スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

質疑応答221

【質問】


 最近の清森問答では、因果の道理や善悪についての説明が多いように思いますが、これと浄土真宗の教えは、どのような関係があるのでしょうか?



【回答】


 親鸞聖人の教えを正しく理解するために、大切なことだと思うので取り上げさせて頂いています。

 もちろん、親鸞聖人の書かれたものだけを勉強すれば良いという考え方もあると思います。

 それを否定するつもりはありませんが、そのためには仏教の言葉の意味を知らねばなりません。



 例えば、親鸞聖人の書かれたものには、「善」とか「悪」という言葉が非常にたくさん出てきます。ここでいう善や悪の意味は、私たちが一般的に使う善悪とは全く意味が違います。

 もし、善とか悪という言葉の意味を誤解したまま、親鸞聖人の御著書を読んだならば、何百回読んだとしても、親鸞聖人の教えを誤解するだけになってしまいます。

 また、浄土真宗は、「浄土」に生まれることが目的ですが、仏教で「浄らか」とはどういう意味かを正しく知らなければ、目的さえ間違っていることになります。ところが、仏教でいう「浄らか」の意味は、一般的な意味とは全く異なります。



 善悪の意味を知るためには、因果の道理の理解は不可欠ですし、浄土の意味を知るためには、煩悩について理解しなければなりません。

 こういった基本的なことを学ばずに、一般常識的な言葉の理解で、「善もほしからず、悪もおそれず」とか、「浄土に生まれたい」と言っているとすれば、非常に危険です。



 普通、浄土真宗を学んでいる人は、このような仏教の知識は、知った上で勉強しておられると思うので、必要ないことかも知れませんが、特に親鸞会では、仏教の基礎の部分から間違って教えられています。

 親鸞会で学んだような「因果の道理」や「善悪」の理解では、親鸞聖人の書かれたものを読んでも誤解するだけですので、そういう人のためには、仏教の基本的な言葉の意味から説明する必要があると思っています。

 ですから、仏教学については十分知っているという方は、親鸞聖人の書かれたものだけ読まれても良いと思いますし、私の書いた記事などは、読み飛ばして頂いても結構です。
スポンサーサイト

COMMENTS

No title

浄土三部経、七高僧・親鸞聖人の御著書にも、善悪の定義、浄土について書かれた箇所があります。
それをまず示されるべきと考えますが、如何でしょうか。

そもそも同じ仏教用語でも、通途仏教(聖道仏教)と真宗で使われているものとで意味合いが違うケースが多々ありますし、
正直清森さんは真宗の話がしたいのか、通仏教の話がしたいのか、あるいは聖道浄土を混同しているのか、理解しかねる点が多いです(これは上田さんにも言えますが)。

No title

飛雲では、祖師方のお言葉のみで、善悪について解説されています。
親鸞聖人の教えを聞いていた人は、親鸞聖人から教えられたことしか聞いていないのに、親鸞聖人が書かれていないこと(親鸞聖人が後の人のために教えられていないこと)を、物知り顔で書き連ねるのは、親鸞聖人よりも偉いと思っているか、名聞のために書いているといわれても、仕方ないです。
文字も読めない人に、阿弥陀仏の救いを、できるだけ分かりやすくと心を砕かれた親鸞聖人とは姿勢が違います。
基本的に、聖道門と浄土門との違いが理解できていないところからくるものと思います。

No title

そんなに問題にすることなのかね~

親鸞聖人の書かれたものだけを読んで教行信証が理解できる人は、親鸞聖人の書かれたものだけを読めばいいと思うし、単語の意味が分からないという人は、単語の意味から勉強したらいいんじゃないの?

僕は清森問答じゃなくて、ちゃんとした仏教書で勉強したほうがいいと思うけどね。

No title

親鸞会は教義もさることながら教理体系に問題があります。
仏教学と真宗学との相関関係についての考え方も間違っています。
つまり教理体系そのものが親鸞会のままであり(ここに大きな誤りがあると思います)ひとつひとつの教釈について正しいものを提示していこうとしても無理があります。
清森さんは親鸞会の説く仏教学のポジショニングの考え方が抜け切れていないように思いますね。

No title

教行信証は論文ですので特別ですが、関東の同行に勧められた、唯信鈔、一念多念事、唯信鈔文意、一念多念証文、御消息は、平易に書かれていますので、それが優先でしょう。
御文章、選択本願念仏集、観経疏など、いくらでもお聖教はあります。

No title

せっかくですので、平易に書かれた親鸞聖人の御著書で、善悪や浄土がどのように定義されているか、教えていただけませんか?
すみませんが、自分で読んでも理解できないので・・・(まず古語が分からん)

