スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

投稿

元会員の方からの投稿です

--------------------------------------------------
投稿『華光会と高森先生』


華光会と高森先生の関係について、私が思うところを述べさせて頂きます。

私が思うに高森先生は還相廻向の方です(アンチの方は反発するかも知れませんが)。
だから18歳の時に、華光会の伊藤先生の仏敵の説法で、無常と罪悪を突き詰めていって、それで正しい信心を獲られたのだと思います。
しかしながら、還相廻向でもない普通の凡夫が、普通に華光会の説法を聞くと、単に救われた気になるだけ(機の罪悪感と法の有り難さはあるが、信心がお聖教と一致しない)のように思います。
その異安心を、おそらく高森先生は最初正しいと思われたのではないでしょうか(信後すぐで教学力も余りなかったから)。
ゆえに華光会の話を、お母様を始めとして周りに勧めた。
しかし、後に大沼さんの本を読んで、あるいは何かをきっかけに、華光会の人達の信心はおかしいと気が付いた。自分は確かに救われたけれど、周りの信心がまことに思えない。本当にこのまま華光会の説法でよいのかという疑問が高森先生の頭をよぎった。
そこで大沼さんの本の説法、導き方が上手いから、これを使おうと思われた。
しかしそうすれば華光会の説き方と説法内容が変わってくる。
だから華光会と決別して親鸞会を作ったのではないでしょうか。
(しかしこの仮説だと、なぜ高森先生はまず華光会の人達を破邪顕正しなかったのかという疑問が残ります。伊藤先生に逆らえなかったのか?)
私は高森先生は正しい信心の気がします。理由は華光会の説く信心が正しいというより、高森先生が還相回向の方としか思えないからです。パクリだけではあれだけの布教が出来るとは思えないからです。
しかし現在の親鸞会は、善知識だのみを通り越した歴史上まれに見る異安心で、華光会と変わらないというか、余計ひどい気がします。
とにかく、今では、大沼法龍さんも亡くなられ、華光会創始者の伊藤先生もこの世にはおられず、華光会の増井先生もまことの方かどうかちょっと分からない。
親鸞会の高森先生はもはや雲の上の人でイエスマンに囲まれ親鸞会の方向は狂いまくっている。
善知識にあうことは難しいとの親鸞聖人のお言葉が、悲しいかな現実ではないでしょうか。
スポンサーサイト

COMMENTS

No title

その還相廻向の方が、莫大な寄付金をぶんどってるにもかかわらず、その寄付金を出した会員から獲信者をまったく生み出せないのはどうしてですか?

なぜ華光会流のお話をすすめていたころは獲信者を出していて「獲信の記録」まで出版したのに、今のやり方になってからは、あやしいあやしい「自称獲信者・他称未信者」しかいないのですか?

なぜ華光会を名指しで否定できず、裏でコソコソ「異安心らしい」とパンフレットまで作ってうわさを立てているのですか?

なぜ還相廻向の方は「勤行は大事、宿善になる」と指導しながら、自分の法座出張先のホテルですら勤行しないのですか?

その還相廻向の方は、なぜ大恩ある善知識である伊藤康善氏の葬儀に出席すらしなかったのですか?

No title

> 私は高森先生は正しい信心の気がします。理由は華光会の説く信心が正しいというより、高森先生が還相回向の方としか思えないからです。パクリだけではあれだけの布教が出来るとは思えないからです。

そうですかね~
布教内容がパクリだけではないですか?
還相回向なら、パクらずに布教できるのではと思うけど。

No title

> 私は高森先生は正しい信心の気がします。理由は華光会の説く信心が正しいというより、高森先生が還相回向の方としか思えないからです。パクリだけではあれだけの布教が出来るとは思えないからです。

別に正しい信心をえていなくても、精神的にいってしまっていったら、
あれくらい激しい布教もできるんじゃないの?

頭の中がいかれてしまって、「おれは善知識だ!」と思いこんで、
突っ走っているだけじゃない?

