って来いとか、たくさん御報謝せよとか、そういうことは教えられていません。こういうことは、「雑行」と言われ、捨てよと教えられています。

 だから、親鸞会の人に分かりやすく言えば、「善の勧めは無い」と言えます。

 しかし、親鸞聖人は「三毒を慎むこと」と教えられています。たまに、「私達は煩悩具足なのだから、悪のやりたい放題で良いのだ」という人がいますが、これは間違いです。煩悩を断ち切ることは出来なくても、親鸞聖人の仰るように「慎む」ことはできます。
 煩悩を慎むことは、仏教でいう善に当たりますので、これは「善の勧め」と言えると思います。

スポンサーサイト

COMMENTS

往生の資助

善の意味が違うのでしょう。

法然門下では『観経疏』の至誠心釈に苦労していますね。
http://wikidharma.org/4ad92e3c4c524
『観経疏』の当分では法蔵菩薩因位の三業の所修に相応した善でなければならないと説かれてます。
この至誠心を如来から回施された至誠心(真実)だと領解したのが親鸞聖人でした。
http://wikidharma.org/4ac98697be304
http://wikidharma.org/4ad9472ba6c92
このような処から思量すれば、往生の資助になるような善は全くないと言い切れるのでしょう。
親鸞会の人は七祖聖教を読むことを禁じられているそうですが、浄土門仏教の大綱が理解出来なければ『教行証文類』は読めませんよ。
あと、親鸞会では用語の定義が無茶苦茶ですから聴く人を惑わせているのでしょうね。

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。