スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

質疑応答214

【質問】


 学友部時代の友人が退会を迷っている人がいるのですが、今までの人間関係が切れるのが不安なようです。どのように話せば良いでしょうか。



【回答】


 同じような悩みを持っている会員は、非常に多いと思います。
 私自身、振り返っても、親鸞会にいたときは、親鸞会以外に友人がほとんどいない、という状態でした。
 特に学友部では、親鸞会サークル以外に友人を作らせないように指導していましたから、親鸞会をやめると友人がいなくなってしまうと不安になるのも理解できます。

 しかし、考えてみてください。
 親鸞会をやめただけで、関係が切れてしまうような人を、果たして友人と呼べるのでしょうか?
 お釈迦様は、本当に困っているときに助けてくれるのが友人であると説かれています。親鸞会をやめたくらいで人間関係が切れてしまうような人は、最初から友人では無かったのです。

 そういう意味では、親鸞会をやめたからといって友人が減るわけではありません。友人だと思っていた人が、実は友人では無かったと分かるだけです。
 ですから、早く本当の友人を増やせるよう、努めるべきだと思います。

 親鸞会でも、特に幹部をやっているような人は、非会員の知人を、入会ノルマ達成のための数字でしか見れなくなる傾向があると思います。そして、成果に結び付かないような人付き合いを、時間の無駄と考えるようになります。

 このような利害打算の環境では、友人を作ることはできません。
 早く親鸞会を離れたほうが、人間関係が広がることを教えてあげてください。
スポンサーサイト

COMMENTS

目的がちがってます。学生なんかはかわいそうやな。社会人になればちがってきます。

No title

あなたの勧誘のおかげで人生がめちゃめちゃになりました。
それに関して何の罪悪案も感じていないのですか?
あなたの言ってきたことから推測すると自決していないのが理解できないのですが。
所詮、あなたも高森と同様インチキな人間だったんですね。
恥を知れ。

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。