スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

質疑応答207

【質問】


ブログ「奥越親鸞学徒の集い」に、東本願寺(真宗大谷派のことだと思いますが)の教義を、

「こんな呆れた教義を
 体験至上の異安心の輩は
 真実と宣伝し、
 親鸞会を非難攻撃して
 いるのだから、
 おそまつ至極である。」


とあります。私は親鸞会を批判しているのは脱会した人だと思っていましたが、
ここまで読んできて一体何のことだか分からなくなってきました。

・「体験至上主義の異安心の輩」というのは誰のことなのでしょうか。
・その首謀者は東本願寺の教義を「真実」といって宣伝しているのでしょうか。
・このブログは一体誰を批判しているのでしょうか。

分かる範囲で教えていただければと思います。
よろしくお願いします。



【回答】


 最初に、確実なことは、上記ブログの管理人にしか分かりませんので、あくまで私の親鸞会での経験から予想した回答となることを御了承ください。



 まず、親鸞会という団体は、「レッテル貼り」というのが大好きな団体だと、私は感じています。

 戦時中の日本では、「鬼畜米英」と教え込み、英米人には角が生えていると本気で信じている国民も少なくなかったと聞いたことがありますが、似たような状況だと思います。

 例えば、私が親鸞会にいた時でも、「本願寺では、(信心が無くても)念仏さえ称えていれば浄土往生できると説いている」と、何回も聞きました。

 何万人という東西本願寺の僧侶の中には、そのように説いている人もあったかも知れませんが、まともに勉強している僧侶ならば、そんな教え方はしませんし、当然、東西本願寺の公式見解でもありません。

 しかし、親鸞会の会員の多くは、自分の目で確かめるということしませんので、上司から言われたことを、そのまま信じてしまうのです。



 さて、上記ブログには、「体験至上主義の異安心の輩」が、親鸞会を批判していると書いてありますが、親鸞会を批判しているサイトを検索すると、その殆どが、親鸞会の元会員によって運営されています。

 そして、上記ブログの内容も、それら批判サイトの反論という形で書かれていますので、元会員の批判者に対して「体験至上主義の異安心の輩」と表現していることは明らかです。

「体験至上主義」の意味も不明瞭ですが、最近の顕正新聞などを読むと、「信心決定の体験談ばかりを話し、そのような体験談を聞くだけで救われる」という教えのようです。

 実際には、どの批判サイトを読んでも、信心決定の体験談など載っていませんし、そのような説法をしているという話も、聞いたことがありません。(清森問答に、かつてS講師の体験談を投稿として掲載したくらいです。)

 ですから、これも「レッテル貼り」ではないかと思われます。



 そもそも、昔は、高森先生は説法で「信心決定の体験談」を度々話していましたし、高森先生の初の著書である「獲信の記録」は、信心決定の体験談ばかりが収録されています。

 親鸞会の言い方だと、高森先生も「体験至上主義の異安心の輩」だったということになりますが、この程度のことも隠蔽されていて知らないのです。



 次に、東本願寺の教義云々の件ですが、これも批判内容の「すり替え」を行っているだけで、批判サイトと東本願寺とは、特に関係ないと思われます。

 例えば、かつて親鸞会では、高森先生の出身団体である華光会を批判するために「これが獲信か」というパンフレットを作っていましたが、その中には、華光会と全く関係ない土蔵秘事についての内容を書き、それを批判することによって、華光会が土蔵秘事であるかのような印象操作を行っていました。

 ですから、親鸞会としては、批判に対してまともに答えられないので、「批判サイト」=「東本願寺」とレッテルを貼り、東本願寺を攻撃することによって、会員には批判サイトが間違っていると印象づけようとしているのだと思います。



 いずれにしても、親鸞会の教義に対する批判に、まったく答えられないことが、原因であると思います。もし、批判に答えられるのであれば、サイト名や、アドレスを明示し、内容を引用するはずです。

 数年前までは、親鸞会に対する批判は、どんな些細な内容でも「法戦」に掲載し、会員に徹底していました。相手によりますが、相手の氏名や寺院名も公開していました。

 もちろん、相手からの批判の文章も、そのまま引用しており、その内容を歪曲するようなことは、余りしませんでした。論破する自信があったので、そんな汚い手段に出る必要がなかったのです。

(「本願寺なぜ答えぬ」だけは勝ち目がないと思ったようで、相手の主張を引用せず、歪曲して会員に伝えています。)



 ところが最近は、相手の名前やサイト名を特定せず、批判の内容を歪曲して掲載しています。

 批判内容を歪曲するのは、批判に答えられない証拠です。そのことが会員に発覚しないように、相手が誰かということも隠さざるを得ないのでしょう。



 批判サイト側から見れば、「そんなことは主張していない」と反論しても、「あなたのサイトのことではありません」と言われれば、それまでです。

 それに、「体験至上の異安心の輩は…」と書いてある文章に反論すれば、「あなた達は、やっぱり体験至上主義の異安心なのですね」と言われてしまいます。



 そういうわけで、このような書き方は、親鸞会の教義の誤りを隠し、批判から身をかわすために、非常に効果的な方法だと思います。

 その狡猾さには感心しますが、こんな下らないことを研究する時間があるのであれば、少しでも正しい教学を勉強してほしいと思わずにおれません。
スポンサーサイト

COMMENTS

仮想の敵を作って、破邪顕正という、非難罵倒をすることで、プライドを保っているような。なんとも恥ずかしい団体ですね。

チューリップ企画での田中氏との討論でも、読者からの質問に、法論と位置付け、真摯に答ようとする相手を上から目線で、ののしる姿、敵は本願寺と位置付けるやり方には、姑息で、慈悲の微塵の心もない、勝他の臭いがして、浅ましかった。
唯一絶対、真実の法を説くという。どうして唯一なの?調べたの?
そんな仏教者がいますか?
善を実践しようという団体?

まともな会員なら、きっと苦しんでいるはず。

本願寺の肩をもつわけではないが、親鸞会会員は、知ったかぶりで、さも真実分かったつもりの人ばかりであった。
教学もない。真宗聖典もまともに読んでない。七祖聖教読んだ者を非難、除名する。

みんな、にせ善知識の言うことを鵜呑みにして、親鸞聖人の教えなんて、二の次だから、高森だのみなんだね。


No title

私が現役会員だった頃、"信心決定"された高森先生でなければ真実は分からない、という考えを持っていました。

ですから外部からの会に対する批判も「真実を知らない人のたわごと」としか思っていませんでした。

しかし、今思えばこの考えも高森会長の信心決定の体験に依った「体験至上主義」ではなかったかなと思います。

もし現役会員で過去の私と同じような考えを持っている人があれば、その考えは本当に正しいのか、
批判サイトにもキチンと目を通して自分の頭で考えてもらいたいです。

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。