スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

質疑応答220

【質問】


 親鸞会公式サイトのマンガのところに、本太郎を主人公にしたマンガが出ています。
 内容の低俗さにあきれますが、感想をきかせていただきたいです。
 清森様の回答は、すっきりしていて分かりやすいのでぜひ聞いてみたいのです。
 K.K.Kの一人は清森様のつもりだと思います。(華光、清森、近藤)
 別の質問に答えられている最中の質問で失礼とは思いますが、よろしくお願いします。

http://www.shinrankai.or.jp/b/tannisyou/hiraku-comic35.htm
http://www.shinrankai.or.jp/b/tannisyou/hiraku-comic37.htm
http://www.shinrankai.or.jp/b/tannisyou/hiraku-comic39.htm



【回答】


 最近の親鸞会では、このようなものを公開しているのですか。元講師として恥ずかしいですね。

 K.K.Kの一人が私を指しているのかは分かりませんが、もちろんこのようなことは教えたことがありませんし、華光会や近藤さんも、こんなことは教えていないと思います。
 おそらく、有りもしない批判をデッチ上げ、親鸞会を批判する者たちは、こんなおかしなことを教えているのだと印象づけたいのでしょう。



 仏教は善を勧められた宗教ですが、善を勧められている理由は信心決定のためではありません。信心決定するために善に励んでいるとすれば、それは阿弥陀仏の御心に反する善ですので、雑行と言われます。

 では、親鸞会の人は、何のために善をしているのでしょうか?
 親鸞会で勧められている善といえば、具体的には、「破邪顕正」や「御報謝(御布施)」ということになると思いますが、ほとんどの会員は「後生の一大事の解決のために」という気持ちで励んでいます。
 そもそも、講師部員が「後生の一大事の解決のための御縁」と言って勧めているのですから、そうなって当然です。

 親鸞会では、「信心決定」=「後生の一大事の解決」と教えているのですから、信心決定するために善に励んでいる人ばかりということになります。
 建前上は「善で助かるとは言っていない」「聞く一つで救われると教えている」と主張したところで、講師部員や会員の現状がこうなのですから、説得力がありません。



 さて、マンガの中に、親鸞会の勧める善は19願の善だから、18願の救いに遇うために必要だという内容が書いてありました。
 前にも書いたように、19願は、臨終の救いを願って善をすることが勧められていますから、18願の救いに遇いたいと思って励む善を「19願の善」とは言いません。ですから、方便にさえならないということです。

 親鸞会では18願と19願を、意図的にゴチャマゼにして、結果的に地獄の恐怖を利用して、金集めや人集めをさせているだけのように思われます。



 本来、善というものは、それが善だと分かったら、せずにおれないものです。「絶対の幸福」というエサをぶらさげたり、「必堕無間」で脅さなければやる気の起きないようなものを、善とは言いません。そういう動機でやっていること自体、善ではない証拠です。

 親鸞会が批判されているのは、善を勧めているからではなく、仏教でいう悪ばかりをやっているからだということに、早く気付いていただきたいものです。
スポンサーサイト

COMMENTS

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。