スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

質疑応答206

【質問】


 親鸞会の公認ブログである「浄土真宗親鸞会 奥越親鸞学徒の集い」に、書いてある記事について質問します。

(本来は管理人に尋ねるべきでしょうが、受付先も不明で、コメント欄は都合の悪い質問は一切表示されませんので、清森さんにお尋ねします。)


 このサイトでは、親鸞聖人は、

>「まことの善ができると思って
> 一生懸命にやってみたが、
> 善をやっても雑毒の善しかできない。
> まことの善などできる私ではなかった。
> 出離の縁がかりの全くない私だった」

と知らされた方だと主張しているようです。


 一方で、次のようなことも書いてあります。

> 二千畳で聴聞した人ならば、
>
>「我々のやる善はたとえ
> 雑毒の善であっても善は善であり,
> 善は大いにしなければならない。
> しかし,私達の善で
> 出離は絶対できない。
> 迷いの世界から出て離れることが
> できるような真実の善はできない」
>
> と常に説かれいることは
> 周知の通りだ。


 結局のところ、親鸞会が会員に勧めている善は、「まことの善」なのでしょうか、「雑毒の善」なのでしょうか?



【回答】


 親鸞会が主張するように、「まことの善」ができると思って一生懸命やった人にしか、「まことの善ができない自分」と知らされないのであれば、当然「まことの善」を勧めなければなりません。

「雑毒の善でもいいからやりなさい」と勧めているのであれば、「善は出来る」ということが知らされるはずです。(雑毒の善なら出来る)

 親鸞会で勧める善を、いくらやっても、「まことの善が出来ない自分」と知らされるはずがありません。「まことの善」を勧めていないのですから。


 こんな自己矛盾した記事を、平気で載せてしまうということは、よほど仏教が分かっていないのだと思います。



 さて、私達にできる善と、私達にできない善の違いについてですが、親鸞会の教えと、仏教とはまったく違います。


 仏教では、善には「無漏善」と「有漏善」があると教えられています。

「無漏善」とは、煩悩の混じらない善ということで、これが出来ないと仏になれません。凡夫の私たちには出来ない善です。

「有漏善」とは、煩悩の混じっている善ということで、私たちにも出来る善です。


「有漏善」は、善をしても認められなかったり、喜んでもらえなかったりすると、怒りの心が起きてきます。この怒りを「毒」と言い、このような善を「雑毒の善」と言います。

 十分に認めてもらっていたり、心に余裕があれば、必ずしも怒りを起こすわけではありませんので、「有漏善」=「雑毒の善」とイコールの関係ではありません。



 仏教では、「雑毒の善」でも良いからやりなさい、と説かれることはありません。毒で苦しむわけですから、当然、「雑毒の善」にならないように教えられます。そのために「三輪空」の実践を勧められるのです。

 しかし私たちは、有漏善しかできませんから、結果的に「雑毒の善」になってしまいます。これは仕方のないことです。

 あくまで、「仕方ない」ということであって、「雑毒の善」を奨励されているわけではありません。最初から「雑毒の善」でいいと思って善をしているとすれば、そんなものは有漏善ではなく、「悪」になります。



 では、親鸞会で勧められている善は、「無漏善」でしょうか、「有漏善」でしょうか?

 もうお分かりだと思いますが、「無漏善」でも「有漏善」でも、ありません。「悪」になります。


 参詣目標、顕正目標に追われての「法施」、御報謝目標の達成や、真実開顕賞などの名誉欲をエサにぶらさげての「財施」などは論外です。

 目標や賞があったほうが頑張れる、と言い訳するかも知れませんが、目標や賞を無くしたら頑張れなくなるようなものは、布施とは言いません。

 こんなものを設定している時点で、親鸞会の活動は布施ではありませんと宣言しているようなものです。


 また、自身の信心決定のための「宿善」になるから、という理由での善の実践も、仏教の趣旨から大きく外れるものです。

 相手を、自分が助かるために利用しているだけです。


 結局のところ、親鸞会の人集め、金集めに利用されてしまっていることに、早く気付いていただきたいと思います。
スポンサーサイト

COMMENTS

No title

目がさめる思いです。

とにかく、善 ということが、本当は、どういうことなのか、勉強し直したい気持ちです。

一生懸命 善をしているように思ってましたが、根本的に 間違っていたのか、と愕然としました。

ありがとうございます。

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。