No title

平易に書かれたといっても、当時の言葉ですから、現代人には言葉が理解できないのは仕方のないことです。現代語訳がされていますので、参考としてそれらを読まれることをお勧めします。

まず前提として、法然上人、親鸞聖人、蓮如上人の教えられたことは、「往生と善悪とは関係がない」ということです。往生と関係がない善悪を、法然上人、親鸞聖人、蓮如上人が教えられた以上に知っても、それは学問としての意味合い以上のものではありません。
善悪について歴代の善知識方の教えられたことは、「飛雲」に解説があります。
最近のエントリーでは

http://hiun.cocolog-nifty.com/blog/2010/11/post-db2d.html
http://hiun.cocolog-nifty.com/blog/2010/11/post-75a3.html
http://hiun.cocolog-nifty.com/blog/2010/11/post-e6c8.html
http://hiun.cocolog-nifty.com/blog/2010/11/post-99f9.html
http://hiun.cocolog-nifty.com/blog/2010/12/post-8073.html

などです。これ以外にもあります。これらを読めばわかりますが、詳しい話を善導大師も親鸞聖人もされていません。されていないということはあの程度で十分と理解すべきです。なぜなら往生と関係ないからです。
善悪と密接不離な聖道門と、往生と善悪は無関係とする親鸞聖人の教えとは、善悪の説明に差があるのは当然です。
浄土については、浄土三部経に詳しく説明されています。歴代の善知識方も解釈されていますので、それらに基づいて説明されるのがよいと思います。
浄土についても聖道門向けの解説を、親鸞聖人は一般の人に対してされていないので、それだけで不十分なのですか、という話です。

No title

「往生と善悪とは関係がない」といわれても、往生とか善悪という意味の定義が分からないと、意味がないんでないですかね。
誰かが親鸞聖人の御著書に往生とか善悪の定義が書いてあるというコメントがあったけど、浄土真宗における往生とか善悪の定義が知りたいですね。聖門ではなくて。
どこに書いてあるんでしょうか。

No title

平易に書かれた聖教に、言葉の定義は無いでしょう。そういうのは、むしろ学術書である教行信証に書かれている。
ただ、基本的に親鸞聖人のいわれる善悪と聖道門でいわれる善悪に違いがあるということは聞いたことがない。善悪と聖道門は、ほぼ同義で使われることも多く、善悪の計らいを離れるということと、聖道門(あるいは自力)から離れるというのも、その意は同じである。
浄土については、教行信証真仏土巻に解説されている。以前の清森問答での浄土の説明は、真仏土巻の引用だったので、そんなに間違っているとは思わなかったが。

No title

まず、浄土真宗の教えが無条件で正しいと信じられるかどうかだと思うね。
無条件で浄土真宗が正しいと信じられるなら、仏教の殆どの教えは要らないと思う。

現代人は、死後なんかないと思っているし、あると思っていても、天国とか「あの世」で楽しく過ごせると思っている。
そんな人に六道輪廻とか、浄土とか言っても無駄でしょう。
そういう人には、仏教における因縁の教え、善悪の教えがなければ、六道輪廻して苦しむことも分からないし、浄土を願う気持ちも起きようがない。

清森さんは誰に向かって書いているんだろうね。
それが明確じゃないから批判されるのでは?

No title

ありがとうございます。
浄土真宗が正しいと信じられるなら、言葉の意味は余りこだわらなくても良いということですね。

No title

静さんへ

仰ることは、その通りだと思います。
誤解があるといけませんので一応言っておきますと、親鸞聖人のいわれる善悪と聖道門でいわれる善悪に違いがあるのではなく、説明の仕方に差があるということが言いたかっただけです。
聖道門では当然ながら詳しい説明がなされます。親鸞聖人は詳しい説明まではされていません。

浄土真宗が正しい、第18願で救われたいと思っている人には、諸善を捨てて念仏を立てよだけです。諸善の説明よりも、念仏の説明に大変に力を注がれたのが親鸞聖人ですから、諸善の説明を詳しくするのは、清森さんが誰に対して書かれているかを明確にする必要があると、私も思います。

たしかに。

清森さんは
>親鸞会で学んだような「因果の道理」や「善悪」の理解では、親鸞聖人の書かれたものを読んでも誤解するだけ

とは書いてるけど、親鸞聖人は因果の道理や善悪の定義についてはほとんど触れられていないよね。
それらの定義を正確かつ詳しく知ることと、真宗の教義安心の正しい理解との間に、果たしてどれだけの関わりがあるかは疑問だと思う。

それよりは仏願の生起本末、名号願力のおいわれについて聞くことが先じゃないのかな…と思う。

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。