スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

質疑応答194

【質問】


清森問答に質問します。

「弥陀の本願の『若不生者』の『生』は、この世のことではなく、死んでからの極楽往生のこと」と言う田中氏の見解が、いかに親鸞聖人のみ教えと異なるものであるかを、種々明らかにしてきた。
と言う「高森会」の主張に対して、清森元講師は

「『若不生者』の『生』は、当益の意味しかない」

と、断言されました。ビックリしました。



私なりに、研究しました。

阿弥陀様は3つのお約束をしておられます。

信楽(しんぎょう)現益

若不生者(にゃくふしょうじゃ)当益

乃至十念(ないしじゅうねん)念仏をとなえる身にしましょう



ですから、現益(この世で救う、不体失往生)のお約束は、信楽である。

当益(あの世で救う、極楽往生)のお約束は、若不生者である。



私は、往生と言う言葉に、子供の頃から関心があり

「死んだとか困ったという意味に使われていましが、はたして本当だろうか?もっと重要な意味があるのではないか?知りたい、知りたい。法然上人やお釈迦さまはどのように教えられたのだろうか。その本当の意味は、10年や20年という短い期間ではなく、私の全人生に影響を及ぼすだろう」と考えました。

 ですから、往生と言う言葉には、強い思い入れがあります。だまって見ておれません。


法然上人は往生とは「彼(極楽)に往き蓮華化生する」ことだと教えられました。

『若不生者』の『生』は、化生でない、と言う「高森会」に対し、

「死んでからの極楽往生のこと」と言う田中氏の主張は、真逆です。

大問題だと思います。

文中に間違いがあればお叱り下さい。



【回答】


 質問の意図を確認させて頂きますが、「約束」というのは、どういう意味で使っておられるでしょうか?

「約束」=「もし○○せずば、正覚を取らじ」という意味で仰っているのであれば、この中で該当するのは「若不生者」だけです。弥陀の48願の中に、「もし信楽にせずば、正覚を取らじ」という願はありません。


 あと、現益と当益の意味を勘違いしておられるようですが、「現益=信楽」ではありませんし、「当益=往生」ではありません。

 信楽の身になった人が、この世で頂ける利益を現益と言い、浄土で頂ける利益を当益と言います。信楽になれば、二つの利益が得られるので「二益」と教えられます。

 具体的には「現益=正定聚」であり、「当益=滅度」です。親鸞会には、「信楽=正定聚」「往生=滅度」と誤解している人が多いように思いますが、それぞれ違う意味の言葉です。

 例えば、教行信証にはこのように書かれています。

●金剛の真心を獲得すれば、横に五趣・八難の道を超え、必ず現生に十種の益を獲。何者か十とする。(乃至)十には入正定聚の益なり。

 もし、「信楽=正定聚」だとすれば、「信楽になった者には、信楽になれるという利益がありますよ」という、意味不明の文章になってしまいます。

 また、弥陀の四十八願を読まれれば分かるように、浄土には声聞も菩薩も多数おられます。「浄土=滅度(仏)」とは言えません。浄土に往生した者を、必ず滅度に至らしめると誓われているから、仏になれるのです。

●たとい我、仏を得んに、国の中の人天、定聚に住し必ず滅度に至らずば、正覚を取らじ。(十一願)
スポンサーサイト

COMMENTS

感想と質問

度々見せて頂いております。

会長不勉強の上にボケてきましたから、最近はボロが出まくりですね(笑)
驚愕講義では会長は18願に死後の事は説かれてないと言い切りました。後で浄土往生について言われているような話も会員から聞きましたが、何にせよ
【若不生者の「生」は、この世で信楽に生まれさせるということだ】
というのは独自の解釈であり、珍しい教えです。
親鸞学徒と名乗る限り、親鸞聖人のお言葉通りに解釈するのがあるべき姿勢だと思います。
一番大事な本願文の解釈は「何事も何事も」の内に入らないのでしょうか?
これでは本願寺の木像本尊がどうとか言える立場ではないと思います。

さよなら親鸞会の元親友部員の方の投稿記事を見て、会長は阿弥陀仏の御心が分からないことがわかりました。若い頃は論議の巧さと情熱で押し通してきただけで、やはり真実信心ではなかったことが重ねて分かりました。


さて、今回は教えて頂きたいことがあり、コメントさせて頂きました。
ご存知のように、親鸞会の本尊は南無阿弥陀仏の左に「親鸞」と合成複写してあります。これは改邪鈔本の【七・本尊聖教に知識と号する者の名を記すまじき事】に反するように思います。しかし、親鸞会では
・改邪鈔のお言葉は悪知識について言われたもの(親鸞会には当てはまらないと言いたいのでしょう)
・親鸞聖人ご真筆の名号ということで「親鸞」と載せているだけだ
といいます。

そこで上の改邪鈔の意味と、この件に関する清森さんの見解を教えて頂ければと思います。既に示されている所がありましたらリンク先を教えて下さい。よろしくお願いします。

No title

偉そうに騙るなよ。お前ら親鸞会の講師どもが知らんかったことをワシが教えてやったんだろ。田中氏のボロも教えてやっただろが。レベルの低い論争してんなや。もちっと基本から勉強し直した方がいいぜ、あんたら。

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。