スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

質疑応答213

【質問】


 親鸞会講師のブログ「浄土真宗親鸞会 奥越親鸞学徒の集い」では、二河白道を以下のように解説しています。

 以前の清森問答で、親鸞会の二河白道の解釈はおかしいと書いてありましたが、どのように思われますでしょうか?


> それを善導大師は二河白道の譬えで、
> 白道を進む旅人が、
> 両側から押し寄せる水火の波に
> 畏れると教えられている。
>
> 旅人に西へ向かえと勧める
> 釈迦の教えに従い、
> 真摯に進めば進むほど、
> 欲や怒りの水火の難はいよいよ逆巻く。
> 水火の大河に堕ちはせぬかと畏れる旅人が、
> 三定死に立って、
> 堕ちるに間違いなしと知らされた時、
> 西岸上から「畏れるな」の
> 弥陀の呼び声を聞くのである。




【回答】


 善導大師が教えられた「二河白道の譬」では、親鸞聖人が教行信証に引用されているように、弥陀の呼び声を聞いてから白道を進み始めます。

 親鸞会で説かれる「二河白道の譬」では、白道を進んでいった後に、弥陀の呼び声を聞きます。

 順番が、まったく違います。
 なぜ、このような違いが生じたのでしょうか。

 私の推測ですが、「信心決定するために善をしなければならない」という親鸞会の教えを正当化するためだと思います。



●白道とは、白の言は黒に対す、道の言は路に対す、白はすなわちこれ六度万行、定散なり。これすなわち自力小善の路なり。黒はすなわちこれ六趣・四生・二十五有・十二類生の黒悪道なり。(愚禿鈔)


 これは愚禿鈔のお言葉ですが、ここに書かれているように、白道とは六度万行だから、信心決定するまで六度万行に励まなければならないのだ、ということを親鸞会で聞いたことがあります。

 しかし、この解釈には問題があります。
 このお言葉は、「白道」を「白」と「道」に分けて解説されています。

「白」とは「黒」に対する言葉であり、
「白」=六度万行・定散善、「黒」=六趣等の悪道

「道」とは「路」に対する言葉であり、
「路」=自力小善、(書かれていませんが、当然「道」=他力)



 つまり、白道が自力ということは有りえません。
「19願の善」に励むことが白道を進むことになる、などという解釈は成り立たないのです。



 当然、善導大師の譬えも、呼び声を聞いてから白道を進み始めるわけなのですが、親鸞会にとっては、大変都合の悪い話です。

 ですから、親鸞会に都合の良いように、教行信証の内容を改竄(かいざん)して説法で話しているのです。



 最近、大阪地検の検事が、証拠を改竄したとして大変な問題になっています。普通は、検事が証拠を改竄しているなどとは思いませんから、騙されてしまうと思います。

 親鸞会の会員も、まさかお聖教の根拠が改竄されて説法されているなどどは、夢にも思わないでしょう。私も、会員のときは騙されてしまっていました。


 親鸞会で教えていることは、基本的に「改竄かもしれない」と疑って、原典や仏教書を調べ直す必要があると思います。

スポンサーサイト

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。