スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

質疑応答201

【質問】


 親鸞会では、苦しくなければ求道にならない、と教えられましたが、これは経済的な苦しみに耐えながら、聴聞してゆくことなのでしょうか。



【回答】


 仏法を求める苦しみは、経済的な苦しみではありません。仏法の求道の基本は中道ですので、仏法を求めるために極端にお金がかかるのならば、まずはそのお金を減らし、余裕を作ってゆくことが大切です。

 その上で、求道の苦しみとは、自分の心と向き合ってゆく苦しみです。それは今まで味わってきた苦しみとは、種類の違う苦しみになります。

 自分と向き合うためには、心に余裕が必要です。心に余裕がなければ、自分のやったことを客観的に見ることが出来ず、どんどんと自己中心的な盲目状態になっていきます。

 ですから、まずは本当の求道をする為にも、心に余裕を作って下さい。
スポンサーサイト

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。