でも、実際はみんな言っているけど、欲の塊だよね。
しかも、たちの悪い。

ちょっと待って

・この投稿文は、この元会員の方が感じて書いた説でしょう。だからあくまで仮説です。
 不十分なところも多いし、批判もありだと思います。

・還相回向だと、煩悩がない人のように思われるかも知れませんけど、
 実際は煩悩具足で名誉欲や財欲にふりまわされると思います。
 還相回向だけをとりあげても実際のところの問題を解明することにはならないでしょう。

 まあ投稿した元会員さんの説得力不足ですね。

仮説ですので

あくまで元会員の方の感じですからね。
やはり高森先生がご自分で説明する必要があるんじゃないでしょうか。
親鸞会は都合の悪いことは「不審を招くから」という理由で隠したり、方便と称してうそつくので、余計不信感を増大させています。
たまに「納得いかない」とでも言い出す人がいれば、「法謗罪だ!」「無間業だ!」で抑え込みますからね。だから会員がどんどん減少しているのではないでしょうか。

還相廻向!?さんへ

>その還相廻向の方が、莫大な寄付金をぶんどってるにもかかわらず、その寄付金を出した会員から獲信者をまったく生み出せないのはどうしてですか?

「自分が救われたようすれば、他の人も救われるだろう」と思ってるからではないですか。
実際会員さんは還相廻向でないから、簡単には救われないと。

この「還相廻向」という言葉は非常に便利です。
この言葉を使えば、「会長は正しいが華光会はおかしい」という説を立てることが出来るからです。

>なぜ華光会流のお話をすすめていたころは獲信者を出していて「獲信の記録」まで出版したのに、今のやり方になってからは、あやしいあやしい「自称獲信者・他称未信者」しかいないのですか?

華光会の話をすすめて出した獲信者が、本当に獲信した人かは不明です。
たぶん獲信してないんじゃないですか。
いまあやしい自称獲信者ばかりなのは、今のやり方では、救われないからです。

>なぜ華光会を名指しで否定できず、裏でコソコソ「異安心らしい」とパンフレットまで作ってうわさを立てているのですか?

名指しすると、会員さんが、「華光会ってどんなところなんだろう?えっ!?高森先生も昔いたの?」という考えを起こすことを懸念してそうしたのではないでしょうか。

>なぜ還相廻向の方は「勤行は大事、宿善になる」と指導しながら、自分の法座出張先のホテルですら勤行しないのですか?

信心決定した人でも、楽に流されると思います。悪いことだと思います。

>その還相廻向の方は、なぜ大恩ある善知識である伊藤康善氏の葬儀に出席すらしなかったのですか?

関係を隠したかったからではないでしょうか。
表面に出ていないところで、この二人はケンカしていたのかもしれません。
いずれにせよ、会長は恩人の葬式など重視していないということです。
会員の追悼法要はするのにね(名前載せるのに一万とられるけど)。

No title

>華光会の話をすすめて出した獲信者が、本当に獲信した人かは不明です。
>たぶん獲信してないんじゃないですか。

じゃあ、
「この人たちは私(高森)と同じ信心だ」ということで「獲信の記録」に載った人たちは、’たぶん獲信してないんじゃないですか’ということですね。

ならば、「この人たちは私(高森)と同じ信心だ」という確信から「獲信の記録」を出版した高森氏も、’たぶん獲信してないんじゃないですか’、ということになりますね。

これは論理的に

>信心決定した人でも、楽に流されると思います。

というところの「高森氏=獲信者である」という前提と矛盾しますが、

なぜ

「華光会の話をすすめて出した獲信者=たぶん獲信してないんじゃないですか」

と同じく

「高森氏=たぶん獲信してないんじゃないですか」


にならないで、


「高森氏=獲信者である」

という大きなバイアス(ひいき)がかかるのでしょうか?



「高森氏=獲信者である」と言い張ることは、そのまま

「華光会の話をすすめて出した獲信者=獲信者である」

と言い張ることになるはずです。




どこかにマインドコントロールの影響がまだ残っているのでは?

No title

「のような気がする」って投稿者さんが書いてるのに、そんなにいきり立たなくても。。
マインドコントロールの影響を完全に取っ払おうなんてする必要なし。
投稿者さんの意見が正しいわけでないんだから。そっとしといてやりなはれ。

No title

高森先生は信心決定したサイコパスだと思われます。

No title

高森先生は信心決定したふりをしたサイコパスだと思われます。

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。