スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

質疑応答212

【質問】


 親鸞会の学友部長の立場にある講師に、「死んだら必堕無間ではなく、六道輪廻するのでは?」と質問したところ、「六道輪廻するうちに、必ず無間地獄にも堕ちる。だから長いスパンで見れば、必堕無間なのだ」と答えました。
 このような言い方は今まで聞いたことが無かったのですが、正しいのでしょうか。



【回答】


 そのような教え方は、親鸞会に20年以上いましたが、一度も聞いたことがありません。もし、そのように教えているとすれば、親鸞会の教義が変更されたということになります。

 例えば、「こんなことが知りたい1」には、

> 生死の一大事とは、どんなことかといゝますと、これは後生の一大事ともいわれていますように、総ての人間はやがて死んでゆきますが、一息切れると同時に無間地獄へ堕ちて、八万劫年苦しみ続けねばならぬという大事件をいうのです。

と書かれてあります。



 もし学友部の責任者の講師の言うことが正しいのであれば、「一息切れると同時に」と説いてきたことは間違いだったということですから、訂正しなければなりません。

 親鸞会の教義において、最も重要な教えである「後生の一大事」の意味が間違っていたのですから、大変なことです。
 高森先生は「一言でも間違えたら、腹を切ってお詫びする」と言っていたのですから、腹を切らなくても良いですけど、せめてお詫びくらいすべきです。

 しかし、そのようなお詫びがあったという話は、聞いたことがありませんから、こっそり修正したのかも知れません。



 それとも、学友部長が勝手に言っているのでしょうか?

 だとすれば、親鸞会の教義を曲げて教えているのですから、発覚したら除名ものですね。



 いずれにしましても、仏教は、六道輪廻すれば必ず無間地獄にも堕ちるという教えではありません。

 唯識では、その人の業によって世界が生み出されると説かれていますから、どんな世界に生まれるかは業次第ということになります。

 ここでいう「世界」とは、この世のどこかに、そのような場所があるという意味ではなく、業相と言われて、心の状態を譬えたものです。

 ですから、地面を掘っていったら地獄が用意してあり、そこに生まれるということではありません。



 つまり、肉体は人間でも、苦しみのドン底にいる人は、すでに地獄に堕ちていると言っても良いでしょう。

 芸能界などを見れば、一時の天上界で楽しそうに見える人もありますが、天上界の寿命が尽きるときは悲惨なもので、仏説まことの知らされます。

 この世が地獄の人は、地獄の業なのですから、死んで生まれ変わっても地獄に生まれます。ただし、先程も書きましたように、地獄という場所が用意されているわけではありませんので、自分の心が生み出す世界です。

 もしかしたら、肉体はまた人間に生まれるのかも知れません。仮にそうだとしても、地獄の業の人は、また地獄の苦しみを味わわなければならない、ということになります。

 五逆謗法の業の人は、死ぬのを待つまでもなく、現在から無間地獄の苦しみを味わっているはずです。死ぬまで苦しみの発生が猶予される、ということはないのです。


 私たちの煩悩というのは、この業を変えないように働きますので、阿弥陀仏のお力に依らない限り、大きく変化することはありません。(阿弥陀仏のお力には悪業を善業に転じ変える働きがありますので、六道から出離することができます。)

 ですから、五逆謗法の人でない限り、輪廻していけば必ず無間地獄に堕ちるとは言えないのです。



 ここまで読んで、「なんだ、今は苦しくないから、仏教なんて聞く必要はないや」と思った方もあるかも知れません。

 しかし、仏教では、このように考えているから、苦しみから抜け出せないのだと説かれています。

 私たちが、親鸞会の会員を見ると、「なんて可哀そうなんだ、不毛な活動をさせられ、財産をしぼり取られ、早く助けてあげたい。」と思います。しかし、当の本人たちは、自分たちが悲惨な状態にあることを全く自覚していません。だからこそ、抜け出すことができないのです。

 実は、仏様から私たちを見ると、まったく同じ状況なのです。苦しみの程度に差はありますが、皆、六道という世界で苦しんでいます。ところが苦しみの世界であると思わずに、もっと六道におりたいと思っています。

 このように思わせる働きを煩悩と言いますので、煩悩具足の私たちは六道を出離することができないと言われるのです。
スポンサーサイト

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。