スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

質疑応答195

【質問】


 最近、コメント欄に以下のような投稿がありました。念のため、お知らせいたします。


> さて、今回は教えて頂きたいことがあり、コメントさせて頂きました。
> ご存知のように、親鸞会の本尊は南無阿弥陀仏の左に「親鸞」と合成複写してあります。これは改邪鈔本の【七・本尊聖教に知識と号する者の名を記すまじき事】に反するように思います。しかし、親鸞会では
> ・改邪鈔のお言葉は悪知識について言われたもの(親鸞会には当てはまらないと言いたいのでしょう)
> ・親鸞聖人ご真筆の名号ということで「親鸞」と載せているだけだ
> といいます。
>
> そこで上の改邪鈔の意味と、この件に関する清森さんの見解を教えて頂ければと思います。既に示されている所がありましたらリンク先を教えて下さい。よろしくお願いします。




【回答】


 最初にお願いですが、ご質問はなるべくメールで頂ければ有難く思います。

 まず、最初の「改邪鈔のお言葉は悪知識について言われたもの」というのは、ある意味では当たっていると思います。

 改邪鈔の最後のお言葉を読むと、以下のように締めくくっておられます。

●これを案ずるに、知識の所存に、同行あい背かん時、「わが名字をのせたれば」とて、せめ返さん料のはかりごとか。世間の財宝を沙汰するに似たり。もっとも停止すべし。

 つまり、善知識を名乗る者に背く者から、本尊を取り返そうとすることが問題だと教えられています。

 親鸞会では、夜中の1時過ぎに講師部員が会員を10人近く連れて、本尊を取り返しに行くということが平気で行なわれています。また、深夜にアパートの前で講師部員に待ち伏せされ、本尊を返すように強要され、その場で他の人に連絡を取ったら携帯電話を取り上げられるという非常識なこともありました。

 こういうことをするのは悪知識ですよ、と教えられているわけですが、まさに親鸞会のことではないでしょうか。


 次に、親鸞聖人ご真筆の名号ということで「親鸞」と載せているだけという主張ですが、それだと名号に知識の名を記しても良いということになりますね。
 覚如上人の教えは間違いだと、親鸞会では教えていることになります。

 そもそも、親鸞聖人があえて何も書かれなかったところに、わざわざ他から切り取ったものを貼り付けなければならない意義がどこにあるのでしょうか?

 ご名号だけだと有難く思えないので、親鸞聖人のお名前を貼り合わせることによって箔を付けなければならないと思っているようです。
スポンサーサイト

COMMENTS

回答して頂き、ありがとうございますm(__)m
次回からはメールで質問致します。

先程調べていて、清森さんとW弘宣部長がこの件で激しくやりあっていたのを知りました。
今回の質問は、清森さんを徹夜で詰問したK学友部長に質問したこととその答えについてです。

悪知識の教えだから改邪鈔の御文は当たっているのですね。
何もかもわかってついていっている人に何を言っても無駄なので、もう会うこともないでしょう。

No title

元会員の者です。
こちらの記事を拝見し、手元にあった改邪鈔をひもといてみましたが

「今の新義の如くならば、最も聖人の御名を載せらるべきか。
然るにその義なき上は、是れまた非義なるべし」

という一節があり、ん?となってしまいました。
(親鸞聖人のお名前を載せるべきだ、と私にはみえてしまったので)

清森さんはこの部分について、どのように解釈されていらっしゃるのか、
お教え頂ければ幸いです。

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。